現エアリッジ生がマリンドエア✈チャーター便に機内通訳として搭乗!(乗務体験紀) | エアリッジのブログ

エアリッジのブログ

客室乗務員やグランドスタッフなど、エアライン就職を目指す方へ、様々な情報や最新募集情報をご案内!


テーマ:

マレーシア クアラルンプールが拠点のLCC「マリンドエア」から

関西空港~コタキナバル 5日間のチャーターフライト船における「機内通訳」

の依頼が飛び込んできました。

対象は「エアリッジの生徒さんであること」ビックリマーク

 

実際の機内飛行機で乗務を経験でき、

マレーシアの人気のリゾート地やしの木「コタキナバル」に5日間の滞在ができるなんて、

夢のようなオファーにスタッフ一同胸を躍らせましたラブラブ

空で働く夢に挑むエアリッジ生の中から選出し、Mさんに行っていただくことになりました。

LCC各社が激しく争う東南アジアの中で、マリンドエア」はレガシー顔負けのサービスが魅力音譜です。

何と、機内食がフリーで液晶画面で映画鑑賞ができ、プレミアム感満載アップです。

その往復の便の機内で、機内アナウンス、お客様の対応など行い、

日本人のお客様と現地クルーとのコミュニケーションの通訳をしたり、

離陸前に緊急時の注意事項を非常口付近にお座りのお客様にご説明をしたり、

とても有意義で貴重な経験をしてこられました。

コタキナバルのサンセットは世界でトップ5にランキングされるほどの美しさ目だそうです。

 

≪Mさんのコメント≫

ベル機内インタープリターの業務は機内アナウンスからスタートし、はじめは緊張しました。

予め、エアリッジで機内アナウンスを練習して臨みましたが、アドリブで対応する場面が多く、

語学力が試されたように思います。

CAさんとのコミュニケーションもとることができ、業務の中からたくさんのことを学ぶことができました。

特に、お客様との距離感について勉強になりました。

私が通訳をする度に「本当に有難う」と伝えてくれる姿勢は暖かく、とても嬉しかったです。

現地コタキナバルでの滞在は、多くの観光スポットに足を運び、毎日とても充実した時間を過ごせました。

機内業務を通して客室乗務員になるための学び、通訳体験、また、初めてのコタキナバルでの旅で

感性が養われ本当に素晴らしい経験となりました。

この経験を必ず今後の私のキャリアに活かして素敵な客室乗務員になりたいと思いますベル

 

 

エアラインスクール エアリッジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス