2011.8.7 石鎚山旧跡三十六王子社 2日目 21~27・34・35(西之川登山口・成就社) | クレパス君の日記

テーマ:



石鎚山旧跡

三十六王子社の旅

2日目




今日は石鎚山旧跡三十六王子社

それも西之川登山口 (ロープーウェイ乗り場奥)下からの挑戦

以前から気になっていた登山道なのだが先々週面河登山口から挑戦した

時から次回候補には挙げていた登山道 ヽ(゚◇゚ )ノ

面河登山道よりも距離があり山頂まで高低差約1500m以上ある登山道
今日思いついたのは先週から始めた石鎚三十六王子社参拝
当初、3回に

分けて (登り下り) の参拝予定だったのだが、いろいろ考えた結果何回で

参拝するかではなく石鎚山修験道たる所、登り方向のみで参拝して見る事

に決心した。

西之川登山道にも三十六王子社が7箇所あり今回は西之川登山口から夜明

峠までの第21王子社から第27王子社と表参道合流後、夜明峠から弥山まで

の第34王子社、第35王子社、合計9王子社の参拝予定

下りは時間の関係で表参道を成就社へ向かいロープーウェイで下山するが

成就社までの登山道にも三十六王子社は何箇所かる、しかし下りと言う事で

今回は参拝ではなく確認のみという事にした。

三十六王子社の最後、第36天狗嶽王子社は天狗嶽頂上に奉られてあるが

最後の最後に参拝したい事から今回はパス、合計3回から5回で参拝計画

に変更、今回は西之川登山道制覇と9王子社参の2つの目的持って挑戦

してみた('-^*)/


三十六王子社 1日目→ ここ
三十六王子社 3日目→ ここ

石鎚山旧跡三十六王子道詳細地図 (GPSログ) → こちら                      

                 

西之川登山口
朝6時ちょうどスタート(^O^)/
赤いクレパス君の日記

登山道はアブがすごい ! !
(-""-;)
たまらずネットをかぶって行く事に
赤いクレパス君の日記

アブと格闘しながら何とか
成就社との分岐
赤いクレパス君の日記

ゆるい坂道をどんどん登って行く
赤いクレパス君の日記

鉄橋を2つ渡りる
橋の下はスズメバチが住んでいるみたい
赤いクレパス君の日記

鉄橋から少し登ると案内標識がある
登山口から36分
赤いクレパス君の日記

ここから右側を見ると三十六王子社の標識
踏み跡はしっかりある
赤いクレパス君の日記

5分も進むと岩が重なり合った洞窟が現れた
赤いクレパス君の日記

洞窟の奥には
第24御鍋岩屋王子社
赤いクレパス君の日記
えええええええええええええっ!
ここで気が付いたのだが
既に2つの王子社を通り過ぎている
地図で再確認すると
虫と格闘している間に通り過ぎていた
最初の第21王子社は登山口すぐの所、
第22王子社は先ほどのスズメバチ鉄橋の少し手前
ここまで既に約40分、とても登山口まで戻れる距離ではないので
第22恵比須滝王子社だけ探しに戻る事に
第21王子社は下山後もう一度探してみよう

スズメバチ鉄橋を渡り少し下ると登山道横に王子社入口を示すポール
やれやれ、しかし登山道沿いにあるポールを見落とすとは
下のほうに廃墟がある。
赤いクレパス君の日記

廃墟まで下りて裏側へ回り込むと
赤いクレパス君の日記

本の中にも
「大きな岩石の上に松と欅の大木があり」
と書かれてある。
本当に巨大欅 (けやき) が立っている
赤いクレパス君の日記

丘の上に上がると
第22恵比須滝王子社
祠の中に恵比須大黒の像が居るらしいが
祠のドアは鳥居と針金で封印されている
後日調査しました→こちら
赤いクレパス君の日記

ここは覗きの行場
すぐ横の岩場から覗くと
下のほうから水の音が聞こえてくる
赤いクレパス君の日記

登山道へ戻り次の刀立へ向けて登って行く
赤いクレパス君の日記

大岩の下に土小屋との分岐標識
ここは右方向 (八丁坂・天柱石)へ
登山口からここまで約2時間
途中でロスタイムがあるので実際はもっと早い
赤いクレパス君の日記

この登山道は水場がたくさんあり
天柱石までは水には困らない
赤いクレパス君の日記

くねくね登り尾根 (鞍部)の様なとこが見えたら
赤いクレパス君の日記

この尾根は成就社の八丁坂との分岐になっている
赤いクレパス君の日記

第23 刀立王子社
本には「尾根に突き立てたような大岩がある」と
ありますが全然分からない
ここで夜明峠までの中間点
登山道からここまで2時間40分
ここの旧石標のお地蔵さんは右横を向いている
赤いクレパス君の日記

ここから天柱石方向に向かって下っていく
赤いクレパス君の日記

沢沿いに進むと正面に大木
赤いクレパス君の日記

やがて交差点に出た
ここまで別に迷いそうなところはない。
踏み跡もしっかりあるが既にへろへろ
ここから先は以前に歩いたことがあるので心配なし
赤いクレパス君の日記

いくつかの沢を越えるのでまだ水には困りらない
赤いクレパス君の日記

刀立王子社から約1時間20分で天柱石
登山口からは4時間10分
ここには2つの王子社がある
赤いクレパス君の日記

第27祈滝王子社石殿
滝は遥か下のほうにあり本にも
「然しこの滝は常人は行くことができない」とある
後日調査→こちら
赤いクレパス君の日記

すぐ左後ろには天柱石
赤いクレパス君の日記

第24御塔石王子社
宝くじが当たりますように
赤いクレパス君の日記

天柱石左側からの景色
ここで約30分の大休憩
赤いクレパス君の日記

ここから夜明峠までの道のりは厳しいよ~
(>_<)
赤いクレパス君の日記

天柱石から約10分で王子社入り口を示すポール
赤いクレパス君の日記

右上を見るとはしごが見える
赤いクレパス君の日記

鉄のはしごを上ると
第26窟の薬師王子社
奥には薬師如来の石像
その昔仙人が穴を掘ったらしい
赤いクレパス君の日記

後ろを振り返ると石鎚山
薬師如来の目線の先にある
赤いクレパス君の日記

西之川登山道の王子社は終わり
ここからは表参道の夜明峠を目指す
赤いクレパス君の日記

第26王子社を過ぎてからも水場は何箇所かあるが
ここで山頂で食べるカップヌードル用を補給
ここまでは一切水には困らない
赤いクレパス君の日記

景色はいいが急坂が続く (>_<)
赤いクレパス君の日記

傾斜はどんどん増して
ひゃゃ~こりゃまいった (>_<)
赤いクレパス君の日記

石鎚山が見えてきたがガスの中
赤いクレパス君の日記

成就社からの表参道に出た
登山口から6時間ちょうど
赤いクレパス君の日記

少し石鎚山のほうに進んだ所に
第34夜明峠王子社
赤いクレパス君の日記

この辺りから足が地面にひっついて上がらない
(>_<)
山頂まであと少し
赤いクレパス君の日記

弥山到着
第35裏行場王子社
夜明峠から1時間かかった
(>_<)
登山口から約7時間 13時到着
赤いクレパス君の日記

ここは覗きの行場
弥山から南壁を見下ろす
この覗きの岩の下が裏行場
「不動尊の像が刻まれている」と本にある
赤いクレパス君の日記

天狗嶽は三十六王子社最後においておく
赤いクレパス君の日記
ここでたっぷり休憩し2時20分下山開始
帰りは成就社へ下山しロープーウェイで下りる事に

途中の前社森
この山頂にも王子社があるが
次回のために今回はパス
赤いクレパス君の日記

八丁坂王子社
ここも確認のみ、次回登りで参拝
赤いクレパス君の日記

成就社到着
赤いクレパス君の日記
石鎚山山頂から休憩なしで1時間40分 

今日は頂上付近のみガスの中
赤いクレパス君の日記

成就社からは軽い足取りで山頂駅
赤いクレパス君の日記

下りは片道1000円、20分間隔で出ている
赤いクレパス君の日記
高低差約1000mを約7分で下りていく

まだ仕事は残っている
最後の第21大元王子社を探しに行く事に
10分もかからない範囲にあるはず
赤いクレパス君の日記
結局、成就社分岐まで行ったが分からなかった
間違いなく入り口を示す白黄色のポールはない。
まあ、一番下にある王子社なのでまた日を改めて探してみよう
これがもし上のほうだったらどうにもならないな

今日のGPSログ
赤いクレパス君の日記
全工程たぶん10時間40分 距離約15km
ロープーウェイを下りたときでGPS電池切れ
たぶん今までで1番の距離・時間・高低差
ヽ(゚◇゚ )ノ
しかし疲れた~

後日探しに行きました
第21大元王子社→こちら

                                                                              
                     赤いクレパスあせる

自称 冒険家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス