クレイジー・リッチ | フィクション・スタジオ オフィシャルブログ

フィクション・スタジオ オフィシャルブログ

シナリオや会社情報、日々のあれこれ

「クレイジー・リッチ」2018米

 

アメリカのロマンティック・コメディ映画。

アメリカのメジャー映画でアジア系の登場人物しか出ないのは、

1993年の『ジョイ・ラック・クラブ』以来のことらしい。

主人公はアメリカ系中国人で、

シンガポールの富豪中国人との結婚話。

なるほど、アメリカの中国人から見たら他の国の中国人は

もう違う人種なんだなと。

冒頭明らかに『ゴシップガール』を真似していたけど、

そこまで洗練されてはいないかな。

けれどラストの○○○は不覚にも泣いた笑

台詞ではなく物で見せて感動させるパターンで、

『君の名は』の“すきだ”もこれと同じ。

こういう仕掛けをシナリオライターは考えなくちゃいけないのかと。

あと日本より物価が高いらしいシンガポールが

東アジア一の都市なんだと実感する映画。