・動画は、「数字で見る!訪日外国人からみる日本のスポーツ・ツーリズム」(出所:スポーツ庁)

「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。

 5月6日(日)、黄金週間も最終日、あっという間に終わろうとしています。今年の連休はどう過ごされましたか。新緑の爽やかな季節もあり、各種スポーツの体験や観戦もした方も、多かったのではないでしょうか。私は、中々時間が取れないので、スポーツと言っても、スポーツ庁提供の万歩計アプリをスマホに入れて、レザースニーカーを履いて、もっぱら歩け歩け(ウォーキング)を行っています。
 ・スポーツ庁提供万歩計「FUN+WALK」アプリ https://funpluswalk.jp/ 
 ・歩く効果は(スポーツ庁) https://youtu.be/-rJsl-h7KLM

スポーツ庁は、スポーツによる地域活性化、産業振興を図る取組の一つとして「スポーツ・ツーリズム」を推進しています。様々なスポーツ体験によって、地域への交流人口を呼び込もうという試みです。特に、近年の外国人観光客が年間3千万人と急増しており、世界に誇る我が国の恵まれた自然環境を活用して、「アウトドア・スポーツ」の需要喚起を図ろうとしています。

●数字で見る!我が国の潜在力

そのことを分かりやすく伝えるために、スポーツ庁では、動画「数字で見る!訪日外国人からみる日本のスポーツ・ツーリズム」を公開しています。それによると、私達も知らない意外な事実を知らされます。以下、動画から数字を転載してみます。

・訪日外国人観光客が日本旅行で満足だったこと。
1位和食92.2% 2位スキー$スノーボード91.2%・・・

・日本に再訪したいと思う外国人 93.9%

・日本で体験したいスポーツ・ツーリズムは?
 スノースポーツ31.1% 
スキー場の数 世界一位547 
世界で最も降雪量の多い都市 1位青森市 2位札幌市 3位富山市・・・
 
 登山・ハイキング・トレッキング34.1%
   日本の森林率 68.5%  山の数18,000 温泉総数27,214

 スキューバ・ダイビング 19.2%
   海岸線29,751㎞(世界6位) 島の数6,852 沿岸の魚類は約4千種(世界4位)

 リバースポーツ 17%
   急流が多い 日本3大急流 富士川 最上川 球磨川

 ゴルフ 14.4%
   ゴルフ場の数2,383(世界3位)
世界1位米15,372 2位英2,636 4位加2,300 5位豪1,500

・日本で経験したい「みる」スポーツ・ツーリズムは?
   武道31.9% 大相撲28.5% サッカー26.8% 野球23.8%

●スポーツ庁の取組みは

スポーツ庁では、国内最大規模の着地型・体験型アクティビティ情報サイトである「asoview(アソビュー)」内に特集ページ「ENJOY!SPORTS TOURISM」を開設しています。
・詳細は https://www.asoview.com/brand/sports-tourism/ 

特集ページでは、2016年リオ五輪カヌー競技でアジア初の銅メダルを獲得した羽根田卓也選手が、水源の町群馬県みなかみ町でレジャーカヌーやツリークライミングに挑戦する模様を紹介しています。その他、様々なアウトドアアクティビティを紹介しています。

今後も、充実させていく予定だと言います。

●スポーツの成長産業化が地方創生へ

動画を見て、我が国はバブル経済もあり、スキー場数が世界1位で、ゴルフ場も世界3位とスポーツ関連の施設が整備されているということを、改めて気が付かされます。既存施設をもっともっと活用しない手はありません。これに、海、山、川の自然を上手に活用して、スポーツができる環境を整備していくことができれば、スポーツの成長産業化が見えてきます。その結果、スキー場やゴルフ場、海、山、川等は、概ね地方に立地しており、地方創成に繋がっていくことになります。

連休前の4月27日、自民党経済構造改革特命委員会が、政府に「経済構造改革戦略:Target 4」を提言しました。その中に、私からお願いして、「スポーツ・ツーリズムの推進」を盛り込んで頂きました。

「スポーツ・ツーリズムの推進
・スポーツ目的の訪日外国人数やスポーツ・ツーリズムの関連消費額を大幅に増加させるため、地域スポーツコミッション等のスポーツ・ツーリズムに取り組む全国各地の組織が活発に活動できるよう、活動に対する支援や、マーケティングデータ等の情報提供等を行う。また、官民が連携してスポーツツーリズムムーブメントを創出するためのプロモーション等を行う。」(P16)
・詳細は https://ameblo.jp/akaike-masaaki/theme-10077784513.html 

今後も、スニーカーを履いて、歩け歩けをして健康増進に努めながら、スポーツ・ツーリズムの取組を支援して、地方創生に繋げていきたいと思っています。