東大和市駅 | 東大和市行ったり来たり

東大和市行ったり来たり

東大和市内を気ままに散歩します


テーマ:
 西武拝島線東大和市駅を北口に降りると東大和市です。南口はかって、野火止用水が流れ、その中心線が小平市との行政界でした。今は野火止用水は地下に潜り、駅南口の広場となっています。


 便利に何気なく利用している西武拝島線「東大和市駅」ですが、昭和37年までは西武鉄道上水線「青梅橋駅」でした。当時は高架ではなくて、青梅街道と平面交差し、現在の東大和市駅北口の駅広の中に線路に沿って曲がった道があり、駅舎へと続いていました。


 

 その面影を残す場所を捜しました。かすかに曲線の場所が残っていました。こんな所にと驚き、懐かしさがよみがえります。駅を降りてすぐのヤサカ家具の裏手です。
 


 野火止用水の縁から撮影しました。反対側は現在の線路敷まで駐輪場になっています。

 

(注)講座の皆様 

 画像の位置が左に寄っていますが、アメーバの画像に関する初期設定が左寄りに設定されているため、変更しないと常に左寄りになります。


武蔵野さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス