合気道の真髄をあらわす技は、相手との接点が1点のみの技です。

一点の接点で相手を制圧する技に合気道の真髄があり、極意があります。

武道、武術にご縁のない方に、わかりやすいように説明しましよう。

例えば柔道は基本的に、3点が接する技です。

1点目「引き手」

2点目「釣り手」

3点目「足、腰、背中」

この3点のバランスで技を掛けます。

例外的な技としては、三船久蔵十段の空気投げがあります。

三船十段の空気投げは、引き手と釣り手の2点の接点で相手を投げます。

個人的に、三船十段の空気投げは、合気道に近い技と理解しています。

合気道は、護身技が多いです。

例えば、女性や子供が手首や腕を掴まれ、引っ張られるような状況です。

打撃系ですと間合いが近すぎる護身場面です。

合気道ですと、掴まれた一点から、技を掛けます。

それが胸ぐらを掴まれた時は、その一点で技を掛けます。

そして、合気道が女性や子供のための護身に向いているのは相手に負けない筋肉は不要です。

その一点から、相手を制圧してしまいます。

合気道の真髄は、一点技にあります。

合気道S.A.は達人、櫻井文夫が伝授するリアルな世界で使える合気道ですから、一点技もかなり威力があります。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk


東洋医学では、病気とは体の気血の流れが滞る事が原因とみているそうです。

気血とは、気と血液のことです。


健康であるためには、気と血液が正しく循環していることが必要です。


実は『武術の稽古は万病を避けます。』


武術では姿勢が大切です。

正しい姿勢でないと正確な技をスピーディに出せないからです。


丹田と体術でインナーマッスルを鍛える武術の姿勢は、全身の気血の流れをスムーズにします。

行住座臥が武術的に姿勢が出来るように鍛錬をします。


日常での姿勢が変わりますから、24時間、気血の流れが良好になります。

『悪い姿勢は万病の元』です。


気血の概念のないスポーツ武道の場合は、アウターマッスル、表面筋を鍛えることが多いので、必ずしも気血の流れをスムーズにするとは言えません。

スポーツ武道では、運動としての健康をもたらすと思います。


私は演武合気道、スポーツ合気道ではない、武術合気道を指導している師範なので、生徒に皆さんには、武術的に正しい座り方、立ち方、歩き方を学んでもらっています。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk


合気道S.A.は、神技の使い手と絶賛された、養神館の塩田剛三館長の高弟である櫻井文夫代表が設立した合気道の流派です。

塩田剛三館長は達人です。

そして、その達人、塩田剛三館長に、生前、数名しか名乗ることを許さなかった本部師範の高位を印可された櫻井文夫代表も、言うまでもなく達人です。

塩田館長の御著者によると、若き日の塩田館長は、演武や型稽古の達人ではなく、実戦で合気道を使えた達人です。

たぶん、世間には演武と型稽古の達人の合気道家の方々は大勢いらっしゃると思いますが、塩田剛三館長のような方はあまりいらっしゃらないかもしれません。

合気道とは戦わない武道であると言ってしまったのですから。

試合すらしていない、相手の抵抗や反撃の経験のない合気道家の技が路上のリアルな護身に使える保証はありません。


その実戦合気道の達人から実力を認められた櫻井文夫代表は、機動隊や警視庁のSPなどのプロの為の指導を経験されています。

合気道を広く知って頂き、関心を持って頂くために演武は有効な広報宣伝の手法ですが、演武の上達が中心の稽古をするようになると本末転倒になってしまいます。


櫻井代表が、約束事のないリアルな世界で使える合気道を求め追求したのは、実戦合気道家、塩田剛三館長のDNAと思えば、至極、当然な流れです。

30年近い研究と研鑽により、塩田流合気道は、櫻井文夫という天才合気道家により、さらに、リアルな世界、つまり、実戦で使える、合気道S.A.という流派の合気道と進化しました。


私が櫻井代表を天才合気道家と呼ぶのは、ゴマスリでも忖度でもありません。

これほど深い術理のある達人の合気道を『誰にでも学べる合気道』に作り上げているからです。

養神館合気道をベースにしながら、全く異なる稽古方法、鍛錬方法を作り上げたことです。


私は櫻井代表から、師範を許された指導者です。

私のやるべきことは、誰にでも学べる合気道を広めること。

そして、生徒となられた方々に達人の合気道を指導することです。

弟子の方々には、後世に武術としての合気道が残るように合気道の極意を伝授しています。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk



武術家は長生きしないといけません。

なぜならば、武術の上達は年月がかかるからです。

元気で長生きしないと武術の奥義にはたどり着けません。


また、加齢による筋力や反射神経の衰えを補う術理とも出会えません。

武術家は老人になっても使える身体運用の鍛錬が出来る楽しみがあります。


合気道の師範ですから『死ぬ間際が、人生最強』でありたいわけです。

単純に筋力だけで考えれば老化は衰えですが、武術家の場合は老化も自己完成の為の関門です。


特に、広報宣伝の演武合気道に満足出来ない、武術合気道は非力の武術をうたっているのですから、老人が若者に負けない技と身体運用を身につける必要があります。


若いうちは、筋力とスピードの合気道、そして、老人になったら弟子に忖度させる合気道にはなりたくありません。

その為には、健康で稽古が出来ることが必須条件です。


色々な健康法を日常的に行っていますが、運動だけでは不十分です。

食べ物が大事です。

何をどのように食べるかが大切です。


健康食についていいますと、値段が安くて、作るのが簡単でなければなりません。

いくら健康に良くても、高価で手間暇のかかるものは続きません。


そこで、私は毎日『りんご入り酢タマネギ』を食べています。

老化を遅くするためには、抗酸化作用のあるものを食べないといけません。


私の愛食の『りんご入り酢タマネギ』レシピはまたの機会として、最近、助かっているのが

コード式野菜みじん切り器‼️

ブンブンチョッパー

とか

みじん切りチョッパー

とか

様々な名称で売られている調理器具です。


ご存知出ない方の為に簡単に説明しますと、透明なプラスチックのケースに小さく切った野菜を入れ、蓋を閉め、蓋についているコードをぐいぐいと何回か引きます。

コードにはバネが付いていて、一回毎に巻き戻ります。容器の中にはスクリューのようになったステンレスの刃があり、コードを引くことで急回転して、野菜をみじん切りにします。


これが気持ち良い程、野菜が綺麗にみじん切りになります。

私の場合は、りんごと玉ねぎがみじん切りになります。


玉ねぎを包丁でみじん切りにすると、目にしみて涙が止まらなくなります。

それがまるでありません。

短時間で簡単に綺麗なみじん切りの完成です。


勿論、コードを引く回数でみじん切りのサイズが変わりますから、ハンバーグや餃子などの普通の料理でも役立ちます。

これは便利です。

まだ、お持ちでない方には、おすすめです。

たぶん、価格も1,000円以下だと思います。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk


昔、下町の町工場の社長から聞いた話です。

その社長も職人で、自分の製品に誇りを持っていました。腕の良さから、メーカーの試作品作りもされていました。

その社長が戦後、アメリカ式の注文に戸惑ったというのです。

それは、航空機のタイヤの耐久性なのですが、アメリカからの注文の内容に驚いたというのです。

『たとえば、1万回の離着陸に耐える製品をと言われたら、1万1回目にパンクしても良い』

『しかし、9,999回目にパンクをしてはならない』

というのです。

確かに契約には、日時や数、条件、金額など数字を明記することが重要です。

しかし、社長はこういうのです。

『1万回の離着陸に耐えられるタイヤというならば、自分ならば、2万回とは言わないが、2万数千回は耐えられる製品を作る』

それは注文主の要望よりも高い品質になるが、それが「1万1回目」を「絶対にする為」の、職人のこだわりだと言うのです。

その時、こういう見えない所までプライドを持って元作りをする職人堅気の人達が日本の戦後を支え発達させたのだと確信しました。

さてさて、最近の日本のメーカーは売り上げの数字合わせの改ざんやら、虚偽の操作が目につきます。

勿論、あの社長のように頑固に職人魂を守るメーカーもあると思います。


そういえば、こんな事も言っていました。

戦後、色々な会社の技術指導をしていた。今では誰もが知っているような大手企業も。

会社を大きくするのはいいことだが、悪いことして大きくしては意味がない。


お客様を忘れて会社を大きくする事ばかりに心を使うと、悪い事しか思いつかないようです。


これは経済だけでなく、政治の世界でも同じでしょう。

何が大事かを忘れては、本末転倒になります。


私も合気道の職人ですから、組織の維持や拡大を目的にしていません。

ひたすら、武術としての合気道がなくならないように、誠心誠意、誠実な指導をしていくのみです。


それがリアル世界で使える合気道を伝授する師範のこだわりの誇りです。

それが合気道を作り残されて先人、達人の皆さんへの恩返しとも思うからです。


今回のブログは『下町ロケット』『空飛ぶタイヤ』(著:池井戸潤氏)とは無関係ですが、真摯に物作りをする人と下町の町工場には誇りを持った職人がいるという共通点はあると思います。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk



また、メーカーによるデーターの改ざんです。

今回、発覚したのは、免震・制振装置であるオイル・ダンパーのメーカー、KYBという会社が国の基準に届かない不良品を15年以上前から納品していたそうです。

日本各地の公共施設や病院、介護施設、観光施設の建物に使われている国内シェアNO.1の日本のトップ企業の改ざんです。  


世界ではシェアNO.2だそうです。

これから世界中から損害賠償の請求が来るのでしようか。


オイルダンパーは、オイルを使用して、地震の揺れのエネルギーを制御する装置です。

前回は東洋ゴムのいう会社が耐震のための防振ゴムのデータの改ざんが行われました。


ここのところ、自動車メーカーの燃費、排ガスのデーター改ざんなど、改ざんのラッシュです。

(官庁の公文書の改ざんもありましたね)

大学医学部の入試でも大学による不正がありましたし、スポーツの分野でも不正操作が行われていました。


善人のふりをして厚顔無恥な政治家が平気で嘘をつく事は、周知なので改めて言うまでありませんが、残念ながら、今の日本には、嘘が溢れています。


自分の作る品に頑固にこだわる日本の職人魂はどこに行ってしまったのでしょう。

魂を忘れて、利益ばかりを追求している結果でしょう。


オイルダンパーのデーター改ざんの理由が実に情けない。

出荷前の検査で基準値をクリアー出来ない製品は、データーを改ざんしてお客さんに納品していたのです。

欠陥品なのですが、5時間かけて分解して調整して組立れば直せるというではないですか。

5時間で日本中から、そして世界からの信用を失墜させてしまたのです。


メーカーとしてやるべき事は、欠陥品を誤魔化すためのデーターの改ざんではなく、欠陥品を少なくする努力と工夫です。


心配なのは日本中に嘘が蔓延していては、子供たちが見習う大人がいなくなってしまいます。

嘘つきの大人を見ていたら、それが正しいと思って子供達か嘘つき人間になってしまいます。


私は合気道の師範ですから、合気道と武術に関しては嘘は一切言いません。

嘘や誇大広告で、生徒さんを増やそうとは思いません。

そんな大人もいることを知ってもらう為に、頑固に嘘なしの稽古と指導を守るつもりです。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk


越谷市からの市民の皆さんへの警告メールです。

架空請求詐欺への対応のメールでした。

以下、原文のままです。

『民事訴訟管理センター』からの架空請求ハガキは無視! 電話をしないでください!!


昨日から、越谷市内で、『民事訴訟管理センター』と名乗る機関から「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」のハガキが非常に多く届いています。
 過去に利用した業者への未払いがあると思わせ、それに関して「裁判所に訴状が提出されました。取り下げ最終期日までに連絡がない場合は、給与や不動産などを差し押さえます。」と脅して不安にさせ、「取り下げ等のお問い合わせ窓口」に相談するよう誘導する手口です。
 このハガキは、裁判所が送ったものではありません。
 『民事訴訟管理センター』に連絡をしたところ、弁護士を名乗る者を紹介され、最終的にはコンビ二でプリペイドカードを購入し、お金を支払ってしまったとの被害も発生しています。
 このようなハガキが複数回に分けて、何度も届く方もいらっしゃいますが、ハガキが届いても、決して相手に連絡せず、支払わずに無視してください。
 不安を感じたり対処に困ったりした場合には、消費生活センターに相談してください。
 被害に遭わないよう、十分注意してください。

越谷市公式ホームページ
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/anzen_anshin/seikatsubouhan/sagi/kakuuseikyuu_hagaki.html

------------
※利用者情報の変更・解除はコチラ
https://citymail.city.koshigaya.saitama.jp/koshigaya/m/u/i/eb01887416a68cc680d250f813d8ffc3

お問い合わせ
越谷市立消費生活センター
048-965-8886


越谷市以外の皆様の元にも怪しい葉書が届くかもしれません。あわてないで落ち着いて冷静な行動をとられて下さい。


無視して、破り捨てるのが1番です。


すぐに破り捨てないと、知らない家族が心配して電車をして、劇場型詐欺に巻き込まれて、お金を騙されることになる可能性があります。


すぐに破り捨てるのがリアルな護身です。


しかし、心配な方は葉書に書かれている番号に電話をせずに、お住いの行政にご相談されて下さい。



◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk


合気道は『合気』を身につける為の武術です。

ここで皆さんに質問です。

「合気の反対語は何でしょうか?」


「非合気道」

とか

「合気しない」
  
とかではありません。


この答えでは小学生です。笑


高いの反対語は?

高くない。

熱いの反対語は?

熱くない。

否定はしていますが、反対語にはなっていませんね。


「合気」の反対語は『自分ファースト』です。


人間も国家も自分が大切なのは正しいことです。

自分の権利や自由を守るのは当然です。


しかし、何でもかんでも自分ファーストとなると、結果的に争いが生まれます。


自動車の運転を考えてみて下さい。

青信号だろうが、赤信号だろうが、自分が急いでいるのだからと信号無視をすれば、事故になります。

お互いの利益や権利を守る為に、人間は長い年月を掛けて法律という共通のルールを作り、お互いがそれを守る事により、相互利益が守られるようになりました。


一見、相手の事を考えると損をするように見えますが、知恵のある人間ならば、それば最終的には、自分の利益になることがわかるはずです。

『自分ファースト』が止めどなく進めば…

結果は、戦争です。


自分が大切ならば、相手も自分が大事。

しかし、自分の利益のみを強引に進めれば、争いしかありません。


「合気」は相手と自分の共存共栄を目的とします。

「合気」が世界に広まれば、回避出来る戦争も増えるのではない、

そう信じて、毎回の稽古指導に励んでいる合気道の師範です。

だから、合気の稽古にならない、非合気である「忖度演武」を認めないわけです。  

合気を頭で理解するだけでなく、身につけるために、リアル合気道は有効な練習です。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk


合気道には、講道館柔道のように一つの流派だけでなく、いくつもの流派あります。

流派というのは独自の技術を持つことが条件で、根本原理が同じであれば、単なる支流ということになります。

つまり、合気道◎◎会とか、合気道◎◎とか、合気道◎◎道場と名乗っても、根本が同じ術理であれば、多少の違いはあっても、その流派の支流です。

これは技術面での話で、その団体の代表の高い志での独立や破門、除名されての独立とは別の話です。

さて、その流派がいくつかある合気道ですが、すべてを技術面で比較をすると多方面に渡る説明となるため、かえつてわかりにくくなります。


そこで、私の稽古場所では各流派の「立ち方」の違いで各流派の技術の違いを説明します。


あくまでも、私個人の私見ですが、武道・武術では立ち方がとても重要です。

生死を分ける大きな要素が立ち方にあります。


1『合気会立ち』

ご存知のように合気道の開祖、植芝盛平翁の流れを組む流派です。

前足の爪先を正面に向け、後ろ足の爪先は斜め外側に向けます。


「撞木(しゅもく)立ち」と呼ばれる立ち方です。

撞木(しゅもく)とは、仏具で、鐘(かね)や磬(けい)を打ち鳴らすための丁字形の棒です。

撞木立ちは、槍術の構えです。



2.『養神館立ち』


養神館立ちは、植芝盛平翁の高弟であった塩田剛三氏が設立した合気道団体、養神館の立ち方です。


塩田剛三館長の演武は、それまでの合気会の演武をはるかに凌ぐスピードで世間の人気を集めました。


塩田剛三館長の動きの速さの秘密の1つが構えの変化です。


実は合気会の立ち方では、スピーディな移動が出来ません。


そこで、塩田剛三館長は、合気会立ち、つまり撞木立ちを45度回転させたのです。


体の中心線が正面を向くようにしたのです。


その結果、左右、前後に、スピーディに動けるようになり、あの演武の速度が生まれたのです。



3.『S.A.立ち』


合気道S.A.の設立者は、塩田剛三館長の高弟であった櫻井文夫です。


型稽古と演武のみの稽古では、路上のリアルな護身は出来ないと、使える合気道技を追求して合気道S.A.を設立しました。



そして、リアルな世界で使える合気道を求め、他流派にはない蹴り技の攻防が入りました。


現代の護身を考えると蹴り技への対応がないことは信じられないことです。



そして、蹴り技の攻防が入った為に、合気道S.A.の立ち方が変化しました。


養神館立ちから、重心が後方に移動したのです。



つまり、養神館立ちは、前方への移動速度を上げる事には成功したのですが、蹴り技には対応出来ない構えなのです。



長くなりましたので、最後に簡単にまとめましょう。


1.『合気道立ち』は古武術の槍術の構え。


2.『養神館立ち』は「合気会立ち」の速度の遅さを変える為の構え。


3.『S.A.立ち』は、養神館のスピーディさを残しながら、蹴り技の攻防が出来るリアル護身の構え。



一口に合気道と言っても、立ち方だけでも、これだけの変化があります。


さらに「構え」の変化がありますが、それば、またの機会に。


◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


『合気道S.A.越谷・春日部 HP』

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk







合気道は見ても、わからない武術です。

宣伝広報パフォーマンスの演武しか見た事がない人が、路上の護身で使えるリアル合気道を見ても、まず、わかりません。

演武とは武術の技を演じているから演武です。


演武はヒーローショーや時代劇の殺陣のように、オーバーアクションで派手に投げられたり、飛んだりします。
 
ヒーローショーは子供に夢を与える素晴らしいショーです。

時代劇の殺陣も正義の主人公の活躍を支える大切なのテクニックです。

しかし、武術では、見えない動きが重要です。


では、何故、稽古の見学があるのか?

それは、技を見てもらうのではなく、指導者とそこで稽古をする人達、稽古場の雰囲気を見てもらう為です。


私稽古場ならば、生徒の皆さんの笑顔や笑い声を見てもらうためです。

稽古場の雰囲気を知ってもらう為の見学です。


しかめっ面してやるのが、武道、武術ではありません。

むしろ合気道の場合は、鬼や能面みたいな顔では、合気が出来ないものなのです。


強張った表情は全身の筋肉も硬直しています。

ガチガチの頭と体と心で、合気は出来ません。

◆合気道S.A.越谷・春日部にご関心をお持ちになられた方は、是非、稽古の見学をされて下さい。


◆また、合気道は体験しないとわからない武術です。一日無料稽古体験も出来ます。



★見学・稽古体験をご希望の方は、下記のHPから、お申し込み下さい★


合気道S.A.越谷・春日部 HP

https://sites.google.com/view/aikido-sa-kk