JSR65&JSR72 | 製作部長の徒然日記

JSR65&JSR72

こんばんは(^_-)-☆



今日はJSR65、72に付いてお話をさせていただきます。



製作部長の徒然日記


このロッドは前回ご紹介したUTR60より、もう少し重いリグまで対応出来る様な設計にしております。



即ち3gや4gのスプリットやMキャロも十分使え、その際にPEではなくモノフィラのラインでもその伸びを補う為にベリーに張りを持たせてあります。



製作部長の徒然日記



それ故アジのショートバイトにもアワセ遅れる事なく掛けて行く事が出来ます。



特にジグヘッドもですがミニMキャロとの相性が抜群で40m位沖の水深20mほどのディープで水圧の掛ったリグをファーストからスローまで色々なメソッドで操れます。



そしてシャローでも決してオーバーパワーになる事無く柔らかいフィーリングでリグを動かす事が出来るティップを持っております。



この2タイプは持ち運びに便利な様にツーピースになっており軽量ジグヘッドに対応する為かなり細身にしてジョイントもスピゴットを採用しより振り抜けがよい様にしてあります。




製作部長の徒然日記


当然感度に関しても申し分なくその感度を得る為のテストを何回も繰り返し、産卵時期のアジ特融のアミパターンで吸い込まないショートバイトをも確実に感じ取れる位に仕上がっております。



グリップはフロントにコルク、リアにEVAを採用しTICTの焼印を入れてあります。



製作部長の徒然日記 


そしてエンドグリップには、TICTのロゴが入っております。



製作部長の徒然日記

開発は、プロスタッフのフキ君の意見を多く取り入れ彼の理想に近付ける様にしました。



彼の釣りの特徴は正に ”攻めの釣り” です。



そのスタイルの特徴がよく出たロッドに仕上がっており、TICT流 掛けていくロッド!



そのコンセプトにぴったりのロッドに仕上がりました(*^^)v



そしてアジだけでなくメバルにも適しており実際にフキ君がつい1週間ほど前にブルーの尺メバルを二本このロッドで釣っております。



是非皆さんこのロッドを一度使ってみてください、ご自分のアジングが変わります!