伊吹山山歩き2018 前編からの続きです。
 

遠くに見えていた避難小屋が近づいてきた。
 
六合目手前の避難小屋
 
三合目の休憩所が小さく見えるほど、高い場所まで登ってきた。
 
七合目
 
ここまでも傾斜がきつく足場が悪いのだが、さらに厳しくなっていく。
 
振り返ってみると、下界の景色が広がっている。
 
この辺りから手をついて登らないと危ないところも出てくる。
 

八合目にある休憩ポイント
 
微妙にガスがかかってきた(汗)
 
登っていくにつれてガスが濃くなっていく。
 
そして登山道も険しくなっていく。
 
しかし、2年前に来た時、こんなに険しい道だったかなあ…
 
手掛岩の説明書きがあった。
 
その場所からだと分かりにくかったが、少し登ったところで見たらよく分かる。
 
山頂への道と西遊歩道の分岐
 
ガスがかかって期待できそうにないけど、三ツ頭・雨降岩へ向かってみることにした。
 

三ツ頭・雨降岩に到着し、琵琶湖方面を見たけど、やはりガスで見えなかった。
 
こちらは今登ってきた登山道の方向
 
涼しくて快適ではあるが、景色が見られないのはかなり残念(-_-;)
 
登山道を引き返し、頂上へ向かっていった。
 
あれっ、こんなところにゲートなんかあったっけ??
 
花畑の食害って思ったよりも深刻なことだったのだろう。
 
柵のエリアを広げた為か、入った途端、花が咲いているのが見られた。
 
少し歩いていくと、山頂に到着。
 
 
 
 
 
山小屋で何か食べようとブラブラ。
 
ここの山小屋で食事することにした。
 
山小屋に冷やしトマトやキュウリが売っているって、なかなかないかも。
 
カレーランチにすると、トマトが付いてくるのかー♪
 
カレーランチを注文☆

お菓子まで付いていた♪
 
チョコベビー食べるのって数十年ぶりかも(笑)
子供の頃、駄菓子屋でこういうお菓子買ったよなあ(^-^)
 
カレーも美味しかったけど、トマトが程よい酸味で美味しかったなあ(*^^*)
 
登頂証明書をもらった♪
 
この時点で14時30分を回っていた。
相方が同行していることもあり、ペースを上げて下山するのは危険と判断し、山頂駐車場から出ているバスで下山することにした。
 
山小屋を出て、時間まで散策することにした。

日本武尊像
 
山頂の花畑を散策
 
 
 
 
 
ハチが蜜を一生懸命採取してた(^^)
 
別の山小屋でよもぎ餅を売っていた。
 
帰りの電車でお腹が空いた時に食べようっと♪

バスの時間が迫ってきたので山頂駐車場へ向かった。
 
水蒸気のせいかスッキリしない空なので見えないけど、澄みきった空だったら中部地方の山々が見えるらしい。
 
山頂駐車場に到着。
 
このバスに乗っていくのだ。
 
関ヶ原駅or大垣駅まで乗れるのだが、関ヶ原駅周辺は銭湯がなさそうなので、大垣駅まで乗車することに。
 
関ケ原駅から電車移動しても良かったけど、少し足が痛かったので楽をすることにした(^^;
 
しっかし、今日は筋肉痛などの疲れはなかったけど、とにかく暑すぎて疲れた(x_x;)
尋常でない汗の量で、登山靴の中まで汗が浸水してしまったほどだった(汗)
こんなことでは、月末のかっとび伊吹が心配になってくる…
 
大垣駅に到着。
 
浴衣を着て歩いている人が多いなあと思ったら、祭りがあるみたいだった。
 
まずは汗を流す為、こちらの銭湯へ
 
 
ここは以前にも来て、利用させてもらった銭湯。
昔ながらの温泉だけど、味があっていいなあって思う(^^)
 
汗を流したあと、駅へ向かった。
 
大垣市のマンホールを発見!
 
駅前の通りに出ると祭りで盛り上がっていた。
 
見て帰りたいところであるが、時間がないからなあ(^^;
 
電車に乗るとご飯が食べられなくなるので、食べる場所を探していたら、さらしなというお蕎麦屋さんがあった。
 
蕎麦も良いなあと思っていたら、興味を引く看板が!
 
タンパク質の補給もできそうだし、これにしよう♪
で、早速注文。
 
店内のチラシ
 
肉うどんも美味しそうだなあ♪
 
注文した牛めし膳が15分ほどで運ばれてきた。
 
思ったよりもあっさりした味。
肉が柔らかくて美味しい(*^^*)
 
帰りの電車の時間が近づいてきたので、店を出て駅へ向かい、列車に乗って帰った。
 
久々に山に登ったけど、暑さにやられて少し疲れた。
けど、それなりに良い景色は見られたし、花も綺麗で楽しく過ごせて良かった♪
またどこかの山を登る計画を立てないとなあ。