英検に魅了される親

テーマ:



「年長でで英検3級とれますか?お宅のコースブックは何年で終わるのでしょうか?」

と1か月まえに、3歳児の初心者のお子様とお母さまが体験でいらっしゃいました。

「お母さま、英検の問題は覚えていらっしゃいますか?」

と私はお伺いしました。

 

そこで私がお伺いしたかったのは、
「単に英検の級が欲しいのか」「しっかり英検を通して学習がしたいのか」

ということです。
 

前者の方は、どうしてとりあえず、英検の級が欲しいのでしょうか?
見栄でしょうか?

 

後者の方は、私は理解できておりまして、自分の子供にもさせています。
スクールでもこの子は既に理解できると判断すれば試験を通して語彙も増えますし、
勉強してみたらどうだとお勧めします。
また私たちは教科書は英検に準拠しているものを使っており、リンクはしやすいです。

 

はっきりいって、5級はリスニングだけでも合格します。幼稚園児でも受かります。
でもそれでいいのかということです。どのみち次の級に行くときに
土台ができていないので、覚えないといけないものが膨大の量になります。
教育はどんなものもそうですが、階段を少しずつ上がるようにしていかないと、本人が大変です。
 

具体的に言うと、何が必要なのかと、いいますと、「問題を理解する国語力(母国語の力)です」
5級では大体4年生、4級では5,6年生の国語力が必要と言われています。

 

しかし、4年生になるまでは受けてはいけないという意味ではありません。
もともと本を読む子は言葉も知っていますし、
長文にでてくるお話の状況も容易に想像ができるので苦労なく、低学年でも学習することができます。

 

もう少し具体的にどういうことか言うと、
年長の次女がレッスン中に、
カレンダーを読むこと、学校の教科を覚えることが
非常に時間かかって、嫌気がしています。
幼稚園でもまだ習っていないし、家でもとりたてて教えていませんでした。
カレンダーや時間は身近なものなので、じっくりやれば分かっていきますが、
学校の教科についてはイメージが全然湧かないので、すぐ忘れてしまいます。


どんどん、英語をどんどん勧めていくということは、こういうことなんですよね。
本人の国語力や知識が必要です。

なので、単純にテキストはこの計算だと、何年で終わるという計算は、個人差があり概算でしかないのです。
ここの箇所は、年長の次女は少し時間をかけてやってもらっていますし、
逆に上の子は年齢が上なので1日であっさり終わりました。


国語力をあげることは、残念ながら英会話スクールではできません。
 

ではどうやって、国語力も上げていったらよいかということですが、
個人的には公文の国語がお勧めです。
私自身は、本が好きで子供をつれて毎週図書館へ通っていますが、子どもが読むジャンルは大体決まっています。
親がもう少しこれを、、と勧めても挿絵が怖いとか、挿絵がないとか、第一印象で決めてしまい、
なかなか視野が広がりません。本を読むことは悪いことではないので、楽しみとして読み続けていき、
継続的に推薦図書等の良い本が使われているような問題を渡していくとコンスタントに視野が広がっていくと感じました。
その問題を通じて、その推薦図書の本も借りるようにもなりました。
また同時に言葉だけでなく、生の体験をしていくことも真の理解をしていくうえで大事かなと考えております。

最近は、英検を取らせてくれるスクールを探してされているからのお母さまからの相談が多く、
正直英検ありきになっている方が多く見受けられます。

英検に魅了されるものはなんですか?
見栄は捨ててください。誰かが〇級持っていると騒がないでください。
その子の本当の実力は級では測れません。
級があっても話せない子が多すぎる。
使えない英語なんて意味がないじゃない。私はアメリカに住んで苦労しました。
日本の大学に受かる目的だけならよいけど、ほとんどの方が違うはずです。

いやいや、語彙がないと喋れないでしょ、語彙を覚えるためにも英検を利用して毎日単語集をやっているんです。
確かに、語彙がないと話せないけれど、私たち大人はそれで話せるようになりましたか?
そして、楽しむことができないと、子供の脳は覚えてもすぐに忘れていきます。

英検は本人のステップアップのために利用してください。
受けさせる前にお母さま自身が問題や解説を一度読んでみて、
まずお子様が理解できる内容かどうか考えてみてください。

私たちと一緒に頑張るお母さま、お子様を募集しております。
お問い合わせはこちらからご連絡くださいませ。