写真は、国宝・高松塚古墳の西壁女子群像 出所は文化庁

 

「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。

 

九州で大雨が続き、大きな被害が出ています。お亡くなりになった方々の御霊の平安を祈念するばかりです。被災者にお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に力を尽くしていきたいと思っています。

・政府の動き http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame201707/ 

・日本赤十字義援金募集 http://www.jrc.or.jp/press/170707_004857.html 

 

●1300年以上の壁画を鑑賞

 

三連休の中日7月16日(日)は、奈良県に出張して、奈良盆地の南、明日香村にある高松塚古墳、キトラ古墳を視察しました。両壁画は、国営飛鳥歴史文化公園の一角にあり、期間限定で一般公開されています。視察に当たり、文化庁や国土交通省には、お世話になり、感謝申し上げます。1300年前の時空を超えて、石室や壁画等の先人の行いを目の当たりして、何とも言えない不思議な感じを持ちました。当時の国づくりの一端を知り、大いに感銘しました。両壁画とも、事前申込制ですが、まだ空きがあるとのことで、ぜひ多くの方に参観してほしいと思います。

 

高松塚古墳壁画実物公開中 7月19日(水)から21日(金)はまだ少し空きがあり募集中

https://www.takamatsuzuka-kofun.com/form/entry

キトラ古墳壁画実物公開中 8月13日(日)まで募集中

https://kitora-kofun.com/form/entry

 

 高松塚古墳の墳丘や壁画館、公園館、キトラ古墳の墳丘や四神の館はいつでも観ることができます。

 

●我が国初の極彩色の飛鳥美人 国宝高松塚古墳 

 

昭和47(1972)年3月21日、我が国で初めての極彩色の古墳壁画が奈良県高市郡明日香村で発見されました。高松塚古墳です。大々的に報道され、古代史ブームが起きました。私も小学生でしたが、当時の熱狂ぶりをよく覚えています。同古墳は7世紀末から8世紀初めに築造されたもので、石室内部(内法:奥行2・6メートル、幅1・0メートル、高さ1・1メートル)に星辰(星宿)図、日月像及び四神図、人物群像(女子群像,男子群像)が描かれた壁画古墳です。翌昭和48年4月23日に古墳全体を特別史跡に指定し、昭和49年4月17日に壁画を国宝に指定されました。

 

壁画は、発見された古墳内に現状のまま保存することになりましたが、雨水の浸入やカビの発生などにより壁画の退色・変色が顕著になっていることが平成16(2004)年に明らかになりました。壁画は切石に直接描いたものではなく、切石の上に数ミリの厚さに塗られた漆喰層の上に岩絵の具で描かれているもので、その漆喰自体が脆弱化しており、剥落の危険性が懸念されていました。壁画の劣化防止策や保存方法について種々の検討が続けられ、壁画の描かれている石室をいったん解体・移動して10年かけて修復することになりました。順次修復が行われ、その都度窓越しに一般公開されています。今回は、四神図の北壁の玄武と東鐘の青龍、そして教科書に掲載されて有名な西壁の女子群像が公開されていました。

https://www.asuka-park.go.jp/takamatsu/ 

 

●キトラ古墳 東アジア現存最古の天文図

 

キトラ古墳の南壁朱雀 (出所)文化庁

東アジア現存最古の天文図が描かれたキトラ古墳は、高松塚古墳から1・5キロほど南側にあり、檜前の集落を越えて阿部山に向かう山の中腹にあります。高松塚古墳壁画発見の直後、付近の住民から「近くに似たような古墳がある」と知らされ、これがキトラ古墳の発掘調査に繋がる糸口となったと言います。キトラとは、地元の方が以前からそう呼んでいたもので、中を覗くと亀(玄武)と虎(白虎)の壁画が見えたからとも、地名である「北浦」が訛ったもの、阿武山集落の北(玄武=亀)西(白虎)にあるからとも言われています。

 

二段築成の円墳で、上段が直径9・4m、テラス状の下段が直径13・8m、高さは上段・下段あわせて4mを少し超えると推測されています。昭和58(1983)年11月7日に石室内の彩色壁画のひとつである玄武が発見されて、世間や学会から注目を集めました。2000(平成12)年には国指定史跡に指定され、続いて特別史跡に指定されました。

 

文化庁が平成15(2003)年より石室内調査を開始し、その結果、壁画は、そのままにしておいてはやがて崩れてしまう極端なもろさであることがわかったため、この壁画を守るため、平成16(2004)年り、我が国初の壁画の本格的な取り外しを行いました。取り外した壁画は細心の注意をはらって修理され、強化処理をおこない保存管理しており、定期的に一般公開しています。古墳そのものは石室と同じ石材でふさぎ、埋め戻されました。

https://www.asuka-park.go.jp/kitora/ 

 

特別史跡キトラ古墳に隣接して「キトラ古墳壁画体験館四神の館」が整備され、いつでも映像で古墳を体感できるようになっています。今回は、南壁の朱雀が一般公開されていました。案内をしてくださった担当者が言っていましたが、手塚治虫先生の「火の鳥」を彷彿させるものでした。手塚作品はキトラ古墳発掘前だったのですが、歴史の連続性を感じます。

 

●昭和41年古都法、そして昭和55年明日香法制定

 

 我が国は、神話から今日まで2千年来、皇室を中心として途切れることなく連綿と続く伝統と文化のある統一国家です。往時の文化財や歴史的景観が数多く残っています。ところが、戦後の高度経済成長期、昭和40(1965)年の京都タワー建設計画、奈良公園の一角における奈良県庁舎建設計画、鎌倉市の八幡宮の裏山を削る宅地造成計画、翌年には徒然草にゆかりの深い双ヶ岡(ならびがおか)(京都市)のホテル建設計画など、各地で歴史的環境の破壊が社会問題となりました。これに対して、各地で景観保存に対する気運が高まり、京都、奈良、鎌倉各市を中心とした「古都保存連絡協議会」が結成され、開発規制と歴史的風土を保存するための新法制定の要請がなされました。それを受けて、昭和41年「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」(古都法、古都保存法)が制定されました。現在、全国10市町村、京都市、奈良市、鎌倉市、逗子市、大津市、天理市、橿原市、櫻井市、明日香村が制定され、歴史的風土が保存されています。

 http://www.mlit.go.jp/toshi/rekimachi/toshi_history_tk_000006.html

 

明日香村は、飛鳥時代は、第33代推古天皇が即位し、聖徳太子が摂政を務め、憲法十七条等の改革を行った6世紀終わりから、蘇我氏が台頭し、大化の改新が起き、大宝律令が制定され、第43代元明天皇が和銅3(710)年に奈良平安京に遷都するまでの118年間のことです。我が国の律令国家体制の基礎が確立した時代です。

 

 その多くの遺跡が明日香村を中心に残っています。明日香村は大阪都市圏から1時間圏であることから昭和40年代には住宅地開発が進み、歴史的風土の保存をめぐって危機的状況を迎えていました。そのような中で、昭和45(1970)年漢方医・御井敬三(みいけいぞう)氏が、松下幸之助・飛鳥保存財団初代理事長の助言もあり、録音テープに「声の直訴状」を吹き込み、佐藤栄作総理に提出しました。それを受けて、佐藤総理は大阪万博開催中に明日香村を視察し、歴史的風土保存と住民生活向上の閣議決定に繋がりました。それにより、翌年より国営飛鳥歴史公園の整備が始まり、高松塚古墳の発見もあり、昭和55年には古都法の特別法である明日香法が制定されたのです。明日香村民の努力と国民の税金によって、飛鳥の歴史的風土は守られて今日まで来ているのです。

 http://www.mlit.go.jp/toshi/rekimachi/toshi_history_tk_000009.html 

 

 明日香村を中心に、平成27(2015)年には日本遺産「日本国創成のとき~飛鳥を翔(かけ)た女性たち~」も認定されました。そして、ユネスコ世界文化遺産にも申請しようとしています。

 https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story011/ 

 

 ぜひ夏季休暇を活用して、我が国の歴史を体感し、「伝統と文化を尊重し、我が国と郷土を愛する」(教育基本法)べく、多くの方に訪れてほしいものです。

 

今日は海の日の祝日です。「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。」日です。今日も一日、喜んで進んで働く(傍楽)ぞー

 

 私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、全ては国家国民のために、根拠をもって総合的に判断し、日々全身全霊で取組みます。

 

…………………………………………………………………………………

 

●7/23仙台市長選挙は菅原ひろのり候補の支援を

 

7月9日(日)から宮城県仙台市の市長選挙が告示となり、23日(日)が投開票となります。我が自民党は、菅原ひろのり候補を支持しています。菅原ひろのり候補は、葬儀社(清月記)の経営者です。東日本大震災には、会社を通じて被害を受けた方々の供養を支援。また、震災で両親を亡くした子供たちを継続的に支援する「NPO法人JETO(ジェット)みやぎ」を立ち上げています。経営感覚を活かして、大都市仙台を素晴らしい街にしてくれることを期待しています。7月11日(火)には、仙台市に応援に入りました。対抗馬は共産党の支援を受け、圧倒的な知名度を誇っています。厳しい戦いが展開されています。ぜひ仙台市民の皆様方には、ご支援の程を心よりお願い申し上げます。

菅原ひろのり公式ウェブ http://www.sugawara-hironori.jp/ 

 

●7/30横浜市長選挙 現職の林文子氏を推薦

 

7月16日(日)告示、30日(日)投開票の横浜市長選挙では、我が自民党は現職の林文子氏(71・2期)を推薦しています。4年間の林市政では、公共施設耐震化、新しい中学校歴史教科書の継続採択、市立小中学校の英検導入、防災減災推進員育成、待機児童対策、在宅医療連携拠点の整備、財政再建などの実績を上げつつあります。課題の一つとなっている家庭弁当と配達弁当「ハマ弁」の選択式の中学校給食について、値下げや注文方法見直しによりハマ弁の浸透を図る考えを表明しています。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致について、ギャンブル依存症や犯罪対策を議論する必要があり、調査研究を進めて、市民、市議会の意見を踏まえて方向性を決定するとしています。子育て・女性・高齢者への支援、災害対策、経済活性化を最重要課題として、2期目に挑戦しようとして林文子候補に、309万人の横浜市民の皆さん、ご支援をお願い致します。

林文子公式ウェブ http://www.hayashifumiko.com/

 

…………………………………………………………………………………

 

●熊本大地震の被災者支援を

 

熊本地震の被災者の方々には、心よりお見舞いを申し上げます。

政府では、被災者支援のための情報提供を行っています。

http://www.kAntei.go.jp/jp/heAdline/sAigAi/kumAmoto_hisAi.html

 

●東日本大震災

 

 東日本大震災で被災された皆様への支援制度情報等

 http://www.kAntei.go.jp/sAigAi/

 

…………………………………………………………………………………

 

●自民党党員募集

 

 自民党では党員を募集しております。2年以上党歴のある方には、自民党総裁選挙での投票権を持つことができます。ぜひ事務所までご連絡下さい。

 

●赤池まさあき後援会入会案内

 

後援会入会希望の方はこちらへ

http://www.akaike.com/support%20club/sc_index.html 

 

…………………………………………………………………………………

 

●多くの人に知ってもらいたいので、ぜひクリックをお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?797820:1510

http://politics.blogmura.com/

 

フェイスブックからはご意見を書き込むことができます。

http://www.facebook.com/akaike.masaaki

AD