ねんねのリズムさがし@渋谷 2日目 | あからぼとゆかいな仲間たち

あからぼとゆかいな仲間たち

赤ちゃんの眠り研究所『通称・あからぼ』のスタッフブログです
講座やイベントの様子
支えてくれている方々の紹介
スタッフの思いや活動の状況・・・などなど
あからぼの舞台裏の素敵な仲間をご紹介します


こんにちは。
あからぼ事務局です.

今週の月曜日は
ねんねのリズムさがしワークショップの2日目でした。

残念ながら風邪で欠席された方もいらっしゃったので4組のママと赤ちゃんという少人数での開催。

前回はねんねの基礎知識の話しのあとに【自分で感じる・考える】の練習ということでワークをして
そして、この2つ宿題を持って帰ってもらいました。

★自分で改善できそうなことを選び、それを意識し、
 【ねんねのきろく】を取りながら2週間を過ごす。

★目標を立てたことでそれが達成できないことにばかり
 気を取られないようにということで
 毎日、毎日、自分を恥ずかしげもなく褒めちぎる
 その名も【ほめ日記】をつけること。

参加者の皆さんが求めていた物と違うかも・・・
でも、きっと、夜泣きのことだけではなく、この先も続いていく育児に対して自分の軸ができるきっかけになるはず!!

と、スタッフ一同、この2週間、毎日ドキドキしながらのみなさんとの再会でした。

そんなスタッフの心配をよそに、みなさんとても明るい表情で集まってくださいました。
(小心者倶楽部の私たち、かなりホッとしました^_^;)


前回の感想とこの2週間の様子をみなさんにお聞きすると・・・

「子どもの様子をよく見て、その時々のリズムに私が対処していくことが大切だと思いました!」
など、前向きな発言ばかり!
やはりすごい!お母さんの底力!!見せていただきました<(_ _)>



その他、【ほめ日記】がたいへんだったとの声もちらほら。

清水のイチオシ【ほめ日記】
その良さをおすすめの本と一緒に、後日、別記事でご紹介しますね(^o^)

感想の後は・・・

前向きとは言え、2週間の間モヤモヤしたことありましたよね?
「自分で考えろって言われても、わからーーーん!!」というような(笑)

というわけで、各自モヤモヤを書き出してもらいました。


そして、清水も交えて、自分以外の方のモヤモヤに対して、自分だったらどうするか?
自分なりのアイデアをシェアしてもらいました。




自分目線と他人目線
自分の答えと他人の答え
当たり前ですが、違いますね。

自分と子どもをよぉーーーーーく見て、そして、必要な物を自分で選びとる。
今回の2日間のワークショップでは、子どもの成長と共に日々変わってい様々な悩みに、柔らかく対処していける基礎力になったのではないかと思います。

その辺は代表・清水の本家ブログにも書いてありますので、ぜひ読んでみてくださいね♪

今回のワークショップ、スタッフ目線での感想ですが
どんどん、積極的になっていく皆さんの様子を見ていて、やっぱりお母さんて頼もしい!と再認識!

そうは言っても、子育ては不安が付き物(>_<)
特に乳幼児を持つママはなかなか自分の思うように行動できず孤立しがちです。
でも、一歩外に出て、今回のように他のママと交流しながら、感じた事を自分の言葉で伝えあうことで、気持ちや考えを整理したり、励ましあったりしてもらいたい。
これからも、そんな場を作っていきたいなと改めて思いました。

参加者のみなさま、2日間お疲れ様でした。
ご参加くださいまして、本当にありがとうございました。

これからも皆様の育児を応援しています(^o^)/

らいおんままさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ