息子へのお願い。 | サッカー少年、反抗期の息子

サッカー少年、反抗期の息子

小学生から始めたサッカーを高校に入っても続けている息子。いつの日か、サッカーを辞める日が来るであろう。サッカーを通して子育て奮闘中。

私は今まで、息子に対して、

偏差値の高い大学へ行ってくれ!
サッカーで活躍してくれ!

などと、親としての独断的な願いを
息子に言ったことは一度もない。


大きな節目として、もうすぐ終わりを告げる
高校サッカー。
ともすれば、高校でサッカーを引退するかも
しれない。。


12年間、続けたサッカー。
息子一人でやり遂げたわけではない。

家族の協力があってからこそ、
ここまで続けていくことが出来た。

遠方の試合会場に連れて行く為、
小学生になり、ようやくお留守番が出来るようになった次女を家においていったこともある。


旦那も仕事の調整をして、
息子のサッカーに協力してきた。


小学生の時、移籍も考えたこともあり、
別のチームに体験レッスンに行ったこともある。



高校選びは、息子の意思を尊重して
今の高校に入学した。


実力的には、レギュラーが取れるであろうと
思われる今のサッカー部に入った。


実際、
最高学年になる時に、
次の新チームは、息子が中心となってチームを
引っ張っていって欲しいと、先輩やコーチから
言われた。。


通常、普通にやっていれば、
息子はレギュラーとして、高校サッカーを
終えることが可能な位置づけにいるのだ。


この12年間、、
息子の為に、他の子供達にも協力をしてもらった。。
最後になるだろうと、値段の高いスパイクも
買った。。

色々な思いが募り、、、



私は息子に、、



何が何でも、レギュラーとして試合に出てくれ。
残り公式戦は、数回しか残っていない。
次回の公式戦は、出れなくても、
その次からは、レギュラーとして
試合に出てくれ。

と、初めて息子に、
私の独断的な願いを伝えた。


今まで、他の子供達も含め
家族が協力してきたことを改めて
言葉にした。


息子一人でサッカーを続けてきたのではない。。
その思いを伝えた。


敢えて伝えなくても、
息子は分かっているかもしれないが、

それでも、
息子に気持ちを伝えたのである。


私は息子に、家族の気持ちを背負わせた。。

それが良いか悪いかは別として、、、。。。

息子は、
黙ってその話を聞いていた。。