フード&食空間プランナー、赤松真紀子(MAKKO)です。



コラム連載をさせて頂いてます
不動産フリーペーパーの『イエイエ倶楽部』では
すでに1月号。
お正月テーブルコーディネートは、今年は夫婦2人で迎える親世帯や、核家族で過ごす、
いつもの親戚が集まるような密は無いかと思いますが








和の伝統文化や伝統工芸品、
お正月ならではの、漆塗り、漆器を使う
特別感も大事ですね。


お正月には、福を重ねる。お重箱に詰めて。
取り皿や1人づつのお料理には、伊万里焼とか和のお皿はいかがですか?






絵皿の和のデザインはおめでたい柄の物があると
グッとお正月感がアップ!
そして
おめでたいお祝い感の演出には、やっぱり、紅白や金色ですね。


赤いクロス、金の水引、鶴の水引の飾りがあると無いでは大違い!ウインク




テーブルコーディネートを習う人は、器好きや
たくさんの器を持っている人が多いですが
100均一でも売っているような、小物を取り入れるのがポイントです。ラブ







お皿も、お正月らしく
金彩が施されたものや、おめでたい柄の縁起物がおススメ。





カブをくりぬき、蕪蒸しにしようかと
材料が揃ってなかったので
なんちゃって、ですが笑い泣きあせる





お正月スタイリングを、高級感や特別感で
おめでたい1年のスタートですので
華やかに、厳かに、迎えたいですね。










今年のお正月は、どうしようかな?
いつもなら実家で過ごしてますが
長く帰省してないんだけど、皆んなの健康と無事を祈って。。。

ステキな1年になりますように。