【 眠り×絵本 vol.5 】素敵なお知らせあります(^^) | あからぼとゆかいな仲間たち

あからぼとゆかいな仲間たち

赤ちゃんの眠り研究所『通称・あからぼ』のスタッフブログです
講座やイベントの様子
支えてくれている方々の紹介
スタッフの思いや活動の状況・・・などなど
あからぼの舞台裏の素敵な仲間をご紹介します


テーマ:


こんにちは、あからぼです。

昨年8月よりスタートした「眠り×絵本」企画。

絵本講師の内田早苗先生のコラムを
月に一度お届けしています。

今回で5回目。
2015年の最初の絵本ブログお届けします。

親子と眠りに優しい絵本のコラムを
お楽しみください。

本文の後にはスペシャルなお知らせが♪



絵本講師の内田早苗です。
2015年最初の「絵本で子育て」通信です。
 
今回の通信のテーマは
「抱っこ」の絵本です。
 
私はいつも絵本を親子で
読むときは
とにかく
くっついて読んでください。
とお願いしています。
 
大勢の前で1人の人が読む
読み聞かせスタイル
(園や、読み聞かせ会のときの)
では味わえない
読み手の声の振動
体温、そしてギュッと抱きしめて
もらえる安心感。
それこそが
親子間での絵本の読み聞かせの醍醐味。
 
では抱っこの絵本の1冊め

はぐ (幼児絵本シリーズ)/福音館書店


            ¥864
          Amazon.co.jp

海辺で女の子がらくだやしまうまと出会い
嬉しっくって「はぐ」っと抱き合う絵本。
海辺になんでしまうま?なんて
難しく考えないで
次々にあらわれる動物やあれやこれやとの
「はぐ」を楽しんで!
この絵本をお子さんと読んでいると
ほぼ100%「はぐ」と場面で
お子さんを、ぎゅっとするでしょう。
 
だっこしていいこいいこ
(児童図書館・絵本の部屋)/評論社


             ¥1,620
            Amazon.co.jp

おかあさんがお休みをします。
赤ちゃんが泣きやみません。
家族みんなが色んな手段で泣き止ませようと
必死です。その奮闘ぶりがおもしろい!
パパが帰って来て「かわりはないかい?」
と聞いたら「なーんにも」とこたえたおばあちゃん。
でも、その場面の絵を見ると、お部屋の中に
うしやとりひつじまでいて・・おかしさ満点です。
表紙から見返し、裏表紙まで
とっても素敵な絵本です。
 
ねえだっこして/金の星社


       ¥1,404
      Amazon.co.jp

おかあさんに抱っこしてもらいたいけど
お膝にはあかちゃんがいる。
我慢しようとする猫の心を描いた絵本です。
下のお子さんが生まれたときの
上のお子さんの気持ちと重ねて読まれることが
多いようです。
お子さんの要求に全て応えられるほど
親は優れた存在ではありません。
でも、ここ!というときに。お子さんの声なき心の声に
気がつけるかどうか。
この絵本を読むと、いつもわが身を振り返り
ます。
 
「抱っこ」をテーマにした絵本は
他にもたくさんあります。
それだけ子どもが「抱っこ」を
求めているという事でしょう。
絵本を介して
ご家庭に
温かな
「抱っこ」が生まれますように。
 


今月もあったかい絵本のお話しでした。

ママだって
家事を放り出して
わが子をぎゅーっと抱きしめたい時ないですか?

もしそう思ったら、その時は気持ちに素直になって
ぎゅっとハグしましょう♪

そんな風にあと何回ハグできるかな?


さてさて、いつも素敵な話をしてくださる早苗先生をお呼びして
【眠り×絵本】の講座を開催することとなりました(^^)/

3月3日(火)10:00~ ランチ付き
場所は桜木町です。

早苗先生のママに伝えたい絵本講座と

あからぼ代表のえつこさんの
乳幼児睡眠の研究者という立場から見た
眠りと絵本についてもお話しする予定です。

皆さん、ご予定を空けておいてくださいね。

詳細発表、お申し込み開始は来週の予定です。
今読んでいただいているスタッフブログにてお知らせいたします。
読者登録をしていただくとお見逃しないかと思います♪



もーっと早苗先生の絵本の話しを聞きたい人は
早苗先生のブログへ!!
からすのえほんやさんのブログ

らいおんままさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス