アメ車の基本/車検編 2008シボレーエクスプレス | AITHON CARS BLOG

アメ車の基本/車検編 2008シボレーエクスプレス

 

今回は、アメ車の基本/車検編 2008年モデル シボレーエクスプレス は 車検に通るのか!?

 

って 話ですが、 結論から言うと もちろん車検には合格します。

 

ただ、 2008年モデルってのが胆。 

 

2006年/平成18年 モデルや 2007年/平成19年 モデルから 車検で必要な部分の基準が 古いモデルの基準と異なります。

 


 

シボレーエクスプレスだけに限った話ではありませんよ。 2006年以降の全てのモデルに関して書いています。

 

 

上の写真で、フォグランプの場所が 2006年以降のモデルでは 指摘されます。

 

「 照明部の上縁(レンズの上のふち)の高さが、地上から800mm以下 で ロービームヘッドライトレンズよりも低い位置。 

下縁(レンズの下のふち)の高さは、地上から250mm以上 。 外縁(レンズの外側のふち)は、車体の最外側から 400mm以内 。」

 

と、決められているので、このエクスプレスの場合は 車体の外側から400mm以上の場所に取り付けているので  車検不適合。

 

ちなみに、フォグランプは 白色又は淡黄色で 色は統一。互い違いの色は不適合になり、ブルーやグリーンも不適合です。

 

いやー 書き間違えない様に保安基準の告示を見て確認していますが、 日本人なのに日本語が分かりにくい・・・ 

フォグランプの事を「霧灯」で、フロントにあるフォグランプは、 「前部霧灯」。 んー日本人だけど使った事ないよねw 「全部無糖」って考えてまうw

まぁ俺みたいなのは、試験で問題文を理解できずに失敗するタイプw  経験済み。

 

エクスプレスには、オリジナルでフォグランプは付かないので 後付けのフォグには注意が必要ですね。

 

んで、次は 車幅灯(ポジションランプ)とウィンカーの色の問題。 

 

一見問題無いと思います。

 

必ず ウィンカーバルブの色は、オレンジ(アンバー)と決められています。 これは絶対です。

 

で、車幅灯(ポジションランプ)は このモデルだと オレンジ(アンバー)は不適合となります。

 

ただし、ウィンカーの点滅と車幅灯(ポジションランプ)を一緒に使っている場合は、オレンジ(アンバー)で問題ありません。

(でも、ウィンカーとポジションが一緒の場合は ウィンカー点灯時にポジションは消灯が必須(これは昔からある基準))

 

ウィンカーと車幅灯(ポジションランプ)が分かれている場合は、車幅灯(ポジションランプ)の色は白色にしないとダメです。

 

2006年/平成18年 以降のモデルは、この定義に当てはまります。  

 

 

↑ こうゆう事です。 車幅灯を白にしてウィンカーはそのまま。

 

って言うことは、この場合の このレンズをオレンジ色にした場合は 車検不適合になります。

 

で、最後にコレ ↓

 

 

右ハンドル車だと、「直前・直左」の確認が必要になりますが 左ハンドルの場合は「直前・直右」の確認になります。

 

この写真の黄色いサンドバックみたいな奴にも書いてありますが、 直径30cm高さ1Mのコレを 車の前方と助手席側(右ハンドルだと左側)に置いた場合、運転席から確認できるか否かの点検が入ります。

 

これは、子供を想定しており クルマから目視できる状態にしないといけません。

 

もちろんアメ車でも確認が必要になります。(並行車の場合 2007年/平成19年以降のモデル)

 

日本車に装着されている 「ガッツミラー」は、この為にあります。

 

装着していても ↑ んな場合は 不適合になります。 昔は貼付けでOKの時もあったようですが、今は完全にOUTです。

 

よくあるのは、「カメラ配線 」 ですね。 

これで前回は通したと言い張る方がたまにいらっしゃいますが、それは ただ「ラッキー」だっただけ。

 

このエクスプレスには、ドアミラーにカメラは付いていたのですが、

広角レンズで無かったのと 配線の露出とフロントカメラは何をやっても映らなかったので、今回は新しくカメラを装着しました。

 

 

↑は、直右が確認できる様に

 

 

 

↑は、直前が確認できる様に カメラを装着。

 

フロントカメラは、室内から映す事もOKですが 「フロントガラスに貼り付けは不可」となります。

 

このエクスプレスも、カメラを室内にしようと思いましたが いまいち直前確認が微妙だったのと

車検時だけでなく、実際に確認出来る様にしたいと お客様のご要望もありましたので フロントグリルになるべく目立たないカメラを装着しました。

 

 

 

実際の検査では、検査員が運転席に乗って 直前直右の確認をし カメラの取付部を入念に確認してクリアとなりました。

 

※直前直右の確認は、モニター画像の切り替えが出来る状態で問題ありません。

 

今回の2008年シボレーエクスプレスは、昔のクルマと違い 改善が必要になる場合があります。

 

書いていて思いましたが、後方が一番死角な気がしますけど 今の所車検の定義には大きく変更はないようです。

 

 

あと書き忘れていましたが、車検で一番確認が必要なのは、古いモデルも新しいモデルでも 

 

車体番号 と 原動機の型式」 が 車検証と一緒かを確認します。

 

このクルマは、原動機の型式が職権打刻となっていたので

 

 

エンジンに日本で打った打刻番号を確認します。

 

 

このエクスプレスは、エンジン下のセルスターター側(助手席側/右) エンジンブロックの狭い所に打ってありました。

 

 

 

この確認が出来ないと車検は完了しません。

 

原動機の型式の内容は、アイトーンカーズのブログで毎回上位にアクセスがある記事「原動機の型式は重要」 にもう少しだけ詳しく書いてあります。

 

この職権打刻は、輸入されて最初に登録した 都道府県の漢字が入るので、エクスプレスはこの番号って事ではありませんからね。

 

とりあえず アメ車の基本/車検編 シボレーエクスプレスは こんな感じ。

 

あとは、基本的な部分 サイドスリップ/制動力/スピードメーター/ヘッドライト/排ガス/下回り検査 をクリアして終了って感じです。

 

ご自身で車検に行かれる方は、確認された方が良いと思いますよ。

 

車検を業者さんに出す方も、改善費用を抑えたいのなら 先に確認した方がいいですよね。

 

ぜひ参考にして下さい。

 

 

最後に、

こんなブログを書いていて何なんですが、

 

ご自身で車検を受けて 落ちてしまったから やって下さいってご依頼される事がたまにあります。

 

アイトーンカーズでは、そのパターンは基本受け付けしません。

 

それと、今車検場でタイヤを指摘されたので ホイールを貸してくださいってご依頼も お断りしています。

 

ご自身で車検を行う場合は、自分でケツが拭ける方が行った方がいいですよ。

少なからず自分のケツを拭ける人は、クルマの事を理解して乗られていると思うのですが

自分のケツも拭けない方は、ただただ 安く抑えたいだけで 愛車精神が無い方が多いんで。

 

それと、最近は無くなりましたが 「何もやらないで車検を通して」 のご新規様のご依頼は、お断りしております。 

バッテリーが上がるけどバッテリー交換しないで車検を通してとか、ブレーキパッド無いけど車検通してとか、・・・

実際昔あった話ですが、 言っている意味が分からないのでお断りしておりますw

 

このネタで、ブログ書けますねw