2011.7.30 石鎚山旧跡三十六王子社 1日目 成就社 7~20王子社 (今宮登山口) | クレパス君の日記

テーマ:


石鎚山旧跡

三十六王子社の旅

1日目




さぁ新しい旅のはじまりだ ! !
石鎚山 旧跡三十六王子社巡り

霊峰石鎚山旧道には古来より旧登山道の大木・断崖絶壁・展望所・洞窟・滝・祠

などの場所に合計36箇所の場所に三十六王子の小社があり、この三十六王子

社の事を詳しく記載されている本が西条の石鎚神社で売られている。

この本を手に入れて以来石鎚山三十六王子社に興味を持ち参拝する機会を

伺っていた。

そもそもこの三十六王子社は石鎚山を登った事がある人はかなら目にしており

気が付いていないだけである。

登山道の各所に社があり賽銭箱と白い旗が両端に掲げてある。

三十六王子社36番目の天狗獄王子社は石鎚山最高峰の天狗嶽山頂に置かれ

いる石作りの社がそうである。(ここだけは旗がないが)

特に覗行場(断崖絶壁、合計8ヶ所)は興味を持たずにはいられない。

予定では3日間に分けての挑戦となり第1日目となる今日のルートが1番険しく

しんどいルート、社の場所もはっきりしない場所が多く高低差は約1200m

あり往復約7時間の予定

石鎚山登山道である今宮登山口から登り途中から旧跡三十六王子道へ入る

今日は第7王子社から第20王子社のある成就社まで旧道を登り、下りは今宮

道を下りてくるコース

三十六王子社の場所は本に記載されているが何とも超おおざっぱな地図

分からない部分が多々ある、と言うかぜんぜん分からない。

いずれにせよ行ってみないと分からない事ばかりなのであまりごちゃごちゃ

考えずとりあえず行ってみた。


もっと分かりやすく地図を作ってみた。

三十六王子道詳細地図 (GPSログ) → こちら

石鎚山旧跡三十六王子社 2日目→ こちら


この本を手に入れた時から旅が始まった
赤いクレパス君の日記

三十六王子社登山口となる石鎚山今宮登山口
7時45分登山開始
赤いクレパス君の日記

すぐに石柱を通り石鎚神社の鳥居をくぐり今宮道へ
赤いクレパス君の日記

今宮登山口から約20分で祠が現れる
本に書かれている内容から推測すると
昔は椎の大木下の四角い台座の上に小さな祠が
ありここが第7四手坂王子社と思われる
正面の大きい祠は三光坊不動堂だと思う
中は古~い石碑のみ、右側後ろへ周りこむと
赤いクレパス君の日記

第7 四手坂黒川王子社
石殿には今宮王子社と彫られている
すぐ後ろに黒川王子社が見えているのだが
ど~ぞと言うほどの藪蚊がびしびし(-"-;A
赤いクレパス君の日記

第8 黒川王子社 
ここは覗行場、10m後ろは断崖
黒川谷が見下ろせるエリザベス
赤いクレパス君の日記

登山道へ戻り約150mほど進むと右側の草むらに
石階段が右後ろ向きにある
ここが三十六王子道入口
右下から登ってきて右上へ折り返す
じっと見ると木に看板が付けられている
赤いクレパス君の日記 (>_<)

すぐに廃墟がある
三十六王子道を示す看板があり
これから先も同じような看板が約100m間隔である
赤いクレパス君の日記

崩れた廃墟を過ぎ階段を上がりお堂を廻り込む
このお堂も昔は100mほど山の上にあったと本に記されている
赤いクレパス君の日記

すぐに左へ曲って登れの看板
赤いクレパス君の日記

四手坂王子社入口を示すポールがあり急登りになった
赤いクレパス君の日記

第9 四手坂王子社
急坂を両手両足でよつんばいになって登る意味らしい
赤いクレパス君の日記

さらに急登りに
まっすぐ正面の稜線に向かって登る
四手坂王子社の意味がよく分かるな~
赤いクレパス君の日記

尾根に出たら左折してさらに急坂
赤いクレパス君の日記

第10 二之王子社
四手坂王子社から約30分
本に書かれてある鉄製の鳥居もちゃんとある
赤いクレパス君の日記

さらに尾根道を登っていく
赤いクレパス君の日記

二之王子社から約30分で
第11 小豆禅定王子社
目いぼが治る祠らしい
赤いクレパス君の日記

岩の尾根道を進みすぐ大岩に突き当たると左へ下りながら巻く
ここで右上の岩場へ登ってしまうと登山道をはずれてしまう
標識は上下反対だけど標識通り左に進みむ
赤いクレパス君の日記

踏み跡をたどって行くがこの当たりは少し分かりにくい
雑草で標識が分かりにくく正面やや左上方向の稜線へ進む
登山道が合っていれば標識が足元にあり
←13王子社となっていて12王子社を通り過ぎたかのように
勘違いするが無視して稜線へ上がる
赤いクレパス君の日記

稜線へ上がり周りこむとすぐに
第12 今王子社
小豆禅定王子社から約20分
赤いクレパス君の日記

裏側の急登りを稜線目掛けて登る
本には次の王子社まで「雑木雑草が生い茂り通れない」と
あるが無視して進みむ
テープと標識を頼りに登り稜線に出たら自然林に変わり
左にルートをとり標識を頼りに進む
赤いクレパス君の日記

登りが終わり倒れ木をくぐると
赤いクレパス君の日記

第13 雨乞王子社
今王子社から約30分
今宮道以外にある王子社はこれが最後
ここから先は今宮登山道へ戻る
赤いクレパス君の日記

第13王子社から平坦な尾根道を約100mほど進むと
登山道がはっきりしない左右に分かれる
右方向(正面)は登りでここは左へまっすぐ下りる
高度差で50m下りるが踏み跡は薄い
赤いクレパス君の日記

5分も下ると正面に今宮登山道が見えてくる
今宮登山道横の雨乞王子社入り口を示すポール
赤いクレパス君の日記

ここからは今宮登山道を登って行く
王子道を示す標識が岩に付いている
赤いクレパス君の日記

今宮道に出てから45分で
第14 花取王子社
この王子社周辺に小判が埋まっているらしい
と本に書いてある
赤いクレパス君の日記

花取王子社からすぐに本に出ている水場がある
今宮道唯一の水場らしいがほとんど水が出ていない
赤いクレパス君の日記

崩れた廃墟を周りこむとすぐに
赤いクレパス君の日記

第15 矢倉王子社
本に大杉の元に石像が安置されているとあるがない
じ~っと見てみると杉の元でばらばらになって倒れていた
赤いクレパス君の日記

本来の場所とは少し違うけど
何とか組み立てることが出来た
ヽ(゚◇゚ )ノ
赤いクレパス君の日記

今宮道をどんどん進みます
赤いクレパス君の日記

登山道右手に第16山伏王子社入口を示すポール
第17王子社すぐ手前
赤いクレパス君の日記

杭から踏み跡をたどり奥に入って行くと
第16 山伏王子社
ここは覗行場奥には五葉松の大木
その奥と両端は切り立った断崖絶壁
今日の王子社で1番のお気に入り
時間はすでに12時15分、上り始めてここまで4時間30分
赤いクレパス君の日記

今宮登山道へ戻り数m登ると
第17 女人返王子社
ここは○○□□いろいろ女神の説があり
何やら「石鎚大神が石を投げた」と複雑である
赤いクレパス君の日記

いきなり前方が開けリフトの下へ出た
赤いクレパス君の日記

スキー場の向こう側に登山道の続きが見ている
赤いクレパス君の日記

ロープーウェイからの参道と合流し西之川との合流点
赤いクレパス君の日記

第18 杖立王子社
その昔杖置き場だった所
赤いクレパス君の日記

次の19王子社は成就社東の山頂にあると本にある
18王子社から数十メートルの所左に第二園地入口の看板がある
看板の下には王子道を示す標識があるが見えにくい
踏み跡はしっかりしていてここを左上に登って行くのだ
赤いクレパス君の日記

細い登山道を登ること数分で
第19 鳥居坂王子社
昔は成就社の鳥居はここにあったという
赤いクレパス君の日記

そのまま進むと成就社の鳥居
赤いクレパス君の日記

今日最後となる第20王子社は成就社本殿の横
鳥居をくぐり旅館の間を抜け本殿に向かう
赤いクレパス君の日記

成就社本殿左横にある八大龍王神
このすぐ左横に第20王子社がある
赤いクレパス君の日記

第20 稚子宮鈴之巫王子社
成就社の名前の由来がある
今までの王子社と少し感じが違う
後日調査→こちら

何とか今日の目的達成
ここまで6時間20分
赤いクレパス君の日記

石鎚神社中宮成就社
これで石鎚神社もすべて制覇した。
赤いクレパス君の日記

見返り遥拝殿
本来はここから石鎚山が見える
今日はガスで真っ白
赤いクレパス君の日記

じっくり休んで2時30分下山開始
廃墟を何箇所か通り過ぎ
どんどん今宮道を下る、ず~~っと長い下り
登山道途中にある今宮の大杉(乳杉)
赤いクレパス君の日記

林道に出た
赤いクレパス君の日記

また廃墟を過ぎ石垣を見ながらどんどん下っていく
赤いクレパス君の日記

今度は舗装された道へ出てしばらく道路歩き
赤いクレパス君の日記

ここから登山道へ入るが入口は雑草の勢いがすごい
赤いクレパス君の日記

三十六王子社入口の分岐まで降りてきた
赤いクレパス君の日記

やっと鳥居が見えてきた
赤いクレパス君の日記

下りは成就社から休憩なしで2時間10分で下りた
全工程約9時間
登りが思ったよりかなり時間オーバーした
赤いクレパス君の日記 (>_<)-今宮道7~20

GPSログ 三十六王子道分岐詳細
第7王子社~第13王子社
赤いクレパス君の日記 (>_<)

第7・8・14・15・17・18王子社は今宮登山道沿いにある。

残る三十六王子社もかならず行くよ~

                                                                                                                                                                                  

                    赤いクレパス

自称 冒険家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス