中学校はもちろん、小学校の給食も、末っ子の幼稚園も始まり、

夏休みがやっと終わりました~!

心踊る。

 

給食はまだだけど、学校は始まったという8月の末、

子ども新聞の企画で小学生の好きなキャラ特集がありました。

やっぱり鬼滅キャラが強いんですが、「自縛少年 花子くん」があり、

子どもが寝静まってからさっそく検索。

 

 

 

 

 

 

 

表紙見て(あ~なんか本屋で見かけたな・・・)と思いつつ、

試し読みで第1話だけ読んでみました。

 

トイレの花子さん、学校の七不思議、「両想いになりたい」・・・・・・???

 

(「地獄先生ぬ~べ~」みたいな話?一話完結もの?)

 

これはアラフォーには響かないキーワードですが、

絵といい、題材といい、小5の長女にはピッタリだろう!!

小5とはいえ、いろいろと忙しい長女ではありますが、

こんなマンガ読んでみたい?と打診してみることに。

 

というのも、マンガ好きな母と兄の「おかげ」というか、「せいで」というか、

ごろごろしてても、次々に、それなりにマンガや動画が、タダで舞い込んでくる生活で、

結局自分は何が好きなのか、自分なりの欲というか、

自分に合ったものを見つけてほしいと常々思っていたからです。

あと、お小遣いのやりくりも学んでほしいし。

 

翌朝、長女にネットで表紙を見せると、「これ読みたい!買ってきといて!」とのこと。

 

よしよし。

 

とりあえず、兄と同じように、自分のお小遣い(月1000円)で買いなさいと念押し。

で、必ず勉強はすること、と。

 

 

学校から帰宅後、宿題を終わらして、自分で本屋へ買いに行き、2冊買ってきました。

5年生にして初めてのおつかいです(汗)。

 

 

小2の次女とも中1の長男とも、取り合いになりながら読んでいるので、気になって私も参戦。

すすめたマンガがおもしろいとうれしいものです。

 

 

しかし、大きな誤算が・・・・・・。

 

 

(何が一話完結!?どこが「地獄先生ぬ~べ~」!?)

 

キュンとする場面と張り巡らされた伏線に、

少女マンガ好きの私も、続きが気になってかないません。

 

 

結局、数日後、長女はお小遣いのストックでさらに2冊購入していましたが、

その後は月に1~2冊ペースでしか読めません(※現在13巻まで発刊)。

 

 

長女に出した条件を撤回して、私が大人買いしたいけど、

それでは大人げないので、

長女のドキドキとワクワクを摘み取らないよう、節制。

く、苦しいけど、ガマン。

 

 

 

がんばってね。

楽しいひとときを。