南極料理人 | フィクション・スタジオ オフィシャルブログ

フィクション・スタジオ オフィシャルブログ

シナリオや会社情報、日々のあれこれ


テーマ:

「南極料理人」2009日

 

日本のコメディ映画。主演は堺雅人。

『かもめ食堂』を狙ったのかは知らない。

けれど最後まで特に惹きつけられなかった。

原作がエッセイということもあって

この映画はたまに日本映画にありがちな日記集の域を出ない。

何も起こらないし何も変わらない。

『かもめ食堂』の方がまだ何か感じる物はあった。

この映画は何も悪いことが起こらない悪い意味でフィクションで、

リアルじゃないからコメディとも言えない。

評論家が何を評価したのかじっくり聞かせて欲しい。

そんなにも日本人は疲れてしまっているのか。

映画ですら安定を、癒しを求めてしまうのだろうか、という映画。

外国映画で舞台が南極だったらこんな映画にはならないと思った。

フィクション・スタジオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ