このブログは、とある地方都市に住む主婦が、障害児育児や日々の生活について綴っているブログです。

 

息子のステータス

3歳

軽度知的障害(2歳半の時に診断)

身体発達遅れ(1~1年半)

 

今日はわが家の嫁姑関係について。

 

現在わが家と義実家の関係は良好です。

義実家は近距離にありますが月1~2回は夕飯にお呼ばれさせてもらっています。息子のことも可愛がってくれ、緊急時には快く託児も引き受けてくれます。旬の食べ物のおすそ分けもしてくれ、正直自分の実家よりも良い関係です。

 

ただ、最初からこうだったわけではなく、むしろ一時期、特に産後はやや険悪ともいえる関係でした。

私が一番辛かったのは、睡眠時間がまともに取れない産後数か月の時に、義母に何度もアポなし訪問をされたこと

 

「正直やっと寝れた時に突然来られると寝不足が厳しいので、連絡なし訪問はやめてもらえませんか?」

と極薄のオブラートに包んで伝えたのですが、

「nachiさんは寝てていいから気にしないで~!」

と伝わらず。

夫からもオブラートなしでややきつめに言ってもらったのですが伝わらず。

 

寝不足もそうですが、自分の身なりも家の掃除にも気を使えない時期に突然来られるのは、とてもストレスが溜まりました

このままではいかん・・・と思った私が取った方法は、

 

THE 居留守

 

ピンポンを鳴らされても、ドアをドンドンノックされても、「家の中で倒れてるのかも!」と夫に連絡されても、徹底居留守

そうすると義母はやっと事前にメールで連絡するようになったのですが、「今から行くわ!」「あとで行くわ!」という突然だったり来る時間が良く分からない連絡の時は、返信せず。そういう時は来られても居留守

 

たまに会った時に、

「昨日nachiさんの家に行ったのだけど・・・」

と義母が何か言いたげな顔をしてきても、

 

「本当に最近きつくて、寝てたら宅配の人が来ても気づかないんですよね~」

「携帯の音で起きちゃうから、基本的に完全マナーモードなんです。着信気づかなくてすみません~」

 

と語尾にてへぺろ☆が付きそうな勢いで返していました。

 

そんなことを続けていたら、いつの間にかアポなし訪問はなくなり、

 

「おすそ分けの果物、nachiさんちの宅配BOXに入れといたから、回収よろしくね!」

 

とメールをくれるまでに(笑)

 

ただ私も冷たい対応をしてしまったな、という自覚はあったので、息子の睡眠時間が安定してからはこまめに息子を連れて義実家に遊びに行くようにしました。

 

そうしていたらいつの間にかスタイルが、

 

義母がうちに来る→わが家が義実家へ行く

 

に代わっていました。

これが楽なこと楽なこと・・・。

義母はいつも手の込んだ料理で迎えてくれるので、私はスイーツと息子を手土産に。

元々もてなし好きの義母と、ダラ主婦の私、息子も義母に懐いてWin-Win-Winの結果に!(笑)

 

突然来られていた時は、正直義母に、

このババア・・・

という感情があったのですが、今では、

お義母さんの料理美味しい!義実家行くの楽しみ!

に代わりました。

 

同じ回数会うのでも、アポ有りとアポ無しでは全然ストレスが違います。

 

 

あからさまな居留守を使ったのは人としてどうだったかな・・・と思うこともありますが、あの時思い切った行動に出た結果、今の良好な関係に繋がったのだと思います。あのまま我慢し続けていたら、いつか大爆発を起こしていたのは間違いない(笑)

 

言葉で言っても分からない人には、こういう対処法もあるということで(^^)/