子どものやる気スイッチを育てる。 | AIこどもオンライン英会話、代表愛子のブログ

AIこどもオンライン英会話、代表愛子のブログ

同じ母親として、こども達の未来を一緒に考えていきたいです。





夏休みも残り2日となりました。
長女の4年生になり、夏休み、塾やコンクールの合間に自由研究をしたり、読書をするのも
今までと比べて時間があまりありませんでした。

 

その中で、周りのお母さんが「習い事の整理」といって、
次々に習い事を辞めていくのを目の当たりにしてきました。
でも、習い事って、4年生までのもので、途中でやめるものなのでしょうか?

何事も物事を習得するには大抵1000時間はかかると言います。
いうなれば、そのタイミングで辞めるのなら、「習い事の整理」ではなく
途中でやめたということになるのではないでしょうか。


おそらく、本人がとっても楽しんでいたら、その習い事は忙しくても
なんとかやりくりして続けて欲しいと思うのではないでしょうか。
費用は何とか頑張って工面しようと思うのが親であるように思います。

 

では、子どもが主体的に習い事や、
勉強にハマるためにはどうしたらよいでしょうか。
最終的には自分で
私はAIこどもオンライン英会話を通して、高学年、中高生になったとき、
「どれだけのエンジンを詰める子」を育てる子ができるのかということを
考えています。勉強というのは基本的には自分で信念を持ち学習していくものです。
親が全部お膳立てして、やれるものではありません。
やったとしても自分から学ぶ意欲がある子と比べるとあまり伸びないでしょう。

 

英語に関していうと、大きくなってからでは発音が悪いので、全く通じない英語にストレスを感じると同時に
大人になってから英語を学んだ人が外国人と対等で話せるようになる人はほとんどいません。


小さい頃から学んでいくことが大切ですが、
入会時にお母さまと話しているときに、この子伸びるな、この子はちょっと伸びないかなと思うことがあります。

もちろん椅子に座ることの癖づけは小さいうちに家庭、幼稚園や幼児教室などどこかで教育をやるべきで
小学校に入ってからでは世界的にとびぬけて日本は遅いし、なかなか癖付けを数年間先にやってきた子と比べ
逆転も難しいのでここはどうしても意識をするべきでしょう。


その次に、「うちの子が英語に興味をもつかわからないです」「興味を持ち始めたら学習を増やしていきたいと思います」
と仰られて、始めるのを躊躇される方、もしくは始められても回数共に二の足を踏まれる方は、
英語を伸ばすのは難しそうだなと感じます。

というのは、興味を持たせるということが、他力本願だからです。
英語を始めたら神様が降ってきて、あなたに才能がある、だからもっとやりなさい!と言われ
子どもがルンルンで学びだすというのを待っているような感じがします。

 

自分の苦手なことを考えてみてください。

私は、運動が苦手です。でも体操教室に入れていました。

私が運動がとても苦手だったので、少しでも私よりかは運動ができるようになってほしかったからです。
でも、親が運動が大好きで、プロの試合にも興味があって一緒に観戦にいったり、
たまに一緒に体を動かしたりする子とどっちが伸びるでしょうか。

うちの子は、案の定一向に伸びなかったし、むしろそこでできない娘をガラス越しに見ながら
私が待っているのも苦痛でした。またやる気のある親は少し風邪をひいていても休ませることの方が
体がなまってしまうといって、行かせているのに対し、私はすぐ欠席させていました。
もちろん私が外にいかないので、子どもも外に行き体を動かしに行こうとさえも思いません。
伸びないのは明らかです。

 

幼稚園とコナミの体操教室に行かせましたし、体験もいくつかいきました。
先生は割とどこの体操教室でも楽しませてやってくれます。

私が見切りをつけ、自分も仕事が忙しく、毎回一時間も付き合うのが面倒で
辞めてしまいましたが、果たしてこれで、学習の最終目標である
子どもはで勝手に体操ないしは運動部に入り一人で練習を積み、
学んでいくようになるのと思いますか?
絶対にならないと思います。お恥ずかしながら(笑)

 

実は最初は保護者次第で、あっ、このお子さん一番伸びるな!と思う保護者は

「英語、私全然できないんです!でもすごく興味があって!こどもにもやらせたいんです!
私も一緒に学ぶつもりでやらせてください!」


という方です。
私が目指している、子どもたちにやる気スイッチを持たせる、
いずれ、ばーんと本人が熱くなれるエンジンを積むというのは、家庭での方向づけが
あるからこそだと思います。

 

そのうえで、先生と一緒になって前に向かっていく。
先生だけが必死になっても、レッスン前だけぱっと座らすだけでは、
子どものやる気は上がりません。

英語を学ぶということはどうして必要なのか、
学ばなかったらどうなることがおこるのか、
世界とはどんなしくみになっているのか、どんな事件がおこったのか

語学を単純に暗記をさせるということが親の役割ではなく、

家庭で興味を持たせるということが、すなわち、親が少しでも興味をもっている、
ということが、親から認められ、褒めらえ、それにより子供が興味を持ち続け
良いサイクルになっていくと思います。

 

※あくまで英語を開始する時期として大事な幼児や低学年のお話です。


私と、一緒に頑張ってくださる保護者様を求めています。
こちらをクリックしご連絡ください。頑張りましょう。