女心ってなんか狡猾でずるくて汚いって感じがします(私もですが。笑)



わたしの友達でやたら自分を卑下しながら生きている女がいる。

その子は、卑屈っぽい性格の割りによくモテて、どうしてなのかなぁっと思ってよく考えてみたらちょっと解かってきた。



その子はいつも、人前でなにか失敗を犯すと、それがごくつまらなくて、些細なミスであるにもかかわらず、「ごめんなさい。こんなこともちゃんとできないなんて……私ってほんとうにダメだね><」などと、今にも泣き出さんばかの表情をすることがある。


多分、男ってこういう姿に弱いんじゃないかな。

そんな姿を見せられた男は、大体「いいよ、これぐらい^^」と優しい言葉をかけたりして、そんな彼女を可愛らしくいじらしく思う。守ってあげたい!!って思う。


だけど、こうした彼女のを卑下する言葉には、ウラがあって。
つまり、「私ってダメね」は、ミスのいいわけであり、さらに、男にやさしい言葉をかけてもらうためのキッカケづくりとして使っているんじゃないかと。つまり、男からの非難をさけると同時に男の同情を獲得するという、一挙両得の手段として、自らを卑下してみせてるって事。

なんかそれに気づいたとき、あーなるほどって思ったよ~


あと、自分の暗い身の上話を、ことさら暗い表情でする人もいますね。
そんな話はたいていかなりの脚色が加えられているものです。

だって、こういった類の卑下話は、「こんな私でよかったら」式の売り込みであるケースが多くて。つか、本当に落ち込んでいる場合は、好きな男に心配をかけまいとしてできるだけ明るく振舞うものじゃないですかね。暗い表情で、自分を卑下して男に話すときは、大抵は大した落ち込みではなくそういった女心の策略なんですよきっと。これは私にも当てはまるからちょっと胸が痛いけど笑



って事で女心って怖いねって話でした~