今日は
冷えるし


気圧の関係なのかな…


古傷が痛いですガーン


特に
腰の穴ボコと
老犬シーズに噛みちぎられた
右手親指がえーん


痛み止
飲んだけど


で、
ロブから
ポルちゃんに切り替えたけど…


痛いですショボーン


痛いと
何となく当時を思い出しますニヤリ


骨盤横と
その下にある傷は

間質肉腫の切除痕です。

腫瘍の核が
神経を巻き込みながら
グルグルと神経を取り込み
巨大化したものなので


切除した後は
穴ボコ出来ました~爆笑

おまけに
この手術の時は

もう
二桁近くのオペのせいで

麻酔が効かなくなって…

全身麻酔するには
心臓の負担も大きいとかで…

腰の局部麻酔予定が

効かなくて…

何本も、何本も追加したけど
全く効果無くて…

なら
いっそう、麻酔無くても
オペするわ!

なんて
言いながらも

この腫瘍ある痛みと
オペの痛みを天秤にかけて


麻酔効かなくても
オペ続行を選びました。


五時間半…
オペの処置いれたら
六時間近く


悲鳴をあげたり
気絶しかけたり
大きな声で、突然笑ったり


とても
賑やかなオペだったよ爆笑

オペ室の前で
待機してた三河屋が

恥ずかしいくらい
賑やかな声がしてたと教えてくれた照れ

傷口を縫ったりする処置は
オペ担当の先生じゃない先生がしてて


その間
担当が、切除した腫瘍を
ホカホカの湯気を上げた状態で

目の前に
置いて、説明始めたニヤリ

わしも
気が紛れるし

チクチク縫ったりする痛みも
紛れるので

うつ伏せのまんま
説明受けたんだよね…

最初
あまりにも、顔の近くに
トレーと腫瘍を置いたので

先生に
顔に、くっつきそうだし
近すぎて見えないプンプン


なんて文句言ったくらいにしてニヤリ


先生も
呆れて、しかし痛さに強いのは知ってたけど…
無茶するよなぁ…


って
それを、実行したのは
先生じゃねえかニヤリ

赤黒い
マンゴーの形の
ラグビーボールみたいな形の

大きな肉の塊を
見せて説明してくれた爆笑

本当に
形は綺麗だったよOK


で、
腫瘍の核が、神経を巻き込みながら
大きくなったので
痛みも、ハンパ無かったしと教えて貰ったニヒヒ


で、
わしも、頭が
変になってたのか

じゃあ、半分に切ったら
その腫瘍の核がみられるのかな?


って
聞いたら

先生が
目の前で、真ん中から切ってくれた滝汗

で、
これも、神経を切った所で
ここも、神経を切った所で…

って、説明してくれたよゲッソリ

その
傷が痛いのだびっくり


毎度
一番痛い傷は
ここなんだよね…


冷えたり
気圧の関係で、痛くなるえーん

それと
右手の親指があったところ笑い泣き


あっ!
形は、有るけど…

感度ないから
偽物の指のようで…

千切れた、上は痛みは無いけど

その下から痛いんだよね…


意外と
内臓の、取った所は
痛みは、ほとんど無いけど…


筋肉とか
内臓以外の、腫瘍を切除した所は
痛いです滝汗

でも


思うけど…

ガンのせいで
物凄い痛みの時を思えば

オペの痛みは我慢出来るんだよね…

オペの後は
痛みから、少しは解放されるから…


麻酔無くても
これを切って取れば
少しは楽になれる…
と、思えば我慢できるんだよね照れ

不思議だよね~口笛

ただ
古傷の痛みは

何だろう…
ヒリヒリ、チクチク。
時々ズキズキショボーン


嫌な痛みだよね…


ガンの痛みは
呼吸が止まりそうで

手足も痺れてくるし
顔も、麻痺してくるし…

わしの、ガンは
とても
わしの体が大好きでラブラブ


検査して
見付かって、小さな物なのに
オペのための検査してる間に
ぐんぐんと、一気に大きくなるんだよね…

先生も
どうして
こんなに早く成長してしまうのかな?


って
わしに聞いても
知るかっニヒヒ

で、
今は

鎮痛剤の強い物に
少しづつアップしつつ

こうして、気晴らししてますが照れ


鎮痛剤は
数種類、処方してもらってるので…

でも
飲んだ時間とか
キチンと書いて、提出しないとダメなのよね~…


流石に
これだけ

ガンとのお付き合いしてると


何となく
自分で、診察して
治療方まで考えられる気がするのよねニヤリ

まあ、
そうも行かないので

病院へ行きますが。

急な痛みは

嫌だわね~滝汗


あっ!


兄ちゃんが
帰ってきたわ照れ


今日は
こっちの家に居るらしいニコニコ


彼女の家じゃないのね!


三河屋が
今日は、居ないからかな。

晩飯
何作るのかな~…