不登校は不幸じゃなかったら、困るわけ。 | 手相で見つける私の人生の歩き方

手相で見つける私の人生の歩き方

あなたの未来を変える手相鑑定カウンセリング
未来はもっと素敵になる!
手相で、幸せへの最短ルート見つけます。

こんにちは、國本ひろみです。
 
「不登校は不幸じゃない」という子がいましたが、
 
「不登校は不幸」だからこそ、
 
その機能をはたしていたという、
 
あたしンちの話です。
 
 
私は、こうありたいっていう理想の家族の在り方を持っています。

結婚当初から、一緒のところもあれば変わったところもありますが、とかく子育てについては、大幅変更をしました!
 
25年前に、私はこうありたい、こうあらねばと、
 
誰に命令されたわけでもなく
 
なんとなく理想を作って、ソレになろうとしてきました。
 

なんとなくの理想の仕入れ元は、
 
親からの助言、TVやCMなどからの明るいイメージなど。
 
自分の中にないソレを取り入れようと、一生懸命になりました。
 
 
私の、「よい母」の定義は、
 
子どもを甲斐甲斐しく世話すること。
 
子どものことは、お母さんならなんでもよく知っていて、世界一の味方でいること。
 
ときに厳しく叱ること。
 
だから、
 
子どもは、アトピーやアレルギー症状を引き起こし、甲斐甲斐しくお世話させてくれたし、
 
「味方」になるために、
家に遊びに来たときカードを盗
んだ友達に怒るシーンを作ってくれたし、

門限に遅れたら、締め出し大声で叱り、
ご近所に「しつけ」しているとアピールさせてくれました。
 
そんなこんなの すったもんだがあって
 
子どもは不登校から引きこもりになりました。
 
それはそれは「大問題」でした。
 
 
なぜ!?
 
こんなに一生懸命に頑張ってきたのに、
 
なにゆえこんなことになるんだーー!?
 
って。
 
 
でも、下の子どもも、考えたら不登校だったのですよ。
 
「考えない」と気づかないぐらいって?
 
小1から、だんだん学校に行かなくなり、
 
下手したら、PTA活動をしていた私の方が登校日数が多いぐらい。
 
おかげで中学に入っても、まだ九九がうろ覚えだった状態で、
 
学校に行かなくてもいいけど、勉強はした方がいいと思い、そこは、さすがにちょっと問題かもと思っていました。
 
 
しかし、
 
「不登校」という同じ出来事なのに、
 
かたや問題で、かたや問題ではないって、
 
どういうこと!?
 
それは、相手をどれだけ心配しているかどうかという差だと思うのです。
 
心配するということは、大丈夫かなーと信用していないことで、
 
ということは・・・
 
上の子は信用できなくて、下の子は信用できるって
 
ひどくないですか?
 
だから、

私のねらいは、
 
信用できない状態にして、子どもを心配する私の出番を増やしたいだけなのです。
 
なぜならば、それが「お母さん」だから。

 
なので、
 
「不登校は問題」=「不登校は不幸」ということで、
 
ワタシてきに、その機能をはたしていたわけです。
 
それは・・・

おかしい、変だ!!
 
 
何考えてんの!?
 
アホかーーー!
 
と気づいたら、
 
「問題」は「問題」ではなくなり、
 
長男は「引きこもり」の必要はなくなり、1人暮らしをはじめたし
 
長女は「勉強しない」の必要もなくなり、塾に行きはじめ、ちゃんと高校に合格しました。
 
 
カンタンに言いましたが、
 
ほんとうにそうなんです!!

もうちょっと詳しく教えて、ですか?

わかりました。

では、こちらをどうぞ!!
↓↓↓

 
 
 
UMIマスターコース10期は、5月募集7月開講です。
 
 


 

起業女子のための動画
【時短・簡単!!女子ビジネス講座」の動画講座】

●自分流ビジネスを構築する方法

●オンラインセミナー&動画セミナーの作り方

●ブログの書き方「時短、カンタン、もう書いたん!?」

詳しくはこちらです。