おかやま酒場呑みある記

居酒屋好き、酒好きの私が、夜な夜な岡山の街で飲み歩いた感想を記します。時々、広島や大阪、他の県の話も書くかも・・・。


テーマ:

暑い暑いと言っていた季節もようやく終わり。

岡山にも やっと秋がやってきた感じだ。

・・・が、10月もそろそろ終わろうかという時期なのに、まだ朝夕を除いて 日中はあきらかに「寒い!」と感じられる日は少ないので、冬服を着て歩くほどではない。

行きつけのアウトドアショップの店長などは「冬物を陳列してみたのだけれど、全然売れん」・・・・・と、お嘆きであった。


先日、東京・横浜方面へ出かけたのだが、夕方の日の暮れ方は圧倒的に岡山より早いことに気がついた。

・・・でも、そんなに「寒い」って感じでもなかったよなぁ...。

東京行の話題はまた次回。


さて、本題。

タイトルの字はなんと読むでしょう???

ワタクシのことだから、店の名前には間違いない。


正解は「カデンツァ」。


何の店か?


カデンツァ02


果物屋さん???


・・・いやいや、

岡山城のお堀のすぐ近所へ9月末に新しくオープンしたバーなのだ。カデンツァ03


実はこの店、以前 平和町のアモンデュールで、店長をやっていた野崎氏が、新しくオープンさせた店である。

新店をオープン・・・って話を以前から聞きつつ ずっと待っていたのだが、、場所の選定等で なかなか開店まで時間がかかってしまったらしい。


さて、歩き回ってのどが渇いたので、ハイボールといきますか。

普通はガラスのタンブラーに入って出てくるところが、銅製でしょうか きりっと冷えた感じが なかなか口当たりいい。


「カデンツァ」・・・とは、Wikipediaによると、「カデンツァ(伊Cadenza, 独Kadenz)とは、一般に、独奏 協奏曲 にあって、独奏楽器がオーケストラ伴奏 を伴わずに自由に即興 的な演奏をする部分のことである。なお、イタリア語の「カデンツァ」もドイツ語の「カデンツ 」も、もともとは終止形 としての和声進行 を意味しているが、一般に協奏曲の即興的独奏部分については「カデンツァ」が使われることが多い。」


と、いうことだそうだ。

ふむ、音楽用語は文字列にしてみると、実に難解なものであるな。



カデンツァ04
おつぎは・・・・・ビールにしましょうかねぇ。

「アウグスビール」というのがあると言うことで、それを頼む。

へぇぇ、なんともコクがあって旨口で・・・これは今まで呑んだことないうまいビールだなぁ。


どうも後から調べてみると、一般の小売店などでは売っていないらしく、取り扱っている飲食店に行かないと飲めないようだ。




カデンツァ05

ネタケース・・・いやいや寿司屋じゃあるまいし・・・まぁガラスケースだな・・・の中に、美味そうなトマトを発見!

さっそくブラッディー・メアリーをつくってもらう。

ん~~~ん旨い!!


フレッシュなトマトがカクテルに変身するのを見ているのは、なかなかもって楽しい。

他にも頼めば 色々、その日のフルーツを使ったカクテルを作ってくれるので、また今度頼んでみよう。


この店の特徴としては、今のところ野崎氏と野崎氏の妹さんの二人でやっている・・・ってコトも一つだろう。

夫婦でバーをやっているお店は時々見かけるが (広島のスランジーバ良いよなぁ・・・) 兄妹でバーをやっている店は見たことがない。


まぁそんなこんなで、良い店がまた岡山にもう1軒できた。

場所は山陽放送やら、林原美術館やらがある一角だ。

おや、カデンツァから出て 坂を上ると・・・・・あら、徒歩5分で バーHIPS(ヒップス)に たどり着くじゃないの。

変に賑やかしくなくて良いエリアだ。

「火の鳥」で焼き鳥食って、「カデンツァ」に行って、締めにHIPSで呑んだらタクシー呼んでもらって帰る・・・なんて素敵なルートだろう (^。^)


カデンツァ01










いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

akaisuisei-1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。