エコノライン 車検メンテナンス | AITHON CARS BLOG
2018-01-18 23:40:47

エコノライン 車検メンテナンス

テーマ:フォード/リンカーン

まいどっ!

今回は、いつもお世話になっているお客様のフォード E150 エコノラインの車検メンテナンス。

 

車検には関係ありませんが、

ラジエターリザーバータンクの汚れが お客様も気になされていたので新しい物に交換。

 

もう中身のクーラントが汚れているのか分からないくらいでしたが、

 

交換後、スケスケになってクーラントの状態も分かりやすくなりましたね。

 

ちなみにフォード純正ラジエタークーラントの色は薄いイエローです。

シボレーのデキシクーラントは、オレンジ色になります。

スロットルボディの点検と洗浄。

この2000年フォードE150は、普通のワイヤー式スロットルとなっています。

最近は、どのメーカーも電子制御のスロットルボディに変わりましたが、汚れが溜まるとトラブルを起こします。

ここは、定期的な洗浄が必要ですが パーツクリーナーや昔のエンジンコンディショナーのケミカル類での洗浄は危険です。

 

洗浄液自体が導通する物だと、電子制御システムでショートを起こす可能性が高いです。

それとスロットルボディは特殊なコーティングでおおわれています。

それを適合しない洗浄剤で剥がしてしまうと、エンジンの調子が悪くなる場合があります。

 

電子制御のスロットルボディは、メーカーにもよりますが手で弁を開けない方が良いです。

スロットルポジションが狂ってしまう場合があります。

まぁここは、意外と下手に手を出さない方が安全です。

エンジントラブルの依頼でたまにあるのは、ここをご自身で洗浄後に出るトラブルがあったりします。

修理に高くついてしまう事もありますよ。

 

このブログを読んでいただいている方が勘違いされても困るので書いておきますが、

僕は皆さんに、愛車をご自身でメンテナンスをして欲しい とは全く思っていません。

なので、作業の詳しいやり方などのお問合せがありますが、

ごめんなさん。お問合せをいただいても詳しく教える事はありません。

僕は、クルマは乗るだけ眺めるだけではなく 基本的な構造だったり簡単な車検の定義だったり、

少しでも長く愛車と付き合ってもらうためのヒントみたいなもので・・・

車種が中途半端に古いから微妙かもしれませんがw。

 

完全にエコノラインから話が反れましたね。

 

 

 

アイトーンカーズ さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス