読書も大好きです!

テーマ:
御宿泊予約電話番号 080-2024-5375(電話受付19時20分まで)
駒の小屋 ホームページ http://komanokoya.com/
メール info@komanokoya.com

2018・5・19
 
 
駒の小屋に早めにチェックインして
 
山頂~中門岳方面をお散歩
 
小屋に戻ってきてのんび~りと
 
コーヒーのみながら読書
 
夕餉はランプの灯の下で
 
小屋に集まったみんなと山話
 
 
 
このパターンで会津駒ケ岳を
 
楽しむ人が増えておりまっす
 
 
 
 
 
駒の小屋では山の本もちゃーんと
 
置いてありますよ~
 
 
私も本は大好きです、はい
 
 
 
一応、雑誌は
 
「山と渓谷」
 
「ワンダー・フォーゲル」
 
「岳人」
 
 
 
これらは毎月号をしっかりと
 
キープしておきますので
 
気になる記事があれば
 
下山して購入しましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ、それとそれと
 
駒の姉さんから
 
「アイゼンは雪の上ではずしてください」
 
との(命令)伝言ですよ~~
 
 
 
小屋の中までアイゼンはいてきたら
 
玄関が穴だらけになっちゃいます
 
 
おうちでもアイゼンはいて
 
畳の上などを歩きてはダメよ~
 
 
 
 
 
雪の上ではずす作業が苦手な
 
初心者のために
 
コンパネで姉さんが
 
「アイゼン脱ぎ脱ぎコンパニオン
 
を作ってくれました
 
 
 
 
 
というわけで
 
今日も今日とて
 
楽しい~~一日でしたよ~~
 




そんではみなさま
今日も元気に
↓1ポチリをよろしゅ~~お願いいたしまするぅ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
AD

森に還る日

テーマ:
御宿泊予約電話番号 080-2024-5375(電話受付19時20分まで)
駒の小屋 ホームページ http://komanokoya.com/
メール info@komanokoya.com

2018・5・11
 
 
東北の山々を歩いていると
 
その森の奥深さに驚かされる
 
 
 
 
 
この萌黄色の美しい森から
 
人は生まれてきたんだ
 
 
 
 
 
 
だから、東北の山々は
 
「山に行く」というよりも
 
「山に還る」という方がしっくりとくる
 
 
 
 
 
 
 
生まれた場所に戻るんだ
 
 
 
 
 
 
 
母親のもとに帰る
 
そんな安心感がそこにはある
 
 
 
 
 
森を歩いて
 
今日も元気をもらおう




そんではみなさま
今日も元気に
↓1ポチリをよろしゅ~~お願いいたしまするぅ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
AD

CREA6月号に駒の小屋が!

テーマ:
御宿泊予約電話番号 080-2024-5375(電話受付19時20分まで)
駒の小屋 ホームページ http://komanokoya.com/
メール info@komanokoya.com

2018・5・4
 
女性の皆様の
 
ファッションやビューティー、ライフスタイルを
 
特集している雑誌「CREA」おーっ!
 
 
御存じの方も多いと思いますドキドキ
 
 
 
 
その6月号に注意
 
 
 
 
ニャント
 
駒の小屋が紹介されているじゃぁ、
 
ないですかぁあっ
 
 
 
 
 
何かの間違いじゃないか
 
と思ったあなたガクブル
 
ほれ、これみてちょキラキラ
 
 
 
 
アウトドア特集ですね~~
 
 
 
 
山の写真家 野川かさねさんお薦めのありがとうございますありがと
 
山小屋がいくつか紹介されておりまして・・・sei
 
 
しらびそ小屋さん、嘉門次小屋さん、
 
三斗小屋温泉大黒屋さん、北穂小屋さん
 
といったいわゆる大御所チョキ
 
とならんで、幸
 
 
 
 
こともあろうに
 
思いがけずに、
 
え~~ビックリ、
 

 
駒の小屋が
 
紹介されておりますヤァ
 
 
 
 
 
なぜ、駒の小屋が取り上げられているかというと
 
 
 
CREA編集部に頼みに行ったんです音譜
 
 
 
6月号に
 
駒の小屋を
 
載せて
 
クレア・・・アセアセ
 
 
 
 
 
え~~~
 
おあとがよろしいようで・・・ごめんなさい





そんではみなさま
CREAを買ってクレア!
↓1ポチリをよろしゅ~~お願いいたしまするぅ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
AD