親とは、子どもが生まれたときから一緒にいる人のことです。 子供は成長するにつれ、周りの人を観察し、真似をすることで、無意識のうちに自分自身を学んでいきます。 この時、一番身近な親が一番真似をする人になります。 親の日常の行動を見て、無意識に真似をして、徐々に自分の行動習慣や性格の特徴を身につけていきます。

だから、子どもの悪い行動の一部に気づいたら、子どもを責める前に、自分にも似たような行動がないかを振り返り、問題点を特定することに集中するといいでしょう。 一般的に親が子供に対してできることは何でしょうか?

まず、日常生活の中での発言には気をつけましょう。 自分の言動が子どもに大きな影響を与えることを知っておく必要があります。だからこそ、子どもに正しいメッセージを送ることが大切です。 多くの親御さんは、よく家に帰ってきて、仕事上の問題を訴えながらも、子供を避けずにネガティブな感情を発散しています。 この親が感情を込めて言ったことは、良くも悪くも子供の記憶に残ります。 例えば、so-and-soが昇進したが、あまりにも無能なので、部長にプレゼントを渡して裏口を使ったのだろう。 この社会の人間はどうしてこんなにダメなのか? これらのネガティブで攻撃的な発言は永遠に記憶され、消すことは難しいでしょう。 そのため、子どもの前での会話を整理し、ポジティブな内容や楽観的な考え方で子どもに影響を与えることが大切です。 例えば、あなたはいつもあなたを幸せにする、あなたが我慢してあきらめなければ、本当に成功する、それはあなたの子供が人生に対して前向きで楽観的になることを意味します過度活躍

2つ目は、家庭内の学習環境を整えることです。 多くの親御さんは、一日中仕事をした後、夕方戻ってきてテレビを見たり、携帯電話で遊んだりして一息つき、子どもを家の中に閉じ込めて宿題をさせると考えています。 しかし、徐々に親は子供がいつも気を取られていることに気づく。 子供は親が遊んでいると感じているため、宿題に集中できません。 ですから、お子さんが帰宅したら、テレビを消し、電話を置き、お子さんと一緒に部屋に座って、一緒に宿題をしたり、一緒に仕事をしたり、一緒に静かに勉強したりしてください。 このような雰囲気は、お子さんの学習に適していると思います。

精選文章:

暴力的な行動をとる子どもについてはどうでしょうか

子どもの様子がおかしいとき、親はどのように対応すればいいのでしょうか

子供の想像力はどこで育まれるのでしょうか?