30カ国の外国人留学生が活躍する  株式会社ワン・ステップ 石川雄大blog
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-10-07 19:01:54

野球:日本のボールとアメリカのボールの違い/他人のパソコンを使った時の違和感

テーマ:ブログ

日本人の野球選手がアメリカでプレーするようになって10年以上たちますが、

 

よくボールが滑ってうまく投げられないというような話がありますね。

 

なんだか素人には、同じ野球なんだからアメリカだろうが日本だろうが同じだろうと思うのですが、実際全然違ったりします。

 

私の勝手な意見ですが、他人のパソコンのキーボードを使ったときのような違和感がある感じです。

 

キーボードだと「@」の場所が違ったり、Windowsとmacでボタンの種類が違ったりしてあのうまくタイピング出来ない感じが気持ち悪いです。

 

 

 

 

2017-10-01 18:57:38

良いところも見る

テーマ:ブログ

外国人労働者や在留外国人が増えてきて、

 

マナーが悪くて困っているというニュースをよく見ますが、

 

先入観で「外国人はマナーが悪い」と思って話しているので、

 

ちょっとなぁと思ってしまいます。

 

 

時代は移り変わるのに、受け入れることを前提に話しておらず、

 

日本人はちゃんとしていて、外国人はいい加減だから受け入れが難しい。。。

 

というような。

 

 

でも労働力が減ってきているから、日本人がやりたがらない仕事は任せたい。。。みたいな。

 

その考えを持っていてもよいと思いますが、公共のメディアを通して大人の有識者たちがそのように伝えるとこれからの未来を背負っていく若者もそんな先入観を持ってしまいます。

 

いいところもかなりあるのですが、悪いところばかりに着目するのは教育観点としてフェアではないですね。

 

 

先日、ミャンマーのアウンサンスーチーさんがされた演説内容と日本が放送しているニュース報道の内容は全然違うというコメントがありました。
日本人はミャンマー語も英語も難しいので、ニュースを信じるしかないのですが、そう考えるとニュースだけを頼りにするのは怖いことですね。

 

https://mainichi.jp/articles/20170920/k00/00m/030/023000c

 

 

ただただ、外国人留学生には素晴らしいところもたくさんある、だからそういう一面もしっかり見てね。と言いたかっただけです。わたくしは。

 

https://one-step1.co.jp/

 

 

 

 

 

2017-09-25 23:21:03

海外の若年層が見ているモノ

テーマ:ブログ

What's up Tokyo!という海外の若年層をターゲットにしたSNSサイトを運営しています。

 

韓国語、繁体字(台湾・香港)、ベトナム、英語(東南アジア、欧米)、中国の5サイトです。

 

《各サイトのURL》
【Facebook/英語】:https://www.facebook.com/Whats-up-Tokyo-En-1760098150896319/
【Facebook/繁体字】:https://www.facebook.com/Whats-up-Tokyo-TWHK-629722033897801/
【Facebook/韓国語】:https://www.facebook.com/Whats-up-Tokyo-kr-330445814024133/
【Facebook/ベトナム語】:https://www.facebook.com/WhatsuptokyoVN/
【Weibo/簡体字】: http://www.weibo.com/onestep1
 

 

 

日本へ留学している子たちがライターとなり情報を発信していますが、今、訪日数が圧倒的に多い東アジア(韓国、中国、台湾、香港)の若年層は正直あまりヒットしてこない。

 

しかし東南アジアについてはさらに熱気を増してきているようにも見える。

 

東アジアの若年層はもう日本のことに興味が薄れてきているのか、またはもうあらゆることが当たり前で目新しいものが出てこないと響かないのか、心配の種である。

 

逆に東南アジアの若年層は驚くほどの勢いで留学する人も増えている。

若年層が日本に興味を持っている状態がわかる。

 

企業が労働力を求めてアジア⇒東南アジア⇒中東と動く流れから、やや遅れをとるようにして推移しているようにも見える。

 

未来を担う海外若年層は今いったい何を見ているのだろうか?

また日本に対して何が見えているのだろうか?

 

不安ではあるが、答えは私の周り山ほどあると思う。

ただ答えが驚くほど速く変わっていっているのも確かだ。

 

今の声を聞いて、今に答えないといけない。

そんな瞬発力が必要な時代。

 

yudai

 

2017-09-24 23:03:07

価値とは

テーマ:ブログ

クオリティ=価値ではないと私も思う。

 

武井壮さんもよくお話されていますが、価値とは人が求める数であると思います。

 

私は外国人留学生の価値を活かし日本の課題を解決する仕事をしています。

外国人留学生には、日本人には絶対できないスキルがたくさんあります。

言語はもちろん、その国の文化・習慣も日本人欲しい情報を持っています。

 

言語においては100万円もらっても、私個人が中国語の通訳が出来るわけではないです。そういう意味では日本語と中国語が話せるということには一つの価値がある。そのスキルがある人にしかできないことだからです。

 

私の仕事は人材を育成し、価値を付けて世の中にサービスを提供することです。

まだまだ世間の方々には、世界中の食材(人材)があるスーパーマーケットと思われてしまうことが多々ありますが、私の会社は仕入れた食材を提供するだけではない、お客さんが美味しいと思うように調理して提供する会社です。なのでスーパーではなく、レストランのようにシェフがいる会社です。

今ある価値をお客様が求める味付けにして、感動を提供するレストランという位置づけの会社です。

 

100円で仕入れたものを120円で売るだけではなく、調理すれば1000円で売れる可能性もあるし、お客さんの需要をしっかりつかんで調理すれば3000円で売れるかもしれない。

 

今、人材(素材)は自信を持てる素晴らしい人が増えてきたので、シェフの腕を磨いていけば、日本で一番の外国人留学生を活用した最高の料理が提供できる会社になっていくと思います。

 

ご期待いただくとともに、一緒に育ててくださいませ。

2017-09-17 18:58:01

「日本語ができない=仕事ができない」って思いこんでませんか? 

テーマ:ブログ

日本人は言語に対する評価が非常に厳しいと思いますが、

 

特に外国人に対して日本語が出来ないと評価する段階にも至らないという事がよくあると思います。

 

日本語が上手にできない=仕事ができない、発想・アイデア力がない

 

と思ってしまうのは仕方のないと思うのですが、これからの時代はそこだけで判断をしてしまうと折角の優秀な人材が他社に奪われてしまいます。

 

私のイメージでは日本語を使う会社に入社すれば、1年ほどでかなり日本語力がアップし、日本人からみてもあまり嫌に思わない程度に成長します。

 

そう考えると、未来の会社のためにはその人のポテンシャルをしっかり見極ることが重要になります。

 

本来会社として必要とする人材が、言語を考えなかったとしたらどのような人材に働いてもらいたいのか?という部分を見た時に、外国人にもかなり可能性を感じるな!と思うことはよくあります。

 

実際、外資系などの企業に入るメンバーを見ると日本語で採用されるわけではないので、かなり優秀と言われる会社に採用されていく弊社の留学生も多くいます。

 

日本語ができない=仕事ができない

 

と思ってしまうとグローバルに会社が成長するチャンスを逃してしまう可能性があるので、心の目で外国人留学生と向き合ってもらいたいですね。

 

https://one-step1.co.jp/

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.