泣きながら夫を攻めていたのですが、

途中から、夫を寝かせてあげないと思い始めました。

夜勤のため、日中が睡眠時間なのです。

睡眠不足は仕事に差し支えるし、運転するので危険です。

 

心は落ち着いていませんでしたが、

夫にもういいから、とにかく寝てほしいとお願いしました。

熟睡中を無理やり起こされたわけですから・・・・

 

夫はとりあえずベッドで横になり、

私は1人になり、ただただ悲しくてつらい時間を過ごしました。

 

誰にも言えないつらさ。

 

夫が仕事に行く時間になり、

会話もなく、玄関を出る時に、小さい声で

行ってきますと夫が言いました。

 

泣きはらした顔の私は、

壁から半分、体を出し

下を向いて

うんと、小さい声で言いました。

 

 

1人になり又、涙がこぼれ、

夫と話したことが頭の中を回っていました。

 

 

夫は気が合えば、良い人だったら、

ばくぜんとその先に結婚出来ればいいなとか思っていたんだろうか。

きっとそうだと思う。

1人では何もできない人だから。

 

女のラインの内容は、

またどこか行きましょうとか、

今からお風呂に入りますとか、

   お風呂の絵文字があって嫌でした。

   それにわざわざお風呂に入るって報告するなんて・・・・

 

 

今から仕事に行ってきますとか、

歯は大事にしなきゃとか、

 

あとは2人とも松田聖子さんのファンだったのでその話題。

 

今度はイルミネーションを見に行きましょうとか、

 

最後は、

お付き合いはまだ考えられない。

疑っているわけじゃないけど、

お友達でいたいです。

という内容で終わってて、

それを最後に夫がラインをブロックしていました。

 

ブロックした理由は、

向かっている意識が違うと思った。

時間の無駄だと思ったからブロックした

と言っていました。

 

要するに、

夫は友達を見つけたいのではなく、

結婚できるような相手に出会えればいいなと思っていたけど、

相手の女はそこまでではなかったという事なのかな。

 

女は当時51歳。

バツ2の子供なしだそうです。

バツ2だったら結婚はこりごりかも?

だったらなんで出会い系に登録するのか。

遊びなのか?

私にはそういう心理は分りません。

 

復縁前にこのことを知っていたら、

私は復縁したのだろうかと思いました。

 

夫に付き合っている人はいないのと聞いた時、

そんなのいないって答えた。

確かにブロックしてしばらくたっていたから、うそじゃないけど。

 

あれから半年たつけど、細かく思い出すとやっぱり嫌です。

 

そして夫に手紙を書きました。