貧乏メーカー奮闘記46 コスモアタック再販計画① | 愛喜 スタッフブログ

愛喜 スタッフブログ

ぱちんこメーカー愛喜のスタッフブログです。


テーマ:

こんにちは。
からあげです。



今年の大寒波、凄いですね。



関東は落ち着きましたが、日本海側は大変な事になっているようで、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。




約2週間前の事。


管理会社の方がやってきて、「水道の破裂に気を付けてください!」と。



「この辺りのあちこちで破裂していて大変なんです。実は私の家もなんですが・・・。帰る時には締め忘れ程度に水を出しておいてください。」



ほえ~、こんな事言いに来たの初めてだな~。



じゃあ言われた通りにやっておきますか。




 テーレーレーレーレーテッテー 


そして翌日・・・




逆ツララが出来てるwww


これ何てロシア?







さて今回は、なんと約1年振りに「奮闘記シリーズ」復活です。



開発中の話とか、リアルタイムでは書けないですからね~。








ある日の打ち合わせ・・・





社長「コスモアタックを再販するぞ。」




全員「ファッ!?」




営業「いやいや、元々200台程度しか売れていない機械を再販したところで・・・。」




社長「価格を下げて、再販する。」




営業A「まぁ、ボチボチ検定切れるし、認定の代わりって事であればタイミング的には良いですね。」




営業B「でも下げるって言っても、ちょっとやそっと下げたところでインパクトは無いですよね・・・。」




社長「12万円~13万円くらい?」




からあげ「ファッ!!?」ポーン




営業「どうせやるなら、税込みで10万切るくらいじゃないとインパクト無いですよ。」





社長「じゃあ9万円?」





からあげ「ファーッ!!!?」ポーンポーンポーン





からあげいやいやいやいや、いくらなんでも原価割れです。っていうか、仕入れ原価の時点で割っているのに、組み立ての人件費を考えたら大赤字です。しかも、その中から代理店さんの販売手数料も出すんですよね???」




社長「台数限定で。」




からあげ「いやいや、限定って言っても・・・少なくとも筐体は、次の機種を売る時にまた仕入れなきゃいけないんですよ?」




社長「その、次の機種とやらを開発する為の資金が無いんだわ。」




からあげ「ヒエッ」ゲロー




社長「とにかく、今残っている部品を少しでも現金化する。台数を限定して、次機種の分の筐体は残す。それならいい?」




営業A「って言っても、前回ダメだった機械を、ただ安くしたからって・・・なぁ・・・。」




営業B「部品は使い回すとしても、ゲージを多少改良できないの?」




からあげ「・・・まぁ、多少なら。」




営業「じゃあ、ホールさんに前回のコスモアタックの問題点をヒアリングしておくわ!」





そんな感じで、突如コスモアタック再販計画が始動したのであった・・・。



続く

愛喜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス