2010-09-26 05:08:55

不器用な外交

テーマ:ブログ
尖閣の漁船衝突事件について、そんな印象を受けました。

中国では問題が起こった時どちらが悪いかに関係なく、双方が大声で自分の主張を怒鳴りあい、先に折れたほうが負けになるということが度々あります。

今回も同様で、日本側の譲歩を引き出すために様々な騒ぎを起こしましたが、途中まで日本の対応は間違っていませんでした。

法律に基づき粛々と手続きを進めることに対して実力行使をする中国の姿勢は野蛮なものに見られるからです。

そこですかさず検察は証拠のビデオ映像を公開していれば、中国側の強引なやり方を牽制することができました。

そのうえで水面下で交渉をして釈放すればうまく収まるはずでした。

しかし政府が公開を抑えたようで、結局中国の火に油を注ぎました。

しかしその後もチャンスがなかったわけではありません。

温家宝首相が談話を出したタイミングで、「取り調べの結果微罪なので書類送検のみで釈放」とすれば良かったのです。

そうすれば中国側に「首相の言葉により問題が解決した」という世論が起き、中国政府の顔を立てることができます。

中国では自分の面子を立てた人を尊重しおろそかにしないという文化が根強いので、中国と交渉する時は条約や条例よりも共産党政府の支配体制を揺るがさない提案をしなければなりません。

外務省の知識経験の豊富な官僚の皆さんがそれに気づかなかったのか、それとも前原大臣が官僚を使いこなせなかったのか、いずれにしても中国への対応の仕方を完全に誤りました。

今後もいろいろな面で問題は起こるでしょうが、そういった点を踏まえて対応してほしいものです。

現在の日本と中国の関係はお互いにとって非常に重要なものになっており、今回の騒動で迷惑や損失を被ったのは日本側だけではないです。

日本で報道がされる度に日本人の中に「中国人は嫌い」「中国はいやな国」という印象が広がってしまいました。

この悪い影響を拭い去るためにどれだけの手間と時間がかかるか、考えるだけでもうんざりします。
(-_-;)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

素問さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。