次女のブルキナべ化 | 今日も元気にアフリカ育児!

今日も元気にアフリカ育児!

元国際線CAがまさかアフリカ(ブルキナファソ)で育児⁈
ムスメ1号(2016.03)とムスメ2号(2018.03)と送るてんやわんやのアフリカ生活を赤裸々にお届けします。

に いびょーご!

(現地モレ語で「こんにちは」)

 

 

 

 

生後4ヶ月からブルキナべのお手伝いさんと

しょっちゅう一緒にいるムスメ2号。

この頃からブルキナべの赤ちゃんのように

ずっとアフリカ布でドド(おんぶ)されてる。

 

 

 

 

ブルキナべのお兄ちゃんと遊び、

しょっちゅう家の前で遊んでいるから、

近所の人やら

毎日家の前を通る物売りの

靴屋さん、お茶屋さん、落花生屋さん、

ネスカフェのインスタントコーヒー屋さん、

サンドイッチ屋さんなどなど

 

 

ママの知らないお友達がいっぱいいるw

 

 

 

 

 

ある日、夕方に見ず知らずの

ブルキナべのおばちゃんが

 

 

「ムスメ2号に会いにきた」

 

「今日は顔を見てなかったから心配してた」

 

 

って、

突然訪ねてきてくれたこともある。笑

 

 

 

てんやわんやママは会ったこともないが、

毎日夕方に2号と道ばたで遊んでるらしい。

 

 

 

 

ワタシの知らない近所の

おじちゃんやおばちゃんたちも

2号の名前を知っていて、

 

一緒にお散歩をすると

 

「2号〜、2号〜」

 

 

と名前を呼んでくれる。

 

 

 

 

 

 

朝はごはんは、ブイーという現地食。

ブイー(bouille)はアワやトウモロコシの粉から作るおかゆのような伝統食。以前住んでいたベナンにもあるし、ブルキナファソでも食べられている。赤ちゃんが離乳食として食べることもある。

 

 

 

これ、

うちのお手伝いさんが

よく朝に買ってくるのね。

 

 

ローカル価格は、1袋25cfa(およそ5円)。

 

やすっ

 

 

これに砂糖をふんだんに混ぜて、食べる。

 

 

 

ブルキナファソ育ちのムスメ2号、

結構好きでいつも分けてもらう。

半分以上食べちゃうこともある。

 

 

 

 

その他にも、

 

 

道ばたで売られている油ギトギトの

ガトー サレ(しょっぱいドーナツ)、

 

 

 

道ばたで売られている油ギトギトの

ガトー スィクレ(甘いドーナツ)、

↑ひとつ50CFA(およそ10円)

 

 

 

道ばたで売られているサンドイッチなど

 

 

お手伝いさんが買ってくる

現地食をめちゃめちゃ食べる。

 

 

 

 

 

現地食の朝ごはんとおやつを食べたあとは、

お昼も現地食『リ・グラ』

 

 

 

「リ・グラ」の作り方はこちら↓

 

 

スプーンを使えるのに、あえて手で食べる

これまたアフリカンスタイル。

 

 

 

分け合いの精神も忘れない。

いやね、弁解させてもらうと

ワタシ、ちゃんとごはん作ってるんだわ。

 

 

 

貴重なおむすび山を混ぜて

貴重な海苔を巻いた

すっごい高価だけどここでは

プライスレスなおにぎりとか、

チャーハンとかオムライスとか作ってるのよ。

 

なんならオムライスには、

ケチャップで

かわいいニコちゃんまで書いてる。

 

 

 

 

でもね、ママが作ったごはんには

ほとんど手をつけず、

 

お手伝いさんや警備員、

近所のおばちゃん(笑)が外に集まって

現地食を食べるところにジョインして、

みんなで一緒に食べる方が好き。

暑いし、ハエも蚊もすごいんだわ。

 

 

 

もはや何が入ったごはんを食べてるのかすら

母は把握しきれていないことがほとんど。

ごはんの中に入ってる緑色っぽいの、一体なんだろう…

 

 

あ、食べた。

ま、食べるならいっか。

 

 

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

 

こうやって見ると、

野菜すくなっ、

油と炭水化物ばっかりやな。

 

 

 

 

 

 

ふるまいも、食生活も

完全にブルキナべ化しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのを見て、

てんやわんやママはどう感じるかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごくいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいよいいよ、ムスメ2号(^o^)/

 

 

ここ、ブルキナファソだもん。

 

 

 

日本みたいにビタミン入りの

子供用ジュースも売ってないし、

 

カルシウム入りの小魚せんべい、

野菜せんべいなんてないもん。

 

 

野菜がいっぱい入った

子供用のレトルトカレーもない。

 

 

そもそも手にはいる野菜は限られてるし、

お姉ちゃんは1歳の頃から当たり前のように

学校でキャンディーもらってなめてたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栄養バランスも衛生面も

 

 

 

 

 

細かいことは

気にしてられん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母ちゃんだって、

そのくらいの覚悟でいないとつぶれちゃう。

 

 

 

 

 

 

細かいこと気にしてたら

この国で生きていけないから。

 

 

 

 

 

 

てことで、

このままアフリカらしく

ワイルドに育ってくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、家の中でヤモリの赤ちゃんを

指で押しつぶそうとする遊びだけはやめて。泣

 

 

 

「今日もがんばれ!」と思ったら

アフリカンに抱っこされてる

ムスメ1号をポチお願いします↓


人気ブログランキング

 

 

*****************************************

 

てんやわんやママ

 

■2歳差姉妹のママ

□2016年3月生まれのムスメ1号
□2018年3月生まれのムスメ2号

 

■アフリカ歴

□住んだことのある国…ザンビア、ベナン、ブルキナファソ(*現在進行形)
□行ったことのある国…モザンビーク、コンゴ民主共和国、ボツワナ、南アフリカ、トーゴ、エチオピア、セネガル

 

 

■もっと詳しい自己紹介はこちら⇨⇨

【自己紹介】てんやわんやママってどんな人?

 

■断トツ!人気No.1記事⇨⇨
【マジメ】アフリカで駐在妻するということ

 

■Facebookグループ

 アフリカ在住の駐妻向けコミュニティ

 【Expat Wife-ing in アフリカ】

https://www.facebook.com/groups/620240225154360/?source=unknown

  

■アフリカ総合情報サイト

 ALL ABOUT AFRICAにて

 アフリカ育児について連載中!

 

 

*****************************************