2012.5.19 石鎚山 北沢ルート 5本の滝 (土小屋登山口) | 旅する石鎚信仰者の日記

テーマ:

今日も石鎚山 !

しかし今日はいつもとは少々内容が違う !

北沢ルートだ ! !

御来光の滝上部の本沢から石鎚山南斜面にある5本の滝を越えて

南尖峰へ上りきるルートだ、もちろん登山道もなければ踏跡やテープ

など何もなく自然100%のルートだ ('-^*)/

おまけに第1幕岩と第2幕岩の重なり部分わずか20m程の所 (G地点)

に正確にルート判断しなければ山頂に行く事はできない。

ここを少しでも外すと100m急の垂直断崖絶壁の第1幕岩と第2幕岩が

上下にあり登山不能顔に縦線

後は撤退しか待っていない (>_<)

他にもこの本沢から中沢、西沢、本沢ルートあるようだが、この北沢

ルートが1番困難を極め、ルート取りも難しく何より5本の滝が楽しそう

な感じのルートだ。

通常は石鎚スカイラインの御来光の滝長尾根駐車場から御来光の滝

経由で、北沢ルート登山口となる御来光の滝上部本沢まで行くよう

が、山頂から土小屋に下山後、駐車場まで約5Kの道路歩きとなる、

自転車でも持っていけばいいのだがめんどくさいで今回はかなり大回

とはなるが土小屋から石鎚山経由で面河登山道を下り、愛大小屋

から御来光の滝部本沢まで下る、ここからは北沢ルートを一気に山

頂南尖峰まで急傾斜の上り返しだ。

今日の石鎚山経由の北沢ルート登山口までは、長尾根駐車場からよりも

距離があり、高低差もこちらのほうがあるようだが仕方がない。

はっきり言って5本の滝は沢登り&岩登り、そこから上は垂直の木登り

と猛烈な急斜面の笹漕ぎだ (>_<)

今日はヘロヘロトロトロになって帰るのは覚悟の上だ。

今回は事前に数名のHPで綿密に調査し自分なりにGPSルートを作成

しかしこのルートは時間もかかり (予定では上り返しだけで4時間) 、

上部G地点が分からなければ撤退となりヘロヘロでの下山となる

今日は最悪の事態に備え非常食とツエルト持参で完全装備の山行だ

初めてのルートで誰も居ないと思うので少し不安はあるが、下調べした

HPの画像とGPSだけを頼りに挑戦だ

注) 左側右側は進行方向 (山頂) に向かっての方向

しかし何と疲れるルートだあせる



ひぁぁ~ (>_<) !
愛大小屋から見た北沢ルート

赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

F5・F6は滝5・滝6と言う意味

ここから見ればルートは分かりやすいが現地に行くと

F5から上は何処に居るのかさっぱり分からないあせる


土小屋7時47分スタート

3の鎖下の二の森分岐

土小屋から早歩きで1時間15分

赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

快適な笹原を愛大小屋まで下る
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

9時47分愛大小屋
土小屋から2時間
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)
ここで少し休憩して本沢まで一気に下ります
愛大小屋から面河側へ30mほど行くと下山口があります
ここから先は未開の地だ

一気に尾根を20分程下ると御来光の滝と本沢との分岐広場
心配していた踏跡は国道状態だった
右に行くと御来光の滝で左に下ると本沢だ、
既に沢の音が左から聞こえている
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

数分で本沢
沢に下りたら対岸へ渡り右側へ (御来光の滝方向) 進みます
50m程進むと左側に沢があります
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

ここが中沢入口エリザベス
少し登ると左右に北沢・西沢入口がある
ここはすぐ分かるが思っていたより岩が大きい
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

少し登って右側の大木に中沢・西沢の看板
北沢の看板はないがこの反対側が北沢入口
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

ここが北沢入口だエリザベス
入口に大木が横たわっていて今治山岳探検隊 の方が
作ってくれたケルンがよく目立つ
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

10時30分登山開始だ ! !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

15分でF1
落差もない小さな滝だが
ここは素直に左側を巻いて上がる
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

F1を巻いて出た所がF2
ここは滝の中を進んだ
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

F2から10分程でF3
ここは傾斜もなく左側を普通に進んだ
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

F3から15分程でF4、ここは滝と言うより岩盤だ
ここも傾斜はなく全然問題なし
「傾斜はない問題なし」といっても実は普通に傾斜は結構あるし
上から見るとまあまあの高さだ
時間も15分程と言っても休む時間のほうが長いのだあせる
この後待っているドラマがこの程度の所は「傾斜はない問題なし」
と表現してしまうのだ (^_^)
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

F4から15分程でF5滝F6滝の分岐
分岐からは左右に滝が見えている
左側がF6で右側がF5の滝だ
ここは右側のF5方向へ右上矢印滝
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

F5のほうへ向かいここで休憩
時間は11時35分、北沢登山口からここまで1時間5分
ここまでは誰でも来れます
予定よりも早く来れたのでここでおにぎりです
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

すぐ隣にあるF6
こちらのほうが高低差もあり滝らしいです
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

さあここからが難関でドラマの始まりだ ! !
もちろんF5の滝を登れるはずがないのでF5右側の巻き道を登る
F5すぐ手前の岩場に沿って入る
11時55分スタート
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

入って数メートル進むと左側に登れそうな感じの所
ここは簡単に登れる
登りきると大岩に突き当たり
左側はF5なので右側へ岩に沿って数メートル
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

あったー ! !
ここから登るとF5の上に出る
しかし登れない事はないが垂直の壁 ( ̄_ ̄ i)
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

こりゃなかなかのもんだ !
東稜のジャングルジムよりひどい所だ
リュックがひかかってなかなか手強い ! !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

木との格闘は数分で終わり
F5の上へ出たあせる
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

ここから更に沢を登り切ります
ん~っ 
なかなかの傾斜だー
ここは左側の笹藪の中を登った
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

右上に墓場尾根がちらちら見え出した
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

猛烈な笹藪だ ! !
もちろん道などない
笹の背丈はたいした事ないのだが傾斜がきついので
自分が隠れてしまうほどだ
ひぁぁ~ (>_<) !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

根性の限り、いや身体の限りよじ登り
3歩登っては1歩滑り落ちる繰り返し
いや~こりゃまいった (>_<) !!
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

それでもよじ登って行くと沢が狭くなってきたので
GPSで慎重に位置確認
まだ沢は続いていますが
この辺りから右へふる事にした
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

するとHPで見覚えのある岩壁が現れた !
予定通りかー
この岩壁に沿って登ると墓場尾根に出るはず
しかし登り詰めると行き詰まり前方は右下へ下ってる
GPSで確認するとこのすぐ先の右下辺りから
第二幕岩で崖になっている (>_<)
F5上部からここまで45分かかっている
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

岩壁を登り詰めた所からGPSはG地点を
やや右よりでほぼ真上を示している
仕方なく岩壁を登り詰めた所から
3m程の壁を木を掴みよじ登ってみた
すると登った所から左側を見ると別の岩壁が見えたエリザベス
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

岩壁直下まで行って見ると
どうやらこちらの岩壁が正規ルートの岩壁のようだ
やれやれ
こちらの岩壁のほうがはるかに高い
ここには岩壁が上下に2列ある事になる
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

この岩壁下方向を見ると
どうやらこの先がF5上部の沢を詰めた所に出るようだ
完全に沢を詰める前に右にふった為
一段下の岩壁に沿って登ってきた事になる
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

ここから更に壁に沿って登って行くと壁は右にふっている
壁がなくなる感じで更に上には登れない
なんとなく右の木に向かって笹が掻き分けられているのが分かる
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

木まで行ってみると
墓場尾根が見えたー
ヽ(゜▽、゜)ノ
ここまで来れば道がなくても頂上に行く事はできる
これで助かったー
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

第一幕岩の下へ出た ! !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

墓場尾根横の笹原が見えた !
青空でないのが残念だが
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

すぐ右側は切れ落ちている
ここがG地点だ ! !
左側は岩壁で登れない、ここの斜面の幅は20mほどだ ! !
正面の一枚スラブは横断できそうだが
ここは慎重に少し下がり笹が繋がりかけている所を選んだ
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

更に一枚スラブが出てくるがここは下方で笹が繋がっている
すぐ右側数メートルの所は切れ落ちている
この下は第二幕岩だ
しかしここに居るとそんな危険な所に居るようには思わない
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

左は岩
決して大げさな撮り方はしていない
本当にこのままの傾斜なのだ
ひぁぁ~ (>_<) !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

墓場尾根に向かって上るが
ここもなかなか手強い斜面だ
ひぇぇ~ (>_<) !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

すぐ横に墓場尾根が見える所まで登ってきたが
木が邪魔をして進めないあせる
傾斜も更に増してジャングルジムの中のようだ !
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

根性の限り墓場尾根のテーブル岩に到着
やれやれあせる
時間は2時15分、F5上部から約2時間
北沢入口から3時間15分
とりあえず予定より少し早いぐらいだが
いや~何とも表現できないルートだ
しかし疲れた! !
またここでおにぎりとゆで卵
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

とりあえず天狗岳へ
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

時間は3時
さすがに誰も居ない
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

今日の天気予報はきんきんだったのだが
昼前から曇り空だ
ん~~っ
しかし今日は声も出ない
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)
しかしここから見ても今登ってきたルートは見えない
この下は第一幕岩だ ! !

3時15分弥山
ここでしばらく休憩 (>_<)あせる
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

今日の天狗岳
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)
4時下山開始、5時土小屋着
全工程約9時間
内北沢ルート3時間15分

今日のGPSログ
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)

高度グラフ (>_<)
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)
赤いクレパス君の日記 (&gt;_&lt;)
GPSと軍手は必需品だ ! !



                     赤いクレパスあせる

旅する石鎚信仰者の日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス