小学校では、「外国語活動」が小学校3~4年生で年間3時間ずつ、
小学校5~6年で英語は「外国語」として正式教科になり、
それぞれ年間70時間をあてられます。

つまり、2020年から小学校では、3年生から年間35時間の外国語活動
5年生からは年間70時間の教科になるという事です。

小学校での英語学習のスタートが早くなる。
学ぶのは早ければ早い程、いいのだから大歓迎、、、確かにその通りです。

しかしながら、決して手放しで喜んでいい状況ではありません。
一番気になるのは、小学校での4年間で習う英語の量が圧倒的に少ない点です。

新学習指導要領では、小学校4年間で覚える単語数は600語程度。
これは現在の中学1年生が1年間で覚える語数と同じです。


つまり、4年間で「中学1年間分」しか教えないいうことです。
今の「中学一年間分の英語」はそもそも中身が薄いのに、それを先取りするために
小学校の大事な4年間を費やすーなんともったいないことでしょう。


その割には、活動目標は壮大なスケールです。
文化の多様性を尊重して、相手に配慮しながら聞いたり話したり、さらには読んだり書いたりすることについての
態度の育成も含めたコミニュケーション能力の基礎をつくる
というわけです。

いやいや、apple, park, police, stationレベルの単語を600語覚えたところで
「文化の多様性に配慮したコミニュケーション」など不可能です。

その一番の原因は「12歳以下の子供達に、きちんと英語を教えるメソッドが存在しない」ということに尽きます。

英語学習のスタート年齢を引き下げたはいいけれど、小さな子供たちに、英語の何をどうやって教えたらいいか
誰も分かっていません。

だから、手っ取り早く、中学英語を小学校に引き下げて教えることを思いついたのでしょう。

さらに、現場で英語を教える先生が、全国に何万人も必要になりますが、
文法中心の教育を受けてきた普通の成人を、短期間に何万人も4技能講師に育成するのは至難の業という大問題があります。

4年間かけてどんな授業が行われるかも容易に想像がつきます。
〇単語を絵に置き換えて、絵を見ながら覚えさせる。
〇アルファベットに慣れさせることを目標に掲げ、英語に自信がない先生も決して間違えない
  「ローマ字」指導にたっぷり時間をかけます。
〇apple, park, police, stationといった2~3か月あれば覚えられる600単語を、
  きれいに書き順とつづりを待って、ノートに書き写す「書き取り」で四年間を費やす。
〇文法を中心に教え、時間をかける(潰す)ために何度もペーパーテストをする
〇小テストで間違いを指摘しては「まだちゃんと覚えていないね」と復習させる
〇ときおりネイティブ(外国人)講師がやってきて、「元気?」「天気は?」「時間は?」など
4年間変わらないレベルの会話をする。

どうでしょうか?
ちょっと不安になってきませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は新学校指導要領ですら、話せるようになるか疑っております。

文法というのは、感覚的に理解してから
なぜこうだったのかを理解するのが文法だと思っています。

文法を理解して頭でとらえるということをやらないほうがよいです。
簡単なことを、難しくして、日本語で考えていたら
一向に話せるようになりません。

英語の学習方法として、私たちの受けてきた勉強と
やってきたと事が逆だと思っています。
実際に自分が学校で授業を受けたのに、話せるようにならなくて、
どうやったら話せるようになるか体感したからです。
英語はフレーズで会話を覚えていくものです。

話せる人たちは、英語を英語そのものとしてとらえており、
SVOで今喋ろうと考えていないです。
小学校の間は英語脳をつくるために毎日会話に集中するほうが大事です。

また私のスクールでは子供が
「ハマる!」「夢中になる」というレッスンを目指しております。
とにかく何事も人間はハマる時期がないと、習得できないと思ってます。
いや、本気で。

ドラクエを寝ずにやったこと。
朝から晩まで缶蹴りをしてたこと。
レゴを夢中にやったこと。
部活で一生懸命になったこと。
物理にはまったこと。
編み物にハマったこと。

今思えば、殆どの方が意外にフツーな生活で夢中になったものがさらに繋がって
スキルとしても自身の力となっているのではないでしょうか。
夢中になるということは、人間本来、備わっているものだと思います。

ハマらせる仕掛けをつくる。
逆に、これが私のハマっていることです。

私は毎日子どもたちが先生と笑顔で英語で話していることを観るのが、大好きです。
とにかく、リスニングだけでも8割方聞き取れるようになるまでに、1000時間はかかります。
小学校の年間30時間、75時間では足りないです。
小さいころからの積み重ねで留学をしなくても海外の人と仕事ができるようになります。
一緒に頑張るお母様を求めております。

無料体験レッスン、カウンセリング、お問い合わせは公式ホームぺージから


引用文献:英語で一流を育てる