お勉強、宿題をやらせるだけでなく、
ご家庭でも子どもが勉強をするために楽しくさせれる努力をしていますか?
これが、外国人の先生たちが日本人のお母様に感じていることでした。

そう、往々にして、私たち母親は、日々の仕事、家事、育児の生活に忙殺されて
子どもの学校や塾、お稽古の宿題はこなすことだけに集中してしまいます。

現地コーディネーターでまた、母親でもある、外国人の先生たちがこう言ってます。

if it's too much it's no longer good for the child. 
It happens, parents just need to find balance. :)
 Yes, Balance and trust your child. 

And never compare with other kids, too

Everyone learns at a different pace and in different ways.

子どもがやりたくないと言い出したら、そこには楽しさは既になく、
親は、楽しませようとしないといけません。

お勉強をするのと、楽しむことと
うまくバランスをとっていないと、
いつしか、お勉強が義務感だけになり。やめてしまいます。

だから、そんな時は、楽しませることに集中させてあげてください。

そして、自分の子どもを信じてあげてください。
他の子と比べないでください。
私たち一人ひとり、違ったペースで、違ったやり方で学習しているのですから。

人と比べてしまう、わかります。なんでうちの子だけ
覚えが悪いんだろうとか、いらない悩みを増やしてしまいますね。


外国人の先生は日本人のお母様の多くが子どもの英語学習について
焦っているということを感じて、みなさんに伝えてほしいと言っていました。
その気持ちは同じ親として、すごく分かるけれど、と。

語学って学力や才能が関係ないので、
(でないと、違う国の人は全員違う国の言語で話す理屈が成り立たない)
時間をかけてやれば、必ずできるものだったりします。

だから、焦らず、先生たちは楽しいレッスンをしますから
家でも楽しむように、心がけましょう。
その子のレベルに合った、テレビ番組や、映画、
先生の方からも紹介します。 お勉強が嫌になったら、一旦休憩して、外にいきましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また、私は外国の子どもたちが日本の子どもより時間的に余裕のある生活をしているので、
いろんなことを考えさせたり、体験させたりするチャンスが日ごろからあると感じています。
ですので、外国の先生たちが日本のお母さんたちが何か違うということを感じるのも、分かるんです。

親は共働きしないと成り立たない、ペーパーテスト重視、学歴重視な社会の構造がそうしてるわけで、子どもたちが未来の日本と生活していくために、そうなってしまうのも、同じ親として分かるんです。学校も地域も、私たちの時と比べて放置気味になっているし、家庭でどれだけやれるかにかかってきてしまっているのに、多くの矛盾も感じる。
じゃあ、お手伝いさんがいて家事を手伝ってくれて、いろんな体験をさせてくれる私立小学校に行き、放課後はいい先生のいるお稽古や民間企業の主催する体験プログラムに行かせまくれる、そして学習塾にも投資できる、お金持ちな家庭しか、優秀な子にこれからの時代はならないんじゃないのとか。

一般な家庭が、学習と体験を両立させるのは、教育費を度外視したとしても、そもそも私の時間的にキツイ。先生は理想ばっかり言うよね、とも思うんです。英語だけに時間をかけれたら、私ももっと子供たちを伸ばせられるわ、とかもね。。。

まあ、でも感じるのは、伸びてる子供の親は余裕がある!
だから、楽しませることもできているんじゃないかな~って思います。

私も、夏休み、子どもたちのために少しでもそんなことができたらいいな、と思いつつ。
市の広報を読み漁るわけですよ。安くできる体験プログラムはないかとか。
 

愚痴を吐きながらも、みんなで頑張っていきましょう。

AD