シボレータホ エアコン修理/風量が弱い | AITHON CARS BLOG

シボレータホ エアコン修理/風量が弱い

 

まいどっ! 今回は、修理のお問合せが多い シボレータホのエアコン修理作業。

 

こちらのタホは、室内のエアコン風が弱く まったく涼しく感じられないとの事で、風量を強くする目的の修理依頼です。

 

現状を確認すると、風量を最大にしても 運転席側左からのエアーダクトからは かなり弱い風。

 

真ん中と助手席側からは、風が出ていますが 最大の風量からはやや弱い感じ。

 

フロントガラス側からは、スイッチをデフロスターに入れていないのに風が常に出ている状態。

 

なので、ブロアモーターからの風がフロントガラス側に逃げている為、正面からの風が弱くなっている状態と考えられます。

 

バキュームを使用しているエアコンシステムのアストロとかは、バキュームラインがリークすると同じような症状になります。が、

 

タホ/サバーバン/C/Kなどは、バキュームを使用せずに、モーターを動かして風向きを切り替えています。

 

 

↑の写真がエアコンブレンドドアアクチエーターモーター。 これが動いていなければ、このモーターまたはスイッチが原因ですが、

 

調べていくと、これにつながるフラップが内部で外れているのを確認。 

 

どうしてもエアコンユニットの中の問題で、分解しないと治せない為 ダッシュボードAssyを取外しエアコンユニットの修理となりました。

 

ここから ステアリングも取外し ダッシュボードAssyを取り外します。

 

 

ダッシュを外すと、車両の真ん中から助手席側ブロアモーターが付いている所までがエアコンユニットケースになります。

 

ケースの真ん中にあるアクチエーターモーターは、温度調整で動くモーターになります。 一番右にあるシルバーの部分はブロアモーター。

 

 

↑の汚れたスポンジが付いている部分が、デフロスターと正面の風を切り替えている部分。ここから風が出てきます。

 

覗き込むと・・・ ↓

 

 

フラップのシャフトが落ちています。 ここが原因でデフロスターに行く風を塞ぐことができず 風量が弱くなった原因です。

 

ただ なぜシャフトが落ちて外れてしまったのか?  それは、・・・

 

 

フラップの周りのラバーが、なぜか溶けて欠損した為 シャフトの遊びが大きくなりシャフトが外れたと思われます。

 

フラップのラバーが何故溶けたのかわかりませんが、もしかすると 室内の臭いを除去するクリーニングの液剤が原因かもしれませんね。

 

 

フラップを強制的に塞いでも かなりの隙間ができていますね・・・ 風量が弱くなったのもわかります。

 

 

新しいフラップに交換。 (ACデルコ製)

 

新しいフラップは、 隙間なく密閉されました。 多少の隙間はスポンジテープを使用してフラップに挟まない様に取付。

 

作業組み上げ後、運転席側左のエアコンからの風は かなり強い風が出てきました。

 

左側からの風が弱い車輌は、今回の様な症状になっているかもしれません。

 

これで涼しい風にあたりながら 今年の夏は過ごせそうですね!

 

今回交換した部品

デフロスター側ブレンドドアフラップ1個/正面用ブレンドドアフラップ1個/足元用ブレンドドアフラップ1個

風向き切替用アクチエーターモーター 1個/ 温度調整用アクチエーターモーター1個/内外気用アクチエーターモーター1個

ブロアモーター1個 / エバポレーター /ヒーターコア /レシーバータンク /オリフィスチューブ 各油脂類(コンプレッサーオイルやLLC)

 

ダッシュボードを外した時に、交換できる部品は交換した方が二度手間にならないですよ。

 

次のブログは、この作業の続きでエアコン エバポレーターを交換などを書きたいと思います。

 

 

#埼玉県草加市吉町 #アイトーンカーズ