事務長です。 

今回は、巷で言われているデマの1つである「mRNAワクチンがDNAに組み込まれて悪さをする」という情報について、科学的な面から否定してみようと思います。 

 

前回のブログでもmRNAについて、簡単に記載しました。mRNAとはタンパク質を作るための設計図(DNA)の写しのようなものです。ヒトのDNAは2本の鎖がらせん状になった形状をしていますが、mRNAは1本の鎖です。この1本鎖のmRNAはタンパク質に翻訳された後、分解されます(分解の過程は複雑ですので、省略します)。また、前回のブログで説明したセントラルドグマを見ると「DNAからmRNAへの転写」は一方通行であり、「mRNAからDNA」は我々ヒトの細胞の中では起こりえない現象であることは多くの専門書にも記載されております。 さらに成熟したmRNAは細胞質からDNAのある核へ移送されることは制限されているため、核の中にあるDNAを変異させることもありません。 

そのため、ファイザー社製のmRNAワクチンが我々の細胞のDNAに組み込まれることは現在の科学では考えられないということになります。 

 

しかし、例外としてHIVウイルスなどのレトロウイルスは自身のゲノムRNAをDNAに変換してヒトのDNAに組み込むことがわかっております。この現象を利用して安定的に遺伝子を発現させる実験にHIVウイルスを改変したウイルスベクターが使用されています。初期型のiPS細胞もこのレトロウイルスを用いて樹立されました。私もレトロウイルスベクターを使用してiPS細胞を作成した経験があります 

 

HIVのゲノムRNAの複製からヒトDNAへの組み込みは大まかには以下のような過程を経て行われています。(実際はもっと難解かつ複雑な過程です) 興味がない方は読み飛ばしてください。 

HIVのゲノムRNAは逆転写酵素(RT)というタンパク質により、1本鎖RNAを2本鎖DNAに変換した後、インテグラーゼと呼ばれる酵素により人のDNAの中にHIV由来の2本鎖DNAを挿入します。この過程を見ると、少なくとも逆転写酵素(RT)やインテグラーゼという酵素などがないとRNAをDNAに組み込むのは難しいことがわかります。我々ヒトの細胞はRTを持っておらず、ワクチン由来のmRNAを鋳型にDNAを合成することはできないため、mRNAがDNAに組み込まれるというデマも否定できると思います。 

  

最後に 

 私は臨床医でも感染症の専門家ではありません。今は研究に従事していないただの事務長ですが、自分が学んできた生物学の知識や最新の論文を読んで接種を決めました。副作用の悪い一面ばかりを強調して報道すれば、ワクチンを接種したくないと思っても当然だとおもいます。私個人の意見としては、若い人には強めの副作用が出る場合が多いようですが、1,2日で落ち着く場合が多いとのことですので、コロナウイルス感染症の感染リスクや重症化リスクを軽減できるのであれば、積極的に接種する方がいいと思います。国(政府)はしっかりとメリット・デメリットを伝えできる限り多くの人に接種を推進できるような方法を考える必要があると思います。 

 

次回の記事は「自身の血清中の抗体がウイルスを中和することを証明できないか?」を予定しております。