こんばんは。
本日は英語ってどれくらいやったら使えるようになるんだと
実際英語教室へ行っていても、
いつまでに、何をできるまでするという、
ゴールがみえない方が多いのではないかなと感じました。


英語が習得できる総学習時間は3000時間とされています。
学校での授業分を差し引いて計算すると

5歳から週3回のレッスンを取る人は毎日30分の英語学習時間が必要です。
5歳から週4回のレッスンを取る人は毎日15分の学習時間が必要です。

問題はスクールに入られるときに、どのような学習計画をしていけばいいかご説明をするのですが、
とりあえず週3回から、やってみます!と始められた方は
数か月後には家での予習復習をやっておりません、と仰れる方が多く、
伸び悩んでいるとご相談をされることが多々あります。

しかし、この3000時間の計画ですと、6年生で児童会長をやりたいと、1年生からジタバタするようなもので
未来の計画すぎて、実感も湧かないし、モチベーションの維持もできないので計画倒れになってしまうかな、と思いました。

ですので、もう少し明確にしましょう。
子どもたちの最終目的をこちらにします。

1 学校の授業に臆することなくついていけるように
2 大学生になり外国人が来た時に、会話がそれなりにできる
3 日本の企業に就職し、外国人と仕事をができるように
4 大学受験時、海外の大学にも選択肢がもてるように

もし、1、2が目的であれば、
中学、高校で嫌でも単語テストはあり、リーディングの授業はあるので
小学生のうちから、読みの練習はやらなくても良いと思ってます。
とにかく耳をならすということに集中するのが良いかと思います。
いくつから始めたかによって変わりますが、5歳からであれば週3で大丈夫です。

3が目的であれば、中学校までには英検3級程度の力があったほうが
その後、効率的な会話練習ができるようになると思います。
中学、高校の6年間で準2級から1級までの対策をすれば、文科省の今回定めた目標を
クリアできるし、英語学習が受験勉強の足かせにならず、
大学受験も英語の得点が割とアドバンテージになるように思います。

私たちのスクールのテキストも英検準拠のものを使用しておりますが、
リーディングや長文がテストにはあるので、別で読む練習をしないといけません。
そこで毎日のラズキッズの併用をお勧めしています。
5歳からであれば、週4で大丈夫です。

4が目的であれば、小学校時までに英検2級レベルはクリアしておいた方が良いです。
中高の6年間で1級まで早め終わらせて、
SATなど外国人が海外の大学を受ける勉強をする時間が必要だからです。
5歳からであれば、毎日1時間は必要であると思います。

日本最難関の灘高の英語の授業も、記事を渡して、自分でひたすら読ませるそうです。
最近海外の難関大学にも合格者が沢山でており、はやり早い段階で基本的な語彙、文法、会話は
各自で既に終わらせていることが分かります。

本人の希望、親子様の希望によりゴールは私たちの教室でも様々ですが、
一番大事なことは、計画を立てたら、親も子もぶれずに継続的に続けていくことだと思います。

※レッスンの予復習は効率を高めるために必ずしましょう。