イケメン選手権

テーマ:

昨日

このままだと真っ黒になって、
誰にも構われることなく、
ポイすることになりそうな物がいましたので、

焼いてみました
あっさりめなバナナケーキをバナナバナナ
(バックに映り込んでいるものは、どうかお気になさらず…)









さてさて、

JUMPから「え・・・・・?」なお知らせが届いて、
まさかの、朝のワイドショーでも取り上げられて、
職場でも「先生、今朝ニュース見たよ!」と言われ、

1ファンとしては、「そうなんだ……」と受け止めることしかできず、
ファンが落胆しようがそんなこと関係なく、今日も1日暮れる、よね



我が家の山田担は「アリーナがないんでしょ、ドームはやるでしょ?」と楽観的です



あたしはどうかな…?

嵐が活動休止を発表した時は、ずどーーーんと落ち込んだのに……

もちろんJUMPは好きだし、コンサートのあの空間をまた体感したいと思うんだけど、

多分、以前と比べて熱量はダウンしてきてるんだろうな、と思います

おJUMPおJUMPばかり言ってられない現実が目の前にある



今は家庭があって、
息抜きや癒しの対象として嵐やJUMPがいて、それを介して繋がったヲ友がいて、
仕事があって、そこでの仲間がいて、
お子達を通して知り合えたママ友がいて、

あたしが関わる人達はそう多くない
あたしを取り巻く世界って狭いんだろうけど、

今はきっと、仕事にいちばん目が向いてるから、
ヲタ事は緩くなってるのかな?

もちろん現場は楽しいけど、
お家でゆるりと画面越しの彼らを見るだけでリラックスできたり、
心が少しリセットできたり、
今はそれでわりと満足なのかも


ドラマも観なきゃだし、
美味いものへのアンテナも張らなきゃだし、
全てに全力投球したら、あたしの24時間はパンパカパンになって崩壊してしまう




できることをできるだけ、やるのみ
心と体のバランスを崩さないように、過ごすのみ




そんな我が家で、しょっちゅう繰り広げられる娘との議論は、


「誰が真のイケメンか?(顔面のみで)」



まあ、山田くんは日本人離れした美しい美男子に間違いないんだけど、ここで山田の名は出ない

今は朝ドラに吉沢亮くんが出ているので、
毎朝あの美しいお顔を拝見して、
「ほんっとにこの子顔きれいだよね!」と言うのが我が家の日課です♡

どう見ても、少女漫画から出てきたイケメンにしか見えない
まつげの感じとか、涼し気な目元とか、目の感じは少し松潤にも相通ずるものがあるんだけど、
吉沢亮くんは顔面全体カンペキなんだよね~

また、朝ドラでの天陽くんって役柄よ
なつをそっと見守っているようで、でもばしっと言う時は言うし、いつも応援している感じがいいじゃない!


これだけ美しい!と褒めちぎっておいて、
好き?堕ちる?と聞かれると、そうでもないんだよな…
美しいからといって、この子の載ってる雑誌買うわけじゃないんだよね


で、次に名前が出るのが佐藤勝利くん
顔整ってる、顔小さい、イケメン、美しい!


そしてあたしが「モックンも昔からずっとカッコイイぞ」と口を挟む


でも多分、娘周りのJKで、満場一致ぐらいの勢いで、
みんなが口を揃えて「イケメーーーン♥♥」と言うのは、マッケン(新田真剣佑)なのよ

我が家でも、やっぱマッケンだよね~
カッコイイよね~
性格とかどうか知らんけど、マッケンはイケメン、はい太鼓判!


この、どーでもいい話題でいつも盛り上がるんだけど、大体結論はいつも同じところに着地するのですデレデレ



あー、あたし達ってめでたい、安上がりニヤニヤ




でもさ、娘が最近飽きるほど言ってんのは、
「田中圭可愛い~、田中圭はリア恋枠!」


あたしからして見れば、
田中圭くんなんて昔からたくさんドラマに出てたし、今更だし、
最近“おっさんずラブ”で注目されたか知らんけど、
あたしゃおっさんずラブ観てないし、
田中圭くんは田中圭くんさ←あたしにとって普通の人




そんな事より「母になる」から注目していたみっちーが「俺のスカート」に出てて、
めちゃんこ背伸びてるし、
なんか、少しカッコつけの兄ちゃんに成長してて可愛いし、
でも変に背伸びせずに素直に成長せよ、と母心むき出しで見守っております   



母娘で、なにわ男子の成長を静かに見守っていく所存であります
ライドオンタイムを観て、「可愛い、可愛い~~」連発♡



だけど、あたしにとっては“にのといの”がいちばん
そして西島くんも中村くんも坂口くんも好き
そしてみっちーは可愛い

以上、今の推しと好きなメンズを宣言して終わります



(追伸)
悲しみに暮れるJUMPファンが多数、というこのタイミングで、
ふざけた記事を上げるんじゃない!というご意見もあるかとは思いますが、
気分を害された方がおられましたらお詫びいたします

我が家の日常を綴る、日記代わりのこのブログ
この記事は、悲しいお知らせに関係なくアップする予定でした