JBLアンプ取付/ NISSAN GT-R NISMOトラックエディション | airou.japanのブログ

airou.japanのブログ

静岡県静岡市葵区にあるAIROU-JAPAN(アイルージャパン)
のブログです。主に自動車事業と写真、映像のことを書いています。

日産GT-Rの音響をさらによくする今回の作業は、JBLのアンプ取付です。

まず、前回までにスピーカー交換とデッキアンプ検証作業をしてやりたくない・・・と思っていたこの作業。理由としては通常のデッキと違いデッキからアンプはライン入力、アンプからスピーカーは2Ωの出力の様でこれは日産の整備士に聞いてもハイパフォーマンスセンターに聞いてもさっぱり不明。アンプ配線とデッキ裏配線を一つ一つ解析していく必要がありかなり面倒な作業となります。

ですが、オーナーはスピーカーが変わり大幅に良くなった音をさらに良くしたいと相談=強制の指示です。

そこで今回選んだのはアメリカ高級オーディオメーカーのJBL。

このアンプを選ぶ理由はオーナーの指示ともう一つは抵抗値。通常カーオーディオは4オームのスピーカーやアンプが使われているのですが、GT-Rは2ΩでJBLは3.5Ω。

一番2Ωに適合しそうなアンプなのでこちらをチョイス。

2Ωのアンプに4Ωのスピーカーがついており全体的にボリュームが小さくなるのでこれで改善していきます。

今回のアンプJBL GX-A604は4chの入力と出力があるのでフロント左右とリヤスピーカーにはちょうど良い訳です。また、このアンプには低音増幅機能やハイパスフィルター、ローパスフィルターも搭載されておりさらにサブウーハー出力も持っています。

写真青白赤黒コードはスピーカー入力。丸い中央の赤白4箇所はライン入力。左右のスイッチで音の周波数帯を変更します。

R35GT-Rは助手席下に純正アンプがあるのでそこから電源とスピーカー出力等を取ることが出来ますので順番に検証していきます。

 

ここに数日・・・・

助手席下のこの部分が純正アンプです。

 

そのとなりに発泡スチロールが入ったスペースがありその発泡スチロールを取り出すとぴったりサイズのスペースが生まれますので配線処理と熱対策として下と上にスペースを取り設置します。

 

配線図はまた作成してみます。

これで大幅にパワーが上がったR35。

アンプの調整次第ではスピーカーがついてこれないくらいの音が出ました。

 

この作業でGT-Rは大幅に音が変わりよくなります。

この車の元々1600万円なのですがついているスピーカーはマーチと同じでした。

 

走りに負けない音に変貌。しかもローコスト。

純正BOSEにも負けない音になったと思います。

 

GT-Rはまずスピーカー交換。

次に防振。

さらにアンプ別のオーディオに変わりますので皆さんもやってみてください。

 

今回使用したアンプは

JBL GX-A604 市場価格 16000円程度と格安です。

軽量で省電力。そしてパワーは充分。まさに走りのGT-Rにもおすすめです。

 

スピーカーはこちらを取付ましたが在庫切れの為既に手に入らないでしょう。

次回は同じJBLのスピーカーで試してみるのも良いと思います。

 

今回の取り付けは

静岡市のカーナビ取付AIROU-JAPAN(アイルージャパン)

airou.japan@gmail.com

http://airou.sakura.ne.jp/airou/

 
静岡県静岡市葵区
AIROU-JAPAN (アイルージャパン)
出張作業と通販業務のみのため実店舗はございません。
080-9456-5523
メール
ホームページ
ヤフーショッピングページ