引きこもりなのに、社交線があるのはなぜ!? | 手相で見つける私の人生の歩き方

手相で見つける私の人生の歩き方

あなたの未来を変える手相鑑定カウンセリング
未来はもっと素敵になる!
手相で、幸せへの最短ルート見つけます。


テーマ:
こんにちは、國本ひろみです。  

UMIの同期の高橋ゆりちゃん。
 
1年ぶりに手相を見せてもらったら、変わってた!
 


人差し指の間にあるこの斜めの線が1年経ったら薄くなってるんです。

↓↓↓↓消えた?
 
この線は、「社交線」です。

社交線!?

たしか、ゆりちゃんは、少し前まで
 
「私は引きこもりで社交的ではない」と豪語していました。

そのときに「社交線」があって、

お茶会などに顔を出すようになって、

社交的になったら「社交線」が消えたのはなぜ?
 
それは、「社交的なのが苦手なんだよ」とそこに意識をして、ある意味執着していたからではないかと思われます。
 
この線は、
 
自分の意見をはっきり持ち、自分のペースで進めていきたいタイプ。
 
私はこれが好きで、これが嫌いなんですーー!
 
って、しっかり伝えなきゃっていう、
 
主張したい気持ちが手相に出ていたんですね。

だけど最近は、あんまりワーワー言わなくなった。

どう?ゆりちゃん。
 
(右端・ゆりちゃん)
 

自分がわかってればいいやと言うのがあるから、確かに主張はしなくなったかも

嫌なことを依頼されたら断るけどね

手相、面白いなー

 

ゆりちゃん、気持ちが軽くなった感じ~丸くなったね~^^
 
だから、その意識の軽さ分、この線も薄くなったと考えられるわけです。
 
で、実はゆりちゃんには社交的なところがちゃ~んとある。

ほら、本質をあらわす左手にね^^
 


思いが手相に出ます。

手相はとっても正直だから。
 
脳と直結しているから。

そして、思いが変わると、手相も変わるのです。

やっぱ、面白いね^^

 


 

 

絵本de手相心理カウンセラー 國本ひろみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント