三寒四温 | 苫小牧近郊運送屋の釣り

苫小牧近郊運送屋の釣り

タイトル長いから変更したよ~^^; (旧 胆振限定仕事の合間にチョイ釣りです)

四歩進んで三歩下がるが如しの春の気候です、先週の暖かさは何処へやら外仕事も寒い日でした。


仕事の合間にニシン漁を見学して来ましたが、まだ群れが薄い様子。回遊に当たれば2匹~3匹とサビキに付きブッコ抜きは無理。

お父さん方タモで大事にすくってました♪


夕方帰宅で昨日使用の仕掛けの点検です。


針先を突いては厳しい検査員から交換命令がでます。2セットほどリメイクして、 「早春の穴場はアソコだな!」 「4月からはアソコだね♪」 盲想癖のオヤジは肩を震わせヒヒヒヒ・・・です^^;




クソ親父流の針とハリスの話を少々。

針はふところの深いマルセイゴ15号が運送屋の定番です、大袋入りの安いヤツですが消耗品ですからバンバン交換します。

春のクロガシラはデカイサイズから先に釣れて来ます(GW前が勝負)、ターゲットサイズ(50cmup)対応の針とハリスが無難ですよ~♪

ブランド品の高い針でも全然OK牧場ですが、エサをたっぷり掛ける為には「ふところの深いタイプ」がお勧めです。

ハリスはナイロン派とフロロカーボン派に分かれますが、運送屋は結構太いナイロン6号を使用してます。 4号クラスの細い方がお魚に警戒心を与えず良いと思います、大型サイズは無理をせずタモですくえば細めのハリスも十分有りです。

良い振りコキは40cmクラスをタモ無しでブッコ抜くのが見せ場、更にハリスがヨレルのが嫌いな偏屈者ですから太め派です。 ヒトデが乗ったりチビ助が掛かり、テリーファンク兄弟の必殺技「スピニングトーホールド」でハリスが遣られるのもコレで安心^^;




冬眠から目覚めた部隊員もボナンザ付けて拭き拭きしてやりました♪

沖田艦長の総員配置付けの号令を待ってま~す。



ん~古いか?  古代艦長か?





にほんブログ村