大切に追求している事 | 愛花バレエ教室日記〜座右の銘は能天気(^▽^)明るく楽しく・・・美しくいきましょう〜

愛花バレエ教室日記〜座右の銘は能天気(^▽^)明るく楽しく・・・美しくいきましょう〜

長崎市出来大工町の愛花バレエ教室の平原愛子による日々の出来事の日ainohanaballet記です。
発表会等の舞台情報、お稽古の中でのおもしろい出来事などなど、お伝えできたらと思います。

今日は愛花が大切にしている日々のレッスンについて書いてみますニコニコ


クラシックバレエのレッスンでは、長い時間をかけて、身体をクラシックバレエで決められた型(ポジション)に入れられるようになるための身体作りをします。

一人一人の身体は違いますから、元々、ポジションに入れやすい身体の子もいれば、そうでない子もいます。

ポジションは、1番2番という足や腕の位置の事だけを指すのではなく、その位置に足や腕を置いた時の肩の位置や、骨盤の位置や、膝や足首の向きなど、総合的に全ての物が収まるべき場所に収まった型を指します。

これが立ってるだけならまだしも、アラベスクにはアラベスクのポジション、グランジュッテにはグランジュッテのポジションと対応していかなければなりません。

形の真似だけなら誰でもできますが、本当の意味で身体をポジションに入れる為には、たくさんの身体への意識と理解が必要になります。

だからその手助けとして、レッスン時に鏡が必要なわけで、私は生徒達には「自分を上手にしてくれる1番の先生は自分だよ!鏡の中の自分がやるべき事がちゃんとできているかよく観察して!」と話します。

クラシックバレエはとても機能的にできているので、きちんとポジションに入れば入るほど、動きやすく綺麗に踊れますキラキラ

たくさん足が上がるのになんか汚い、たくさん回るのになんか汚い、たくさん飛ぶのになんか汚い・・・これは、たぶんポジションにきちんと入っていないことからくるアンバランスさがそう見えるんだろうなと思いますアセアセ

だからこそ、正しいポジションを目指す身体を作るクラスレッスンが重要で、プロのダンサーですら、いや、プロのダンサーだからこそ、舞台本番の日も、クラスレッスンが舞台上で行われたりするわけです。

腕を腰にあてたスキップ一つとってみても、バレエとしてきちんとやろうと思えば、上げる足の位置と方向と爪先の伸ばし方、腕の位置の方向、踏み切りした足の爪先の伸び方、そこに気を配りながらも、きちんと高さを出して飛んで、音のリズムも外さない・・・笑い泣き
しかもお隣さんや前の人に並ばなければいけません。
幼児クラスでもできるステップですが、どれだけ同時にいろんな事を処理しなければならないのでしょう笑い泣き笑い泣き笑い泣き
器用でさささっとやってのけちゃう子もたまにいますが、不器用な子には本当にたいへんな事です。
意識をそこに向ける集中力、不可欠ですアセアセ

千里の道も一歩から。
今日も愛花バレエ教室は、コツコツ地道なクラスレッスンですグラサン
ストレッチと筋トレとヴァリエーションレッスンだけでは、バレエの身体はできません。
豪華なセットと、キラキラの照明と衣装とティアラの土台にある物を、バレエの舞台で少しでも感じていただけたら、嬉しいですキラキラ

そんなこんなで、どのクラスもみっちりかっちり基礎クラスレッスンを開催中です。
体験レッスン2回まで無料キャンペーンを10月末までから11月末までに延長いたします!

普段、愛花バレエ教室でどんなレッスンをしているのか、お気軽にご見学くださいおねがい
お待ちしておりますラブラブ


いいね!をポチッとしていただけたら、うれしいです☺️

クラス紹介はこちらです↓↓↓

目指すは100人‼︎生徒絶賛募集中です‼︎‼︎‼︎
生徒100人を目指すワケ↓↓↓

お問い合わせ&お申し込みは
まで✨✨✨
お待ちしておりまーす\(^o^)/

こんな人が教えています\(^o^)/

http://s.ameblo.jp/ainohanaballet/entry-12133811365.html  主宰・平原愛子がバレエの先生になったワケ


facebookのページに「いいね!」もよろしくお願いします💕💕💕
愛花バレエ教室で検索してね!
鳳OGさんは鳳会も検索してね!

HPもよろしくお願いします💕💕💕