下の子年中の8月からレッスンを開始しました。

去年の夏休みからスタート
8月 週3回 10分
9月 週5回 10分

10月 週5回 20分にしまして フォニックスのフラッシュカードのレッスンを入れています。


下の子は、
完全に私のスクールのシステムにのっとってやらせてます。


上の子は私がスクールを作るために、いろいろ模索している時期がありますので、
あれやこれや遠回りをさせていると思います。


ちゃんと復習はやるようにしています。
前回やったところで分からないところがあると、嫌になって、逃げ出そうとしたり
レッスン自体がはちゃめちゃになるから、かあちゃんは予防策をしてます。
さすが幼稚園児 いいときと悪いときのアップダウンが激しく、、、

でも、上の子はもっと悪くて、幼稚園の時はやる気がないとレッスン中に座ったまま寝てました。
当時、悩みましたが
まあ、でもそれがちゃんと年齢が上がると普通になることも分かったので、
教育で親が動揺することが一番いけないと思い、こんなもんだと淡々とやっています。

復習は、毎日10分くらいかな。
週5のレッスンでは昨日のレッスンを覚えているのでそれくらいで事足りています。
週3回のレッスンでは週5に比べて忘れてしまう量が多いので、もう少し復習が必要であると思います。

こちら復習風景です。反対語の練習をしています。

 


こちらレッスン風景
フラッシュカードやラズキッズをやって、英語が読めるようになったので、スムーズにレッスンできるようになっています。
やっぱり小さいころから英語が読めると、理解するスピードも早いし、楽だなと思いました。

 

 

いかがでしょうか。等身大の子供たちです。

ピアノや公文をやらせていて、そちらも毎日やらないといけないことがあり、
私が二人分をみていると私の想定以上に時間がかってしまっている現状です。
夕方は私も仕事があるというのもありますが、
時間配分は現状コンクールがあるピアノがとてつもないウエイトを占めており、
英語を長時間家庭で練習などはしていません。

なので、これくらいしか伸びないのかと思うかもししれませんが
うちよりちゃんとやってる子は更に伸びているし、
逆にレッスン回数や復習の少ない子はもう少し進みがゆっくりでしょう。
 

そりゃそうだね。

ただ前回書いたブログで→子どもの英語学習のゴールってどこよ?
「最終ゴールを決める」というのだけ抑えておけば

うちの子できてるじゃん、って思える方はよいのですが、
その反対で、
こんなはずじゃなかった!伸びてない!とか うちの子よりあの子のができる!
とか、今学習塾や部活の方が優先じゃない?とか
母親のネガティブな感情に子供たちが巻き込まれ、
急激に伸ばしてくれる魔法みたいな先生がいないかと教室を転々としたり、
習い事をいきなりやめたり、やみくもにいろんな方法に素人なのに手を出してしまったりするように思います。

結果、逆にレベルアップの遠回りをさせてしまったり
一つのことを長く続けることで学ぶことや見えてくるものを親が習い事を通して教えれなかったり
取りこぼすものがかなり大きいように思います。

習い事とかスクールというより、これはもう、教育というのは
しっかり先生の話をよく聞きながら、
親は決めたゴールに向かって信念を貫くというのが一番大事なんではないかなとここのところ、考えています。

私たちと一緒に頑張ってくれるお母さまとお子様を募集しております。
子どもたちが世界にわたっていけるように、毎日少しずつやっていきましょう。

ご連絡はこちらからお願いいたします。