睡眠明けからおはようです。
競馬鹿(@mr_keibaka)です。

さて、天皇賞・春の予想は綺麗さっぱり外れました。
外からチェスナットコートがいい脚で上がって来たときは、おっ?!と思いましたが、最後は脚色が一緒でしたね。
勝ったレインボーラインは本当に強い勝ち方でした。その後ケガをしてしまい、怪我の程度が未だわかってない状況。
またもう一度ターフに戻って来て欲しいと切に願います。


さあ、今日の予想に参りますか。
今日扱うのは春の女王決定戦ヴィクトリアマイル。
多士済々といいましょうか、戦国ヴィクトリアマイルといいますか、好メンバーが揃いました。

そんな中の予想はコチラ。

◎レッツゴードンキ
○リスグラシュー
▲ソウルスターリング
特注△ジュールポレール
特注△デアレガーロ
△アドマイヤリード
△ミスパンテール
△カワキタエンカ
△アエロリット



本命はレッツゴードンキ。昨日の東京は稀に見る高速馬場でした。そんな中、東京の芝で行われたレースで最も多く馬券に絡んだのがキングカメハメハ産駒。
もっと言えば、京王杯スプリングカップを勝ったムーンクエイクも父はアドマイヤムーンでミスプロ系の血を引く。
このままの馬場なら—— 
と考えたわけです。
ミスプロ系が包括するスピードで押し切ってしまうことも可能ではないか。
ただ、しかし。雨が予想されます。
関西圏は朝から降っていますが、関東圏は昼以降に雨が降るとのこと。
馬場の悪化がどこまで影響するか。レッツゴードンキからすれば今の高速馬場の方が良いでしょう。同じ産駒が好走した馬場なんですから。

そんな馬場が渋った方が良さそうなのが対抗のリスグラシュー。
高速馬場化が強すぎてしまうと、父ハーツクライというのが少し邪魔をするのかな?と考えます。
ハーツクライはやはりパワーにシフトした種牡馬ですから。ただ、東京マイルという条件はピカイチかと。勝つならここかなと思ってます。

そして3番手にソウルスターリング。
こちらは馬場が渋ってしまってはダメになってしまう馬。
ここが正念場でしょう。
前走の阪神牝馬ステークスでは、唯一の上がり34秒台。これはメンバー最も遅い上がり。
こんなことをしていてはGIどころか重賞すら勝てないかも。
もちろん能力は一級品。クラシック時の実力がここで出れば。


その他の印は上記の通り。

ギリギリまで馬場の判断を迫られそうです。ミスプロ系が無双する馬場のままなのか、馬場が渋りパワーを有する馬が台頭するのか。
もしパワー系の馬が台頭するとなると、アドマイヤリードでしょう。
昨年の覇者ですが、馬場状況を考えると今回の状態は向かないと思います。しかし、渋れば話は別。ステイゴールドのパワーが炸裂するかも。


さあ、群雄割拠のヴィクトリアマイルを制するのは。
緊急やったし、こんなもんでっしゃろ。