・グランメルヴィーユ(メル子)その後

■中央から地方へ
残念ながらその後も勝ち星をあげることができず、11戦0勝で中央競馬での戦いを終えることになりました。
しかし、そのまま引退はせず、笠松競馬の後藤厩舎で第二の競争生活に入りました。
そして移籍から2戦目でついに勝利することができ、それから1年、今も丈夫に走り続け、現時点での地方通算成績は19戦3勝2着6回3着4回と、安定した成績を残しながら頑張っています。

潜在能力は低くなかったと今でも思いますが、敗因の全ては気性が悪かったことに尽きます。結局最後までコース、距離適性などもはっきりすることができず終いでした。競走馬にとって気性がいかに大事かということを学びました。
彼女には第二のステージである笠松競馬で怪我に気をつけていつまでも頑張ってもらいたいです。そして、できることならいつの日か、第三のステージである繁殖に上がり、その産駒がキャロットクラブで募集される日を夢見たいと思います。

・グラントリアノン(トリ男)その後

■平地から障害、そして草競馬へ
メル子に続きトリ男も、3歳秋での引退は免れ障害に活路を見いだそうとしたものの、惨敗に終わってしまい、そのまま引退となりました。
残念ながら中央で勝ち星をあげることができなかったのですが引退後、何と長野県塩尻のイベントで草競馬に出走、見事1着になったそうです。いまもきっと元気に余生を過ごしていることでしょう。

全13戦中、7回で掲示板にのるなど、血統通りの長距離での安定した成績、遅咲きの傾向にありました(分かってて出資したのですが)。
3歳の春後半2400~2600のレースで2着、3着、3着と惜しいレースが続いたこともあり、1勝さえできていれば…との思いが非常に強いです。
振り返ってみると、デビュー戦での川田騎手落馬による急遽乗り役の変更から少しずつ歯車が狂っていったような気がします。最後も障害ではなく 500万下の長距離線を試してもらったけど、叶わず終いでした。しかし、上にも書いた通り、引退後も元気にしているみたいでうれしいですね。

AD

・グランメルヴィーユ(メル子)

■公式ページより
28日の京都競馬では中団追走から、直線馬群の中からジリジリ伸び5着
「まだ体が緩い感じがしました。もう少し力をつけてキリッとしてくれば走ってきますよ」(秋山騎手)
「牝馬同士なら力は上位だと思ったが、追い出されてからちょっと案外だったかな。レースを使うとカリカリする気性だから、この後は短期放牧に出します」
2日に宇治田原優駿Sへ放牧予定。
「終い伸びそうで伸びなかったね。馬場入りの時にうるさい素振りを見せていたし、馬体も多少寂しいので、放牧でそのあたりが解消すれば楽しみです」(池添師)

結局、池添息子は他の持ち馬とレースが被ったためそちらに騎乗し、メル子には秋山騎手が跨ることに。今回は道中不利もなく、しっかり先行することが出来たことがまず良かった。しかし、直線でなかなか伸びず、後ろから来た馬に一頭交わされて5着。まずまずでした。明日から短期放牧ということなので、英気を養って落ち着いて帰ってきてくれることを願います。

・グラントリアノン(トリ男)

■公式ページより
1日は調整程度。今週は2日か3日に追い切る予定。
「故障馬のあおりを受けた前走後は、何かしら痛いところが出るのでは、と心配していましたが、今のところまったく心配ありません。運が良かったのもありますが、この馬の持ち味でもある柔らかさのおかげでしょう。いい状態で次走を迎えたいですね」(安田助手)
11日の福島競馬(2歳未勝利・芝1800m)に藤岡騎手で出走予定。

次走は11日の福島未勝利戦に予定通り行けそうです。勝ち上がるのはまだ先かな、と思いますが、着実にレースに使えることは何よりです。

AD

・グランメルヴィーユ(メル子)

明日の京都2Rに、メル子が出走します。これまでのレースと違い、流れが速くなりそうな多頭数の1600m戦と、現在の実力が試されるレースになりそうです。新馬戦で2着だった馬や善戦してきた馬が結構顔を揃え、牝馬限定戦といえど楽なレースにはならなさそうです。まだ完璧には馬体も戻っていないみたいですが、今度こそうまく前にとりついてスムーズなレースをして欲しいです。
今回跨るのは秋山騎手です。今期60勝を挙げ、人気薄のビーナスラインでで函館SSも勝っています。そんなに甘くないとは分かっていますがここはひとつ、前走以上の成績を期待したいところです。

AD

・グランメルヴィーユ(メル子)

■公式ページより
25日は栗東坂路での追い切り。終い1ハロン13秒0を計時。
「バーコードの読み取りエラーで終い1ハロンしか時計は出なかったけど、おそらく54秒ぐらいで来ていると思う。いい感じですね」(池添師)
いいですよ。ちょっと行きたがる面はありますが、終いまでしっかりしているし、このひと追いでグッと変わるんじゃないかな」(池添騎手)
当初は29日の京都競馬(2歳未勝利・芝1800m)への出走を予定していたが、想定メンバーなど考慮して、28日の京都競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)に出走予定。

息子です、牝馬限定戦です!!!これはチャンスじゃないでしょうか?実はこの馬、混合戦に出てはいましたがまだ牝馬には先着を許してないんですよね~。6→4→2?

・グラントリアノン(トリ男)

■公式ページより
22日の京都競馬では中団追走から直線伸びるも勝ち馬には大差をつけられてしまい3着。
「道中の落馬は危なかったですね。ただうまく落馬した馬をかわしてくれました。外々を回ったにもかかわらず、しっかり差を詰めてくれたように能力を感じることができます。また綺麗な走りをする馬なので先々が楽しみな馬です。とりあえず今日は無事に走ることが出来て良かったです」(藤岡騎手)
「故障馬のアオリをまともに受けましたが、幸い馬体に異常はなくレース後も問題ありません。輸送があるので馬体の状態を確認しながらですが、今のところ福島のレースを考えています」(作田師)
11月11日の福島競馬(2歳未勝利・芝1800m)を視野に入れている。

こないだのレースは1着2着に大差をつけられ、最後の直線では落馬した馬が足下に転がってくるというひやっとさせるレース、でも結果的には3着と出資馬最高着順でした。そして前走後も元気で何よりです。11月11日相手の薄そうな福島1800m戦、ぜひ体勢を整えて出馬して欲しいです。

・グランメルヴィーユ(メル子)

■公式ページより
18日は栗東坂路での追い切り(53秒2-39秒8-27秒3-14秒2)
「テンに掛かって行って、終いがバタバタになってしまいましたが、息の入りもいいし馬体はしっかり仕上がっています。体重も前走前ぐらいまでは戻っていますし、カイバも食べているので体調面も問題ありません」(池添助手)
29日の京都競馬(2歳未勝利・芝1800m)に出走予定。

馬体は戻りつつあるみたいでひと安心。あと一週間、無事に過ごして欲しいです。

・グラントリアノン(トリ男)

■公式ページより
18日は栗東DWコースでの追い切り。
「全体の時計はそれほど目立つものじゃないけど、動き自体は先週の追い切りよりずっとよかった。手脚が軽く捌きのいい馬だけど、まだ全体的に緩いので良くなるのは先かと思っていましたが、これなら早々にメドが立ちそうですよ」(藤岡騎手)
22日の京都競馬(2歳未勝利・芝1600m)に藤岡騎手で出走予定。

とりあえず1勝するメドが立つまでは過度な期待よりも、この血統で緩い緩い言われてどの程度やれるかを楽しみたいと思います(笑)

秋華賞

オークスの再現を見ているような展開と、決着でした。
春の上位勢力に、新興勢力が混じった秋のG1らしい顔ぶれだったのですが、新興勢力は太刀打ちできずの結果に終わってしまいました。それにしてもカワカミプリンセスは強かったですね。コース、展開に左右されない上に、終いはしっかり伸びてくるという、現時点での成績が示すとおり、非常に能力の高い馬です。エリザベス女王杯で古馬を破り、無敗の3冠馬になれるか注目です。
血統を見ると父は世界的名血、クラシックにはあと一歩届かなかったオールラウンダーキングヘイローですが、注目は父父の80年代欧州最強馬ダンシングブレーヴではないでしょうか?最近、この血を2代前に持つ馬の活躍が凄いです。隔世遺伝というヤツでしょうか。来週3冠を目指すメイショウサムソン、先日、戦慄の復活を果たした女傑スイープトウショウも母父にこの血が入っています。スイープは天皇賞~JC~有馬の路線で行くような気がしますが(生産者がディープと対戦させたいと言っているため)、ぜひ対決を見てみたいものです。

・グランメルヴィーユ(メル子)

■公式ページより
11日は調整程度。「球節はすっかり不安がなくなりました。馬体は思ったほど戻っていませんが、カイバ食いはいいので徐々にフックラしてくると思います。京都4週目の芝1800を使い、一旦放牧に出す予定です」(池添師)
29日の京都競馬(2歳未勝利・芝1800m)に出走予定。

思ったより早い次走予定でした。馬体がどれだけ立て直して出走出来るかと、天皇賞の裏開催なので騎手が誰になるのかがまたまた気になります。前走以上の成績で休養に入れることを願います。

・グラントリアノン(トリ男)

■公式ページより
11日は調整程度。「今週は13日あたりにサッとやって、来週追えば態勢は整います。レース後、とにかく順調にきているのがなにより。パドックやゲートでそわそわする素振りを見せていたようにまだ幼いので、レース慣れした次走は上積みが見込めるでしょう」(安田助手)
22日の京都競馬(2歳未勝利・芝1600m)に藤岡騎手で出走予定。

こちらも1週早く厩舎のおかかえジョッキー、藤岡騎手で仕切り直しが決まりました。スピード向きの、忙しくなりがちなマイルを走らせるということは、ショック療法みたいなものでしょうか。これで良いレースが出来るとほんとにウレシイんですが。

強い、5歳勢!!

8日に行われた東西両G2レースとも、見所のあるいいレースでした。
まずは東京で行われた毎日王冠。出走馬全てが重賞勝ちという好メンバー。その中で2004年牡牝クラシック馬2頭がワンツーフィニッシュを決めました。
一方の京都大賞典も2004年クラシック馬、もう女傑と言っても過言ではないでしょう、スイープトウショウが何と11ヶ月ぶりの出走で32.8秒の末脚を繰り出し貫禄の勝利!
毎日王冠1着ダイワメジャーは皐月賞、2着ダンスインザムードは桜花賞、さらにスイープトウショウも秋華賞馬と、クラシックから息の長い活躍を続けています。
この世代は、3歳春以前から活躍を続けている馬だけに目を向けても、ハーツクライ(ダービー2着)を筆頭に、コスモバルク(皐月賞2着)、そして先日のスプリンターズS2着馬メイショウボーラー(朝日杯2着・皐月、マイルC3着)と、個性豊かで実力も備えた彩り豊かなメンバーが顔を揃えます。
この秋、この世代から目を離さない方が良いかもしれません。

メル子近況

 

・グラントリアノン(トリ男)

■公式ページより
「心配していた球節の腫れは、外傷によるものだったようで、すっかり引いていました。ただ、輸送もあってかなり体が細化しているので、しばらく様子を見て戻らないようなら一度放牧に出すかもしれません」(池添師)

球節の腫れが何ともなかったことが何よりです。輸送で結構苦労しているみたいですね…一口馬主的にはいただけませんが、けっこうケガの多いスペシャルウィーク産駒ですし、使い詰め出来ないほうが良いのかも知れません。

 

・グランメルヴィーユ(メル子)

4日に栗東帰厩。「もう少し前めでレースをしてくれればと思っていたんだけど・・・。レース後、球節に疲れが出たようなので、様子を見つつ放牧に出すことも交えて検討したい」(池添師)

若駒には厳しいレースだったからしょうがないかな。とりあえず馬体回復と疲労回復を待ってリスタートで構いません。この時期に無理はさせないで下さい。

・グラントリアノン(トリ男)

「スタートのタイミングが合わないことも響きましたが、ハミも取らなかったようです。まだ全体的に緩いので今回叩いたことでよくなってくるでしょう。乗り味自体はすごくいいので、レースにつなげたいですね」(五十嵐助手)レース後問題ないことから、中2週ぐらいで使うことを検討中。

おお、もう次走予定が!正直、勝ち上がるのにはもう少し時間がかかりそうなんで、色んなことを少しずつ成長させていって欲しいです。