【 眠り×足育 】 | あからぼとゆかいな仲間たち

あからぼとゆかいな仲間たち

赤ちゃんの眠り研究所『通称・あからぼ』のスタッフブログです
講座やイベントの様子
支えてくれている方々の紹介
スタッフの思いや活動の状況・・・などなど
あからぼの舞台裏の素敵な仲間をご紹介します


テーマ:
2014年最後の講座
すやすやねんねのための
~ママと赤ちゃんの足育講座~

先週の金曜日に開催しました。

スタッフブログで展開している
大好評の【眠り×絵本】企画に引続き、
次の企画としてひらめいたのが

【足】

あからぼでは赤ちゃんの質のよい睡眠のための
日中の適度な運動をおススメしています。

そして運動に大切な【足】に注目した今回の講座。

これから足で立ち、歩き、成長していく
赤ちゃんの足の発育について

そして、その赤ちゃんを大事に大事に抱っこして
知らず知らずの内に負担がかかっている
ママの足のトラブル

足育の講師としてお呼びしたのは
ドイツ式足学ポトロジストの
須田奈津子先生

都内フットケアサロンで約5千人の足をケアしてきた
自称・足フェチ、4歳の男の子を育てるお母さんでもあります。

今回のこの講座には
今年から始まった『ねんねのリズムさがしWS』の
1~3期に参加してくださった皆さんにお声掛けして
6組の親子にご参加いただき開催しました。

みなさん来てすぐにとらせていただいたフットプリントを
みんなで見比べながら、この足にはどんなトラブルが
あるのか、
どうしてこのようなトラブルが起こっているのか
子供時代の足の育て方がどれほど大切なことか

ご自分の足に潜んだトラブルにう~んと唸りながら
そして子どもの足の成長に大切なことは何かを学びました。

赤ちゃんの足はこんな感じでちっちゃな記念の足形を❤


ランチの合間にママのを須田先生が個別カウンセリング
ちなみにこれは事務局ワタナベの足
1か月前、小指側の足指がほとんど使えていませんでしたが
須田先生のアドバイスで今は姿勢も良くなり快適でございます。



個別カウンセリングの合間にみんなで夜泣きの事や卒乳の事
育児の悩みを話したり、とても楽しい時間でした。


最後はこの笑顔の集合写真。

須田先生、ありがとうございました。

そして、ご参加くださったママと赤ちゃん、
今後ともよたよたと進むあからぼを応援してくださいませ<(_ _)>









今回の講座、横浜市の馬車道駅徒歩1分の
とても素敵な会場をお借りして開催したのです。

studio馬車道 さん
アンカーコミュニティーサポートさんが運営されている
介護や福祉などの学びを行うための施設です。

介護や福祉から地域の発展に貢献しようと
よこはま介護塾という定額制の研修を始めとした活動を
されていらっしゃいます。

代表の河原さんがあからぼの活動に共感してくださり
今回の会場の提供をしてくださいました。

そしてそれだけではなく!

その奥様のヒロエさん。
(make my style 主宰)

食学・ヨガ・Hawaiianトールペイントなどを通して
私らしく活き生きと日々を楽しく生活できるような
環境のサポート多岐にわたってされていらっしゃいます。

今回は
【食学とは自然な(ナチュラル)食事の考え方】
食養学を学び伝える立場として
今回の講座のランチのお料理を作ってくださいました。
★ブログはこちら★
❤HPはこちら❤

授乳中のママにも優しく、そして離乳食後期のお子様が
食べても安心な無農薬の地元のお野菜を使ったお料理
参加者の皆さんが本当に喜んでくださいました。

河原さん、ヒロエさん、本当にありがとうございました。

この記事をお読みの方、もしくは周りの方で
介護に携わってる方がいらっしゃいましたら
ぜひ、介護塾を教えてあげてください。

昼間は忙しくて学ぶ時間が取れない方でも参加できるように
夜間の講座を行っていらっしゃいます。
介護はこれからの日本に必要な仕事です。

私たちが大事に育てている子供たちが大きくなる頃には
介護に従事する人数も今よりもっと増えていくでしょう。

その仕事を自分にも相手にも、安全に、安心して行っていける
世の中になるように皆さんのひとりひとりのお力が
大きな力になります(^^)

よろしくお願いいたします。





らいおんままさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ