チョコレート=中毒食材 | 愛犬救命協会

愛犬救命協会

~愛犬たちの救える命を救いましょう~


テーマ:
Happy Valentine's Day!

街には沢山のおいしそうなチョコレートが溢れていて
見ているだけでワクワクします💖
しかし、わんちゃんにチョコレートはタブー💀
絶対に食べさせてはいけません!!!

チョコレートに使用されているカカオにはテオブロミンと言う成分が含まれています。
わんちゃんはこのテオブロミンに対しての感受性が高くないため
様々な中毒症状が出てしまいます。

体重1kgあたりテオブロミン約100mgが中毒用量と言われていて
カカオ分の多いダークチョコレートでは約20g~40gとなります。


症状が出るのは数時間後~半日後に表れることが多く
下記のような症状が現れるとされています。

・嘔吐
・下痢
・動悸
・興奮
・ふるえ
・昏睡
・けいれん
・多尿や尿失禁
・てんかん


画像は
愛犬に作ったバレンタインケーキです。
見ため&風味がチョコに似ていて
わんちゃんも食べられる
キャロブ(いなごマメ)で作りました。
キャロブは栄養もあってお勧めです♡



愛犬救命協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ