愛の鈴のブログ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

クリスマス

クリスマスはイエスキリスト様の誕生日です。イエス様を誕生をお祝いする日です。何でお祝いするのでしょう?

イエス様はこの世を全てお創りになった方です。私たち人間もとても大切なものとしてつくられました。

そして私たちを誰でも、どんな人をも愛してくださっています。その上イエス様は永遠の命をくださっています、死ぬ恐れから解放してくださいます。

私は天国でこのお菓子の家を造った澄子にも、智子にも会うことが出来ます。私は死ぬことがあまり怖くなくなりました。

イエス様はそういうお方です。そういうイエス様の誕生をお祝いしましょう。

利用者さんのお陰で

町田リス園の忘年会に参加しました。樋口園長まだ5年生です。今年はリスの中に病原菌がいるのではないかという疑いが出てきて安全を確保するため長期間休園しなければならなかった。就労支援の責任者であるT さんが病気のため長期間に入院したり、開園30周年記念式典を11月にあげたり、いろいろありましたが、それらのことが皆より良いことになりました。その原動力は利用者さんです。利用者さんの目に見えないエネルギーが働いていた。というみんなの意見でした。樋口園長を囲んだ、すごく和やかな忘年会でした。感謝です。

植草三樹男


私と智子:蒙古症2

昔は蒙古症と言いましたが、今ではダウン症と言われています。

陽気で楽しい性格で音楽、踊りが大好きな人が多いと言われています。

カラオケ大好きでマイクを離さない。

智子は女性が好きでした。「ママ大好き、パパあっちいけ」といつも言っていました。

小学校が町田市に出来たとき入学前の懇談会がありました。

私は知恵遅れの子など教育しても意味がないと思っていましたので、

養護学校はいっても仕方がない、無駄だと教頭先生に言いました。

他の父兄の方々はようやく学校が出来て喜んでいるのに先生もビックリして困ったそうでした。

その教頭先生も高齢になられていますが、今でも智子のことを愛してくださっていて時々お便りをいただいております。

本当に愚かな父親でした。45年前のことでした。

養護学校の中等科を卒業した時校長先生からお祝いの言葉をいただきました。

  「 ゴキゲンの時、いつもウーウオうなっていた、あの小さい智ちゃんがこんなに立派になりました、本当にオメデトウ!!校長」                                                                                                植草三樹男

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>