ヴァレリアン 千の惑星の救世主 | フィクション・スタジオ オフィシャルブログ

フィクション・スタジオ オフィシャルブログ

シナリオや会社情報、日々のあれこれ

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」2017仏

 

リュック・ベッソンの最新作。ジャンルはSF。

傑作じゃないけどそれなりに見所はある。

実写の人間とCGの人間タイプの宇宙人が一緒に登場するけど

そんなに違和感がなかった。

 

20代の少年少女にしか見えない

若い時のディカプリオに似た少佐とキュートな軍曹の主人公が、

とにかく有能で万能なのが違和感があるのだけれど

原作が漫画らしいのでそこは目をつぶるところか?

 

近頃のSFは設定やガジェットが進んでいて

話についていくのが大変なところがあるけど、

この映画もそういう面は結構ある苦笑

ただオジサンにとっては現実が未来化して来ているので

このぐらいしないと未来感が出ない気はする。

 

デヴィット・ボウイの『スペイス・オディティ』で始まる導入は

雰囲気があるのだけれど

リュック・ベッソンという名前に期待すると違うかも。

子供が見るなら楽しいと思う。